« 「『家をつくる』ということ」(藤原智美)★★★ | トップページ | 「建築ジャーナル」に記事執筆 »

2008年10月 4日 (土)

アシナガバチの駆除

久々の休日。庭で布団を干していた配偶者の叫び声が聞こえる。

「ハチ! 怖くて、布団が干せない!」

ブドウ棚の下、我が家と隣家のフェンスのところに、ハチが巣を作り始めたのは初夏。どうやらアシナガバチという種類らしい。


2008年8月21日撮影

ハチは春から夏にかけて、巣作りが盛んになる。まあ、不用意に近寄らなければ、ハチは刺すことはない。盛夏は活動が盛んなので、もう少し涼しくなってから除去しましょうと、隣人とは話していたのだが、そろそろ駆除しなければと思っていた。

最近、アシナガバチがブドウの周囲を飛んでいる姿を見るようになった。目当てはブドウの実である。今年は待望の実をつけながら、あまり収穫をしなかったのだけども、ハチにとっては格好の食事なんだろう。

夕方、だいぶ涼しくなったので、思い切って駆除に動くことにした。あらかじめ、駆除剤は買ってある。キンチョールのアブ、ハチ用。ハチは夕方、巣に戻るので、一網打尽できるのだ。

アシナガバチなら、防護服などは着なくても大丈夫だろう。もちろん、用心に越したことはない。黒い服は避け、白っぽい服装で臨む。キンチョールのジェットスプレーは10m噴射というのが売り。30秒噴射しつづけると、全部使い切るという。

恐る恐る巣に噴射してみると、山本昌並の抜群のコントロールに、クルーン並のスピードで巣に噴射される。あっという間に巣に噴射され、ハチが巣から落ちていく。これはすごい!!

しばらく経ってから、巣の動きが止まったところ、覗いてみると、ハチは全て落ちたか逃げ出した様子。

トングでつかんで、取り出したのがこれ。

しかし、よくできていますね、この六角形。途中段階ではいびつだったりするわけですが、最終的にはきちんと均一な大きさになっている。この正確さはどこで身につけたのでしょう。

この正六角形を並べたものを「ハニカム構造」というそうですが、工業界ではいろんなものに応用されている。

僕の友人はこの六角形に目をつけて、金属を六角形にエンボス加工することで、薄さを実現するという発明をされました。「コロンブスの卵」的な柔軟な発想で生まれたものだそうですが、ハチは遙か以前から同じ原理で強度の高い住宅を作っている。その友人も「ハチはすごい」と感嘆していましたが、同感。駆除しちゃったけど、ゴメンね。

 

|

« 「『家をつくる』ということ」(藤原智美)★★★ | トップページ | 「建築ジャーナル」に記事執筆 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ハチはすごい!と本当に思います♪

彼らの巣づくりは、必要最小限の材料(表面積)で作れる他、構造的にも非常に強い!力学的に理想的なカタチであることが神秘的です。誰に教わったわけでもないのに。

夏休みが終わってからしばらく間を置いて山小屋に行ったとき、玄関の頭の上で、同じくアシナガバチの巣を駆除しました。普通の殺虫剤さったのでダッシュしましたが、この殺虫剤は常備しておいた方がよさそうですね。

ちなみに特許はまだ取得できておりません。出願後3年以内に権利化申請して認められ、始めて特許を取ったことになりますが、未だ出願後1年半を過ぎて公開されたに過ぎません。どうして権利化申請しないのか?というと、認められた特許にはランニングコストがかかるからです。事業化の目処が立ってからでないと損なんです(笑)

投稿: しぇるぽ | 2008年10月 5日 (日) 07時52分

>しぇるぽさん

>ハチはすごい!と本当に思います♪

やっぱり、そうですよね。

>彼らの巣づくりは、必要最小限の材料(表
>面積)で作れる他、構造的にも非常に強い!
>力学的に理想的なカタチであることが神秘的
>です。誰に教わったわけでもないのに。

正六角形の優秀さは自然界では、既に知られているものだったのかもしれませんね、虫たちの目も正六角形だったり、雪の結晶もそうでしたっけ?
しかし、調べてみると奥が深そうですね。

>夏休みが終わってからしばらく間を置いて山
>小屋に行ったとき、玄関の頭の上で、同じく
>アシナガバチの巣を駆除しました。普通の殺
>虫剤さったのでダッシュしましたが、この殺
>虫剤は常備しておいた方がよさそうですね。

アシナガバチはあまり刺さないようですが、飛んでいると怖いですね。結構、でかいですから。ちなみに、僕が使ったタイプはスズメバチには効かないようです。

本日朝もブドウの辺りを周回していたので、殺虫剤でしとめました。この薬って、人体にも良くないでしょうね。ブドウはそろそろ枝を切ります。

>ちなみに特許はまだ取得できておりません。
>出願後3年以内に権利化申請して認められ、
>始めて特許を取ったことになりますが、未だ
>出願後1年半を過ぎて公開されたに過ぎませ
>ん。どうして権利化申請しないのか?という
>と、認められた特許にはランニングコストが
>かかるからです。事業化の目処が立ってから
>でないと損なんです(笑)

なるほど。ランニングコストって高いんですか?
記事は修正しておきます。

投稿: 久住コウ | 2008年10月 5日 (日) 13時10分

こんばんは。
こりゃまたおっかない写真ですねぇ。
まさかズームですよね。
ガーデニングには蜂はつきもので大事な役者ではありますが刺されてはたまりませんからねぇ。
この記事をスーパーの駐車場でケータイで拝見したあと、ワゴンRのフロントグリルを見たら六角形でした。笑

投稿: アンビンバンコ | 2008年10月 5日 (日) 18時15分

>アンビンバンコさん

>こんばんは。
>こりゃまたおっかない写真ですねぇ。
>まさかズームですよね。

いや、接写ですよ。ズームなしのGRデジタル2を使っていますので。そーといけば、大丈夫ですよ。

>ガーデニングには蜂はつきもので大事な役者で
>はありますが刺されてはたまりませんから
>ねぇ。

そうですね。役に立ってはおりますね。

>この記事をスーパーの駐車場でケータイで拝
>見したあと、ワゴンRのフロントグリルを見
>たら六角形でした。笑

いろんなところでヘキサゴンは使われていますよね。

投稿: 久住コウ | 2008年10月 5日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42682451

この記事へのトラックバック一覧です: アシナガバチの駆除:

« 「『家をつくる』ということ」(藤原智美)★★★ | トップページ | 「建築ジャーナル」に記事執筆 »