« 千葉公園の小滝 | トップページ | 浜口首相の「ラヂオの時間」~日本初の国際放送(2) »

2008年7月16日 (水)

新聞を作ろう~検見川送信所を知る会会報

新聞は面白いですね。きちんとした価値観に基づいて、整理されている。ネットのうわさ話と違って、活字の力というものもある。しかし、新聞製作はもっと面白い。

「検見川送信所を知る会」では次回イベントに向け、さまざまな準備をしている。検見川送信所をめぐっては、さまざまな方法を用いて、保存、利活用を訴えてきた。最初はブログ、メールマガジン、小説、ムービー、写真。新たなアイテムとして「検見川送信所を知る会」会報を作ってみました。

これまでも紙による会報を発行し、地元やイベント会場でお配りしたのですが、これまではワードで製作。しかし、無用な空白部分が出て、情報が詰め込めないというジレンマがありました。

そんな時、思いついたのが新聞スタイル。フリーのDTPソフト
を試してみたのですが、これが本格的。出版、新聞界に精通された技術者が開発されたようで、見出しの文字の大きさは専門用語である「倍数」。段組なども実際の新聞製作に近い。

しかも、その作業は直感的に行えるので、少し慣れれば、「らしい」新聞を製作することができる。もちろん、不満はないことはないが、フリーと思えば、しかたがない。会報などを作らなければいけない方に、ニーズがあるのではないかなぁ。

できあがったのは以下のようなものだ。A4サイズに裏表にモノクロで印刷し、地元町内会の方々などに読んでいただくつもりでいる。ワードで作るよりも情報量は2倍程度増える上、情報を整理して訴えることができる。

内容に関しては「検見川送信所を知る会」ホームページで(近日公開)。

musenhozon.jpg
検見川送信所を文化遺産に!
ご賛同してくださる方は以下のソースを貼り付けてください。
<a href="http://kemigawaradio.web.fc2.com/" target="_blank"><img src="http://moleskine.air-nifty.com/photos/sozai/banner.jpg" width="170" height="60" alt="musenhozon.jpg" border="0"></a>

こんな商品もあります。

|

« 千葉公園の小滝 | トップページ | 浜口首相の「ラヂオの時間」~日本初の国際放送(2) »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/41879307

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞を作ろう~検見川送信所を知る会会報:

« 千葉公園の小滝 | トップページ | 浜口首相の「ラヂオの時間」~日本初の国際放送(2) »