« 書記長はつらいよ | トップページ | 映画「20世紀少年」★★★ »

2008年9月27日 (土)

千葉市「検見川送信所は国登録文化財で」

またしても、久々の更新になってしまった。

千葉市議会の一般質問が26日から始まり、検見川送信所の保存問題が議題になった。

僕は仕事の関係で傍聴することができなかったが、知る会のメンバーも傍聴し、千葉日報にも、「国の登録文化財が妥当 検見川送信所の問題」という見出しで報じられた。

昨年8月に「検見川送信所を知る会」を発足してから1年ちょっと。多くの方がイベントに参加し、各メディアが大きく取り上げてくださったおかげで、検見川送信所は「保存問題」として市議会でも認識された。


2008年9月27日付けの千葉日報

質問者は8月30日の「知る会」のイベントにも参加してくださった民主党の三瓶輝枝市議。

答弁では教育次長が立ち、以下のような内容だった。

①地元自治会等の要望を受けて、関係部局と連絡調整して保存に向けて総合的、かつ慎重に検討していく。
(※「等」というのが、「知る会」のことだ。市もつれないですねぇ)

②千葉市指定文化財よりも、国登録文化財の方が、利用活用の自由度が大きいと判断している。

③文化財保護審議会では、8月下旬に委員が現地を視察した。詳細な調査はまだしていない。

時間がなく、これまで書けなかったが、この一般質問に先立つ代表質問(18日)でも、検見川送信所は話題になっている。

経済教育委員会のメンバーで、市民ネットワーク所属の小西由希子市議が歴史的価値や保存、活用に向けた課題を質問した。(参考:2008年9月12日 (金) 千葉市が検見川送信所の保存に関する具体案を初めて提示

以下は翌19日の千葉日報の記事からの引用。

 飯森幸弘教育長は、国内初となる短波無線の国際放送やオリンピックの中継放送が行われていたことに触れ「歴史的資料として価値がある」とし、保存と活用に関しては「詳細調査や市文化財保護審議会での検討、関係部局との協議・調整が必要」と答えた。

 同送信所については、専門家から市文化財指定を求める陳情が提出され、今月十二日の常任委員会において、全員一致で継続審査すべきとなった。

個人的には、これを受けて、「知る会」の活動も一つ上のステージに入ったと認識している。保存への道筋は概ね出来た。後は11月に予定されている文化財保護審議会での答申がどのようなものになるかが大きなポイントになっていく。審議会の議事録を拝見すると、メンバーの方々も保存に向け、かなり前向きな考えを見せてくださっており、大きな希望は見えてきた。

しかし、まだ入り口の議論だ。

千葉市側は国登録文化財での保存という方向性をはっきりと示したわけだが、市指定文化財という選択肢はないのか? 同じく利活用、大幅な改造がなされた「さや堂ホール」(旧川崎銀行)は千葉市指定文化財だ。

これとの違いは何だろうか? 登録文化財なら、設計監理費が国から半分補助になるから、という発想ならば、将来の文化財行政に不安を覚える。

日本建築家協会があえて、「千葉市指定文化財に」と要望したのは、千葉市でしっかりと保存、利活用して欲しい、ということだと理解している。

また、千葉市指定文化財では利活用が難しいというならば、千葉市文化財保護条例そのものに大きな欠陥があるのではないか?

文化財審議会の方々には、それについても、しっかり議論していただきたいと思っています。

musenhozon.jpg
東京産業考古学会主催 見学会・研究会
『千葉県の産業遺産を考える』-2008年10月25日開催
・見学会:検見川送信所跡(千葉市花見川区)
・研究会:千葉県立現代産業科学館(千葉県市川市)

僕もスピーカーとして参加します。詳しくはこちら

|

« 書記長はつらいよ | トップページ | 映画「20世紀少年」★★★ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42608867

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市「検見川送信所は国登録文化財で」:

« 書記長はつらいよ | トップページ | 映画「20世紀少年」★★★ »