« 長崎原爆の日、爆心地を歩く | トップページ | 福山雅治が火をつけた?軍艦島熱~軍艦島クルーズ(2) »

2008年8月11日 (月)

祖父の島、高島・軍艦島~軍艦島クルーズ(1)

8月6日~9日まで九州を旅した。大分に入って、別府に移動。さらに長崎に2日間、滞在した。長崎に訪れたら、絶対に訪れようと思っていた場所がある。長崎港から船で約20分の沖合にある俗称・軍艦島だ。正式名称は「端島(はしま)」というが、シルエットが軍艦「土佐」に似ていることから、俗称の方が有名になっている。

僕の祖父は長崎で生まれ育った。祖父は元々、無口な人で、生前、長崎のことは語らなかったし、長崎に行ったという話も聞いたことはなかった。祖父は僕が大学の時に亡くなり、葬式は仏式で行われた。しかし、家にはローマ教皇のヨハネ・パウロ二世の写真が飾られていた。クリスチャンだった。

両親は父が定年を迎えた8年ほど前、祖父の足取りを追って、長崎を旅した。「ルーツ」を探る旅といえば、かっこいいが、観光もしっかりしたらしいけど。その旅のよもやま話で出てきた「軍艦島」という奇妙な地名だけが頭に残っていた。

僕も数年前、仕事で長崎を訪れる機会があった。軍艦島は大正から昭和にかけて、炭坑で栄えた人工の島で、とうの昔に閉鎖され、現在は無人ということだった。「高島」という島から軍艦島を見ることができると聞き、定期船に乗った。

高島も同じく炭坑で一時代は築いた小さな島。島を歩いていたら、初老の男性が声をかけてくれた。旅行者だと分かると、「30分もあれば、1周できるから」と車で案内してくれた。高島は長崎市に合併されるまで日本で一番小さな町だった。その中に神社もあれば、キリスト教会もある。学校もいくつもあった。「昔は何でもあったんだ」と男性は話した。

巨大な風車を眺めて、その先の小高い丘の上にある展望台から軍艦島を眺めた。確かに軍艦のようなシルエットで、もっと近くで見たいと強く思った。

しかし、この話には後日談がある。

千葉に戻って、しばらく経ってから、母親に「軍艦島を見てきたよ。おじいちゃんの島なんだろ」と告げた。
母は「違うわよ。住んでいたのは隣の高島っていう島よ」と言われた。なんてことはない、まさに、その島にいたわけだ。

軍艦島は依然、廃墟状態。一般人の上陸はできない。ただ、「軍艦島クルーズ」という周囲をめぐる観光船が出ている。今回、これに乗った。伊王島、高島を越え、軍艦島のシルエットが見える。その姿は今にも動き出しそうだった。


軍艦島。左手に見えるのは高島(GRD2)

グーグルマップで見る上空からの軍艦島

大きな地図で見る

(続く)

軍艦島に関する本やDVDはこちら

|

« 長崎原爆の日、爆心地を歩く | トップページ | 福山雅治が火をつけた?軍艦島熱~軍艦島クルーズ(2) »

GR DIGITAL2」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

久住さん家は、長崎にご縁があったんですね。
僕は長崎はおろか九州とは縁遠いのですが、端島のことは昔から知っています。
確か、日本で初めて鉄筋コンクリート造りの建物が建てられたとか。
記録フィルムを見たことがありますが、とてつもない人口密度だったようですね。

投稿: まさやん | 2008年8月11日 (月) 15時25分

本当ならこの夏は、九州の大分に行く予定でした。
残念ながら、行けなくなってしまいましたが
久住さんの写真を見て、
来年は行けると良いなぁ~と、益々思いました。

軍艦島のシルエットは、角度にもよりますが、
ホントに軍艦に見えてビックリです。
(と言っても写真でしか見たことないんですけどねA^-^;)

投稿: 裏猫 あ~ | 2008年8月11日 (月) 16時46分

>裏猫あ~さん

>本当ならこの夏は、九州の大分に行く予定
>でした。
>残念ながら、行けなくなってしまいました
>が久住さんの写真を見て、来年は行けると
>良いなぁ~と、益々思いました。

それは本当に残念ですね。
しばらく、九州での旅の話が続きます。行く先選びの参考になれば、幸いです。

>軍艦島のシルエットは、角度にもよります
>が、ホントに軍艦に見えてビックリです。
>(と言っても写真でしか見たことないんです
>けどねA^-^;)

実際に見ても、軍艦に見えました。この写真よりも軍艦らしいショットはあるので、それは次の機会に。

投稿: 久住コウ | 2008年8月11日 (月) 22時15分

>まさやんさん

>久住さん家は、長崎にご縁があったんですね。

ご存じの通り、本名は少し変わった名前でして、珍名の範囲に入るようです。この名前を調べていくと、長崎に多いとあります。おそらく、どこかで血がつながっているのだと思われます。ちなみに東京都の電話帳に載っているのはすべて親戚です。

>僕は長崎はおろか九州とは縁遠いのですが、
>端島のことは昔から知っています。
>確か、日本で初めて鉄筋コンクリート造りの
>建物が建てられたとか。
>記録フィルムを見たことがありますが、とて
>つもない人口密度だったようですね。

端島は有名ですよね。検見川送信所に興味を持ったのも、端島との出会いがきっかけのひとつでもあります。

過去記事ではこんな形で軍艦島を取り上げたことがありました。
http://moleskine.air-nifty.com/blog/2006/02/post_d1e4.html

投稿: 久住コウ | 2008年8月11日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42132421

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父の島、高島・軍艦島~軍艦島クルーズ(1):

« 長崎原爆の日、爆心地を歩く | トップページ | 福山雅治が火をつけた?軍艦島熱~軍艦島クルーズ(2) »