« ピンホール・モノクロ | トップページ | 新聞を作ろう~検見川送信所を知る会会報 »

2008年7月16日 (水)

千葉公園の小滝

ピンホールカメラでいろいろ実験をしている。

露光を長めに撮ったら、どんな感じになるか。

千葉公園の日陰にある滝を撮ってみた。露光は5秒程度だっただろうか。水の流れが糸のように写っている。若干暗すぎたようで、粒子も見える。

ピンホールカメラ
千葉公園の小滝(ピンホールカメラ 5秒程度、AGFA VISTA400)

こちらは自宅の多肉植物。通常のカメラなら、マクロレンズでの撮影となる。しかし、レンズそのものがないピンホールは被写体におもいっきり近づけても大丈夫。ただし、ピントは甘い感じ。暗かったせいか、増感すると、粒が出ている。

ピンホールカメラ
多肉植物(ピンホールカメラ 5秒程度、AGFA VISTA400)

簡単にピンホールカメラを始めるなら…。

 


ホルガ120ピンホールカメラ HOLGA120PC ロモグラフィパッケージ

|

« ピンホール・モノクロ | トップページ | 新聞を作ろう~検見川送信所を知る会会報 »

ピンホールカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41851040

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉公園の小滝:

« ピンホール・モノクロ | トップページ | 新聞を作ろう~検見川送信所を知る会会報 »