« Buzan's iMindMap Ver.3 日本語版 | トップページ | itunesミュージックカードの使い方 »

2009年1月18日 (日)

FreeMindでマインドマップ 実践編

前回の続きで、マインドマップについて。

マインドマップは仕事や生活で有益なツール「ライフハック」になります。

何か計画していることがあるとします。その実現に向けて、何をすべきかを自分の頭の中で整理して、精査できるようになります。

誰にでも、やってみたいこと、実現したことはあると思います。

例えば、

お金を稼ぎたい。
就職したい。
資格を取りたい。
女の子にもてたい、とか。

こんな使い方はどうでしょう?

「アフィリエイトで稼ぎたい」

それには何をしたら、よいか?
考えますよね。こんな感じでしょうか?

<やることメモ>

・ブログ、ホームページを開設する。
・扱う商品を決める。
・何が売れているのか?
・自分の得意分野は何か?
・どんな編集方針でいくか?

地図なき航行はさまよってしまうだけです。また、箇条書きでは見えてこないこともあるでしょう。

前回の記事では、有料ソフトを紹介しましたが、フリーソフトでも優秀なものがあります。FreeMindというソフトで、FreeMind活用クラブには導入の仕方がきめ細かく書いてあります。自由度は有料ソフトほどはないかもしれませんが、一通りのことはできます。pdfにしたり、htmlにも変換できる。これは優れもの。アイデアを生むという作業が面白くなるはずです。

ただ、導入に当たっては発案者トニー・ブザンらのマインドマップ本を参考にすると、もっとよい気がします。とはいえ、すごく直感的なメソッドなので、なくても十分という人もいるでしょう。

では、実践例です。

僕は検見川送信所という廃墟になっている文化遺産の保存、利活用に関する活動をしています。

利活用に向けて、何をなすべきなのか? マインドマップで描いてみました。

送信者 送信所
クリックすると、拡大します。

書いているうちに、イメージがふくらんできて、どんどん大きなマップになってしまいました。ホームページ版はもう少し大きなものになっています。ご覧ください。

IEやgoogle chromeの方はJava版ホームページを。

マインドマップの過去記事


|

« Buzan's iMindMap Ver.3 日本語版 | トップページ | itunesミュージックカードの使い方 »

仕事Lifehack」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

TOCで提唱されているツリーと似たような考えでしょうかね?

物事を論理的に捉える上で、とっても有効だろうな・・・と思いつつ、私の場合、自分の脳みその中に限定して描いてしまっているんですよねぇ・・・吐き出せばもっと客観視もできるんでしょうけれど。

そのうちチャレンジしてみたいですね♪

投稿: しぇるぽ | 2009年1月19日 (月) 12時39分

>しぇるぽさん

>TOCで提唱されているツリーと似たような
>考えでしょうかね?

http://mindmap-club.com/whatis-mindmap/whatis-mindmap1.html
TOCというのはよくわからないのですが、このページによれば、メモリーツリーとも呼ばれているようですね。

>物事を論理的に捉える上で、とっても有効だ
>ろうな・・・と思いつつ、私の場合、自分の
>脳みその中に限定して描いてしまっているん
>ですよねぇ・・・吐き出せばもっと客観視も
>できるんでしょうけれど。

しぇるぽさんのように、アイデアを具現化されている人には有益なメソッドかもしれません。

マインドマップの本は手元にもう1冊あるので、今度、機会があったら、お渡ししますよ。

>そのうちチャレンジしてみたいですね♪

freemindはフリーソフトなので、ダウンロードしてみたください。結構、面白いソフトですよ。

投稿: 久住コウ | 2009年1月19日 (月) 18時12分

TOCは私のお勧めのザ・ゴールシリーズで提唱されているTheory Of Constraints:制約理論というやつですね。

このようなツリーはザ・ゴール2で紹介されています。ツリーには様々な形態があって、現状問題構造ツリーや、対立解消図、未来問題構造ツリー、前提条件ツリー、移行ツリーと進んでいくそうです。

特に対立解消図というのが面白くて、対立や矛盾をツリーで可視化することで解決のブレイクスルーを見出すことができると言います。対立や矛盾には理由があるわけで、裏を返せばその理由さえ取り除ければ解決できるってわけですね♪

書いてて、もう1回読もうかな?と思いました。ちょっと難解ですが・・・

投稿: しぇるぽ | 2009年1月19日 (月) 22時30分

>TOCは私のお勧めのザ・ゴールシリーズで
>提唱されているTheory Of Constraints:制
>約理論というやつですね。

ゴール2までは読んだつもりでしたが、しっかり忘れています(汗)。再読します。
ちなみにゴール1は手元にあります。

>特に対立解消図というのが面白くて、対立や
>矛盾をツリーで可視化することで解決のブレ
>イクスルーを見出すことができると言います。

可視化するという点で、まさにマインドマップの発想と同じですね。

>対立や矛盾には理由があるわけで、裏を返せ
>ばその理由さえ取り除ければ解決できるって
>わけですね♪

それはその通り。
マインドマップは春闘の対策の討議でも使うつもりです。一応完成しました。

>書いてて、もう1回読もうかな?と思いま
>した。ちょっと難解ですが・・・

以前ブログで書いた記事があれば、お知らせください。見逃しているかもしれませんので。

投稿: 久住コウ | 2009年1月20日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43779610

この記事へのトラックバック一覧です: FreeMindでマインドマップ 実践編:

« Buzan's iMindMap Ver.3 日本語版 | トップページ | itunesミュージックカードの使い方 »