« 写りの悪いカメラが人気?!トイデジカメ VQ1015 ENTRY | トップページ | 小樽近代建築めぐり(GX100) »

2008年12月16日 (火)

札幌時計台、がっかりの理由

13、14、15日と札幌出張だった。札幌は1年10か月ぶり。前回は雪まつり開催中だった。夜の懇親会の前に少しだけ時間があり、軽く散歩。


旧札幌農学校演武場

札幌市時計台は正式名称、旧札幌農学校演武場。通称、札幌時計台。今年で創建130年を迎えた。北海道のガイドブックでも表紙を飾る有名建物で、1970年に国の重要文化財にも指定されている。

その名誉の一方、高知のはりまや橋、沖縄の守礼門とともに「日本がっかり三大名所」(※1)にも数えられている。大きくて、立派な物を期待していくと、時計部分が大きく、バランスが悪い。しかも、高層ビルの谷間に埋まっていて、景観も悪く、より小さく感じる。ショボいということになってしまう。

時計部分のバランスの悪さには逸話がある。もともと、1878(明治11)年10月16日の竣工時には時計はなく、時を告げる鐘楼があった。


札幌市時計台HPより

竣工当時の姿を見ると、確かに全体的なバランスがよい。ところが、開業式に出席した開拓長官、黒田清隆が「時計があった方がいいだろう」と言いだし、設計者で札幌農学校の教頭だったウィリアム・ホイラーが11月25日、「3面の文字盤を持ち、鐘の鳴る装置を備えた機械」をアメリカ合衆国ニューヨーク市のハワード時計会社に注文した。

翌年8月に届けられた時計は想像以上に大きかった。とても、鐘楼には収まりきれないし、強度も足りない。莫大な金もかかる。すったもんだの挙げ句、1881年5月に設置することが決まり、大幅な改装工事をした、ということだ。バランスは悪くて、当たり前なのだ。

設計者ホイラー自身は不本意だったのではないか。ただ、ここが鐘楼台なら、ここまで有名にならなかっただろう。札幌市民がこの時計を見て、生活のリズムを確かめていたから、ここまで親しまれた。建物としてのアンバランスさなど、実はどうでもいい。

景観についても、時計台自体にはなんの罪はない。周囲が開発されていったのだ。とはいえ、建物を守るということは、建物単体を守っても仕方ない、という例ではないか。きちんと町づくりを考えていれば、時計台も際だった存在になったはずだ。

この建物のベストショットはやはり時計を中心に撮ること。周りを入れると、NG。庭には、きちんと時計盤が写るよう、撮影スポットが設けられている。

続いて北海道庁旧本庁舎(国重要文化財)。時計台よりも、こちらの方がインパクトがある。なんと言っても、デカイ。重厚な煉瓦造り(アメリカ風 ネオバロック様式)は威厳を持っている。こちらもライトアップされている。やっぱり、名建築にライトアップは必要なのだ。今度、機会があったら、中に入ってみたい。


北海道庁旧本庁舎

今回のカメラはGX100(最新機種はGX200)。レンズが明るいので、夜間撮影も得意だ。ストラップをピンと張ったり、2秒のセルフタイマーを活用すると、三脚いらず。写真は地面置きして、セルフタイマーで撮ったもの。

GX100は最近、出動率が高い。GX200の発売時に新たに登場したレンズカバーをつけてから、機動力が増した。いちいちレンズキャップを外さなくて済むから、便利なのだ。


【送料無料!】《新品》RICOH(リコー) GX200 ボディ【WEB限定特価】
Map価格 41,715円 (税込 43,800 円) 送料込


【送料無料!】《新品》RICOH(リコー) GR DIGITAL II【WEB限定特価】
Map価格 40,762円 (税込 42,800 円) 送料込

(※1)最近は長崎・オランダ坂という説もある。

|

« 写りの悪いカメラが人気?!トイデジカメ VQ1015 ENTRY | トップページ | 小樽近代建築めぐり(GX100) »

GX100 GX200」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

近代遺産」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
>日本がっかり三大名所
私もがっかりした一人です。
建物が周囲から浮いてしまっていますね。

>ストラップをピンと張ったり、
これは良いことを聞きました!
つってもストラップ持っていないけど。

2秒のセルフタイマーは良く使いますね。
私のGX8は手ぶれ補正もないし(^^;

投稿: アンビンバンコ | 2008年12月16日 (火) 23時48分

私が時計台を訪れたのは、もう10年くらい前だと思いますが、そんなにガッカリしなかったように記憶していますね。

確かにビルに囲まれていて、思ったよりも小さいという印象はありました。

でも、あの時計にそんな逸話があったなんて。勉強になりました♪

投稿: しぇるぽ | 2008年12月17日 (水) 12時15分

アンビンバンコさん

>こんばんは。

こんばんは。

>私もがっかりした一人です。
>建物が周囲から浮いてしまっていますね。

時計台には罪はないかと思うんですけどね。観光写真のイメージが強烈なんでしょうね。

個人的には、はりまや橋の方がガッカリ度は大きかったですが。

>つってもストラップ持っていないけど。

ストラップは首かけ式がよいですよ。

>2秒のセルフタイマーは良く使いますね。
>私のGX8は手ぶれ補正もないし(^^;

GX100には手ぶれ補正はあるのですが、GRD2はないですね。でも、あまり、なくて困ったという事態はないですね。GX8も大丈夫ではないですか?

投稿: 久住コウ | 2008年12月18日 (木) 00時19分

しぇるぽさん

>私が時計台を訪れたのは、もう10年くらい前だと
>思いますが、そんなにガッカリしなかったように記
>憶していますね。

それは幸いですね。日本全国から「ガッカリ」との声が届いているようです。ネット上には、三大ガッカリ名所を検証するというものもありました。

>確かにビルに囲まれていて、思ったよりも小さいと
>いう印象はありました。

観光写真のイメージが強烈だけに、実物はより一層しょぼく見えるのでしょうね。

>でも、あの時計にそんな逸話があったなんて。勉強
>になりました♪

後日談にも、実はいい話があります。

昭和初期には一時、時計が止まっていたことがあったそうです。市内の中心街にある時計が止まっているのはよくないと、時計屋さんの方がメンテをしたんだそうです。以来、親子二代でメンテは続けられているんだとか。そういう市井の人の努力があって、時を刻み続けているんですね。

投稿: 久住コウ | 2008年12月18日 (木) 00時27分

>GX8も大丈夫ではないですか?
夕方以降は三脚必須って感じです。
屋内での写真もフラッシュのテカリを嫌うのでほとんど三脚。
納得して買ったものの今時のはもう少しぶれないのだろうなぁなんてうらやんでます。

投稿: アンビンバンコ | 2008年12月19日 (金) 12時36分

>アンビンバンコさん

>夕方以降は三脚必須って感じです。
>屋内での写真もフラッシュのテカリを嫌うのでほとん>ど三脚。

>納得して買ったものの今時のはもう少しぶれないの
>だろうなぁなんてうらやんでます。

なるほど。
結構、苦労されているみたいですね。

ISOを高感度にして撮るしかないかもしれませんね。

投稿: 久住コウ | 2008年12月21日 (日) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43433662

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌時計台、がっかりの理由:

« 写りの悪いカメラが人気?!トイデジカメ VQ1015 ENTRY | トップページ | 小樽近代建築めぐり(GX100) »