« 旧別府電報電話局から別府市南部児童館へ~歴史的建築で遊ぶこどもたち | トップページ | googleストリートビューで見る検見川送信所 »

2008年8月15日 (金)

「東京中央郵便局を重要文化財にする会」のビデオ

検見川送信所の設計者、吉田鉄郎氏による東京中央郵便局(1931年)。東京駅前にある吉田の代表作も、郵政民営化の影響を受け、建て替え計画が進んでいる。

こうした動きに対し、08年3月、「東京中央郵便局を重要文化財にする会」が発足。東京中央郵便局はモダニズム建築の記念碑的な作品であり、国指定重要文化財として次世代に残そうと保存運動を展開している。

7月31日には同会のメンバーがビラ配りなどを行い、その重要性をアピール。その様子を収めた映像がYouTubeにアップされた。

ビラ配りは今後、以下の日程で東京中央郵便局前で行われるそうです。

8月19日(火) 午後4時~6時
  22日(金) 午後4時~6時
  25日(月) 午後4時~6時

|

« 旧別府電報電話局から別府市南部児童館へ~歴史的建築で遊ぶこどもたち | トップページ | googleストリートビューで見る検見川送信所 »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42169986

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京中央郵便局を重要文化財にする会」のビデオ:

« 旧別府電報電話局から別府市南部児童館へ~歴史的建築で遊ぶこどもたち | トップページ | googleストリートビューで見る検見川送信所 »