« 冬なのに春~早くも春闘対策会議 | トップページ | 札幌時計台、がっかりの理由 »

2008年12月12日 (金)

写りの悪いカメラが人気?!トイデジカメ VQ1015 ENTRY

気になるカメラを見つけてしまった。「トイカメラ」のデジタル版だ。

デジタルに限らずカメラは画素数のアップ、レンズのF値の向上など鮮明さを求め、進化を続けてきた。撮影者もカメラを正確に制御して、より美しい写真を撮るというのが常道である。

しかし、トイカメラというのは周辺落ちや色飛びを「味」として楽しむ。以前、紹介したピンホールカメラも、その類だろう。

VQ1015は周辺落ちや色飛びなどフィルムのトイカメラの味を、そのままにデジタルで実現。画素数は130万画素と高くなく、デジカメには必須の液晶モニターもない。フィルムカメラ同様、パソコンに取り込んでみて、初めてその出来映えが分かるという趣向だ。

これはすごい商品じゃないか。製作者は、一流メーカー並の技術を必要としていない。一方、消費者も高い技術なんかを求めていない。普通ではありえないバランスの中で、商品としてしっかり成立している。


発売されたばかりだが、結構人気みたい。全6色だが、2つの限定色は既に売り切れ。キーホルダーサイズだから、いつでもポケットに入れておいて、楽しむことができそうだ。


Vista Quest(ビスタクエスト) VQ1015 ENTRY トイデジカメ ブラック
4,200 円


楽天にあった作例。フィルムのトイカメラのように周辺落ちしている。


YouTubeで見つけた動画の作例。8mmフィルムのような懐かしい雰囲気も


|

« 冬なのに春~早くも春闘対策会議 | トップページ | 札幌時計台、がっかりの理由 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43401419

この記事へのトラックバック一覧です: 写りの悪いカメラが人気?!トイデジカメ VQ1015 ENTRY:

« 冬なのに春~早くも春闘対策会議 | トップページ | 札幌時計台、がっかりの理由 »