« 「検見川送信所を知る会」見学会でうれしかったこと | トップページ | 「20世紀少年」完読★★★★1/2(ネタバレなし) »

2008年10月30日 (木)

検見川無線跡地土地区画整理事業調査概要報告書

「検見川無線跡地土地区画整理事業調査概要報告書」なるものがあることを知り、千葉市中央図書館で読んでみた。

 検見川送信所は1979年に廃局した。千葉市とNTTは91年、土地を等価交換し、送信所跡地は千葉市所有地となるが、その計画自体は早い段階から始まっていたようだ。

 送信所跡の周辺は駅近の好地でありながら、一部地域に住居が密集し、道路が狭い上、下水道が完備されていないなど、大きな問題を抱えていた。

 千葉市では64年(昭和39年)から「区画整理事業」 をスタートさせ、宅地化を進めている。廃局後の80年6月26日~9月30日までに計3回、現地調査を実施。その結果は81年3月に「検見川無線跡地土地区画整理事業調査概要報告書」(千葉市中央図書館収蔵)としてまとめられた。
 同調査書には以下のような一文が載っている。
 「地区に不足している公益施設を積極的に整備し、稲毛検見川地域の一時避難地としての機能を確保し、近隣公園、教育関連施設、低層集合住宅地を集約的に配置する」

 整理事業は86年(昭和61年)1月23日にスタートし、当初の期間を超え、現在は平成33年3月31日を完了期日としているが、現在も計画の半分を越えたに過ぎない。

 宅地化はある程度、進みつつあるが、近隣公園も教育施設も未だ完成を見ていない。それどころか、かねてからの少子化、計画の遅れが重なり、当初の予定にあった小学校も中学校も必要ないと判断されるに至った。

 専門家は「都市計画は一般に計画通りにはいかない」という。しかし、周辺市民は市が発表する計画を信じて、生活設計を立てている。確かに、事情は変わっていく。マイナーチェンジもあるべきだろうとは思うが、計画が計画通りでなかったら、何を信じたらいいのだろうか? 

 当時はNTT所有地であった送信所跡地については北面を教育施設、南面を公園とするビジョンを提示している。

 「調査地区に不足する近隣公園を生み出せる唯一の地区であろう」(P16)、「人口増も予想されることから、周辺からの利用も可能な防災、環境保全、レクリエーションなどの核となる公園などの整備が必要となっている」(P36)

 確かに周辺地域を見ても、跡地は唯一、開けた場所だ。中学校が不要となった今、局舎を核とした大規模な公園とできないものか。既に局舎は保存の方向で検討が進められているが、局舎だけを残すのではもったいない。

公園ならば、予算がなくても時間をかけて、少しずつ全体を整備していくことも可能なはずで、地域への還元もできる。大地震が起こった場合の避難地としても確保できる。

送信所開局時にあったテニスコートを復元するのも一案であろうし、近くには花見川サイクリングコースもあるのだから、サイクリング施設などもよいかもしれない。周囲が芋畑だった歴史を見れば、市民農園というのも意味がある。

 局舎の用途についてはさまざまな議論が必要かと思うが、まずは耐震性を調べ、その後に損朽を止めるための処置を施せばよいのではないか。どんな用途があるにせよ、雨漏りやコンクリートの爆裂などは修復しなければいけない。

送信所跡地はまだ「約束の地」ではない。しかし、そのポテンシャルは無限だ。

musenhozon.jpg

下はYouTubeで公開中の検見川送信所関連のショートムービー。「幽霊屋敷編」としたのが受けたのか、いくつかある映像の中でアクセス数はトップ。

|

« 「検見川送信所を知る会」見学会でうれしかったこと | トップページ | 「20世紀少年」完読★★★★1/2(ネタバレなし) »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

送信所を中心とした公園整備ってのは妙案ですね♪

しかし、都市計画ってのは本当に難しいですね。時間がかかるのが必然なのに、時間が経つと計画の前提条件もみるみる変化してしまう・・・

うちの町内の区画整理も、そんな感じで暗礁に乗り上げた切りです。

計画がフラフラするのも困りますが、かといって変化を無視して貫かれても困りますしね。一番大切なのは早く実行できる計画にすることでしょうかね?(笑)

投稿: しぇるぽ | 2008年10月31日 (金) 12時37分

>送信所を中心とした公園整備ってのは妙案
>ですね♪

1979年の閉局時にも、送信所の労働組合は地域に還元した施設にすべきだ、と訴えています。

市に訴えると同時に、市民の側でも美化活動を行う必要もあるかと思います。大きなビジョンを立てて、段階的に行う。これが良策ではないかと考えています。

>しかし、都市計画ってのは本当に難しいで
>すね。時間がかかるのが必然なのに、時間が
>経つと計画の前提条件もみるみる変化してし
>まう・・・

検見川の整理事業に関して言うと、マスタープランが甘かった面は否めません。住宅建設とその他施設の配置は非常にタイミングが難しいとは思いますが、どちらが先行してもうまくいかないでしょう。施設があるから、そこに人が住むのであろうし、人が増えたから、新規施設を建てるということも言えますからね。

>うちの町内の区画整理も、そんな感じで暗礁
>に乗り上げた切りです。

暗礁に乗った計画というのは全国でも数限りないでしょうね。

>計画がフラフラするのも困りますが、かとい
>って変化を無視して貫かれても困りますし
>ね。一番大切なのは早く実行できる計画にす
>ることでしょうかね?(笑)

実行力のない計画は絵に描いたモチに過ぎませんもんね。

投稿: 久住コウ | 2008年10月31日 (金) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/42956331

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川無線跡地土地区画整理事業調査概要報告書:

« 「検見川送信所を知る会」見学会でうれしかったこと | トップページ | 「20世紀少年」完読★★★★1/2(ネタバレなし) »