« USBメモリーを使う | トップページ | 千葉市が検見川送信所の保存に関する具体案を初めて提示 »

2008年9月11日 (木)

リサイクルトナー税込4,870円

我が家には二台のデスクトップパソコンが稼働していて、プリンターは二台ある。一階はキヤノン製のインクジェット、二階の書斎はブラザー製モノクロレーザープリンターだ。

キヤノンはカラーは4色、黒系は2色、それぞれ独立していて、消耗の頻度に合わせて、交換できるようになっている。これはなかなか合理的だ。

しかし、正規品の消耗品は高いという印象。リサイクルの方が2割近く安い。品質を比べても、見劣りは感じられない。

今回はブラザーのトナーを購入した。正規品は11,330円 (税込) 送料込。ところが、リサイクルで探すと、半額以下で購入できる。これまで2本のトナーを購入してきたが、さらに値段が下がった。2本のセット価格ということだが、送料込みで5000円を切っている。宅配便での発送だから、最低でも600円以上はコストがかかっているだろう。原材料費高騰の折、業者にはいくらの利さやがあるのかと心配してしまうほどだ。


TN-37J リサイクルトナーカートリッジ 2本セット*【在庫有、1年保証、回収&送料無料】
1本あたり価格 4,640円 (税込4,872円) 送料込

正規品が高いのは、トナーのカセットが高いからである。このカセットはかなり立派な作りで、プリンターの中でも根幹をなす中身、重量ともに大きな部品である。

トナーを注入すれば、リサイクル可能のものだが、なくなれば、廃棄物になってしまう。リサイクル業者はなんらかの方法で、これらを回収し、リサイクル品として販売する。

大手メーカーとしてはリサイクル品の品質管理、保証まではできないのだろう。ということで、中小企業がその隙間を縫って、リサイクルを手掛ける。

こんな話は以前も書いていて、大手はリサイクル品を販売すべきではないか、と持論を展開したのだが、この仕組みでもいいのかとも思えてきた。

大手が本気でリサイクルに取り組んだら、中小企業は太刀打ちできない。あるいは取り組んだとしても、実際に行うのは下請け企業か、100%子会社ということになるのかもしれない。どう考えてもコストははねあがる。これでは消費者としてはありがたくないもんなぁ。

|

« USBメモリーを使う | トップページ | 千葉市が検見川送信所の保存に関する具体案を初めて提示 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42446816

この記事へのトラックバック一覧です: リサイクルトナー税込4,870円:

« USBメモリーを使う | トップページ | 千葉市が検見川送信所の保存に関する具体案を初めて提示 »