« 検見川送信所、保存要望書の準備 | トップページ | 検見川送信所の保存要望書を千葉市に提出 »

2008年9月 4日 (木)

プレゼンツールとしてのiPod

iPodがプレゼンツールになるのはご存知だろうか?

以前、建築史家の倉方俊輔さん検見川送信所を知る会主催のイベントで講演された時、iPodnanoを持参された。そして、iPodから建物の写真を画面に出力されたのである。若き学者はこういったやり方をされるのかと驚いた。

このやり方なら、スライドは元より、ノートパソコンも不要。AV機器を備えているところならば、手のひらサイズのiPodだけで全てのことが行える。しかも、非常にスマートな感じを与えるし、インパクトも十分。

パワーポイントで作った資料もjpgで保存すれば、写真として写し出すことができる。iPodは学者のみならず、ビジネスマンの武器にもなる。

東京産業考古学会主催 見学会・研究会『千葉県の産業遺産を考える』が10月25日(土)、市川市の千葉県立現代産業科学館で行われる。

ここに僕も参加することになった。恐らく、「検見川送信所を知る会」の取り組みを簡単ながら、お話させていただくことになるのだと思う。正直、人前で話すのは緊張もするし、得意ではない。そこでいくつかの写真を見せながら、お話をさせていただこうかと思っている。送信所のビデオもあるので、それを見ていただくのも、一つの手だ。ビデオなら、話す必要さえないでしょ(笑)。


iPod classicで出力した画面

|

« 検見川送信所、保存要望書の準備 | トップページ | 検見川送信所の保存要望書を千葉市に提出 »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

僕も、倉方氏がiPod nanoを使ってスライド映写している場面に遭遇し、感嘆したものです。
プロジェクタを使ってプレゼンする、となると比較的大がかりなシチュエーションをイメージするので、あのときは確かに、とてもスマートな印象を持ちましたね。

10月の久住さんの講演、楽しみです。

投稿: まさやん | 2008年9月 5日 (金) 11時52分

>まさやんさん

倉方さんの講演は素晴らしかったですね。
倉方さんには遠く及びませんが、精一杯お話しするつもりです。

投稿: 久住コウ | 2008年9月 5日 (金) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42381584

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンツールとしてのiPod:

« 検見川送信所、保存要望書の準備 | トップページ | 検見川送信所の保存要望書を千葉市に提出 »