« ディズニーシーの穴場は夜のマーメイドラグーンゾーン | トップページ | ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパ »

2008年7月27日 (日)

GX200の新発売はGX100ユーザーにも朗報

リコーのGX100の後継機種、GX200が2008年7月4日、発売された。

GX100からの追加機能は電子水準器や撮影画像の縦横位置を判断して、裏の液晶画面で表示するなど。これらはGRD2で導入されているが、結構使える。

画素数は1001万から1200万に増えたが、ここまで必要なのか?という声もあるだろう。僕は正直、いらないと思う。

GX200は高級コンパクトデジカメ。普通のデジカメを買う感覚でいると、手が出ない。気になる価格だが、目下、安いのは楽天。amazonは高い。


【エントリーでポイント5倍 7/29am9:59迄】 RICOH 【8月中旬入荷予定】【1210万画素】デジタ...
メーカー希望小売価格 オープン価格
eBEST価格 52,096円 (税込 54,700 円) 送料込

新製品には惹かれるが、あえて旧機種に手を出すのもいい。というのは、価格が下がったからだ。ビューファインダーなしなら3万円台、ビューファンダーありでも、4万円ちょっと。僕が購入した1年前は6万ちょっとだった。2万円も下がっている。


[3年保険付 即納 限定特価] RICOH Caplio GX100【24mmからワイド3倍ズーム1001万画素】【即納】...
39,750 円


【連休特価】★☆高速SDカード2GBプレゼント!★☆ リコー Caplio GX100 VF KIT +高速SDカード...
価格 42,800円 (税込)

GX100の作例はこちら

新機種の発売は旧機種ユーザーをガッカリさせるのが常だが、GX200の登場はGX100ユーザーにも朗報と言える。

新アクセサリーはGX100のと互換がある。ワイドコンバージョンレンズ(19mm広角レンズ)に加え、望遠端で135mm相当になるテレコンバージョンレンズが新登場。撮影の幅がまたひとつ広がった。

一方、GX100の欠点だったレンズキャップもオプションアクセサリーで改良された。従来のキャップは取り外し式で「面倒だ」と評判が悪かったが、このオプションキャップをつけると、レンズの収納に応じて、開閉する。こちらもGX100にもつけられるそうなので、早速買い求めたい。

|

« ディズニーシーの穴場は夜のマーメイドラグーンゾーン | トップページ | ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパ »

GX100 GX200」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ほっほう!GX100と互換性を保ちながらの進化というのはオーナーには嬉しい進化ですね。
わたしゃ旧機種GX8ですが妙に愛着がわきました。
オプションキャップ、楽しみですね。

投稿: アンビンバンコ | 2008年7月28日 (月) 11時05分

>アンビンバンコさん

こんばんは。

>ほっほう!GX100と互換性を保ちながらの進
>化というのはオーナーには嬉しい進化です
>ね。

そうですね。新製品は旧製品と互換性がないケースが多いですからね。ユーザーとしては、「なんだよ」って思うこともしばしばですね。

旧機種も肯定されているようでうれしかったです。

>わたしゃ旧機種GX8ですが妙に愛着がわきま
>した。オプションキャップ、楽しみですね。

早速入手しました。後でレポします。

投稿: 久住コウ | 2008年7月29日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41986482

この記事へのトラックバック一覧です: GX200の新発売はGX100ユーザーにも朗報:

« ディズニーシーの穴場は夜のマーメイドラグーンゾーン | トップページ | ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパ »