« iPodtouch、どの容量を選ぶか | トップページ | 1台のパソコンで2つのiPodを管理する »

2009年1月 3日 (土)

iPodtouchで新聞を読む

iPodtouch購入の大きなきっかけになったのは、産経新聞がtouchとiPhone用に新聞紙面を無料配信することを知ったからです。

これまで新聞各社は自身のサイトやヤフーなどのポータルサイトに記事を提供している。ポータルサイトへは販売ですが、ポータルサイトが集客効果を狙って、無料提供しているわけです。

このネットでの記事掲載が若年層の新聞離れの一因になっているというのは、様々な形で指摘されており、新聞業界では「ネット進出は儲からない」というのが定説のようですね。しかし、引くに引けないのは、「他社がやっているから」。イヤイヤというのが裏事情でしょう。

この辺りは先日、紹介した「情報革命バブルの崩壊」に詳しい。

しかしながら、産経グループだけはかなり積極的。早々と夕刊から撤退してしまったし、ネット配信にも力を入れるなど明らかにビジネスモデルの転換に力を注いでいる。その最たるものが、今回の新聞紙面配信というわけ。これは初めて知った時、大きな衝撃を受けた。

だって、もろに新聞だ。



itouchでの産経新聞

これまでの単なる記事配信とはワケが違う。

新聞紙面は事の重大性を図る物差しでもある。新聞のレイアウトはトップ記事を頭、二番目の記事を肩、三番目の記事をヘソと呼ぶ。これらの位置関係や見出しの大きさも、情報のひとつ。ネット記事では、そこまでは分からなかった。

今回の産経新聞の配信は、それがすべて分かる。touchの画面をつまんだり、クリックすることで記事を拡大したり、全体を見渡すこともできる。満員電車では新聞も読めない、ということで買うのをやめてしまった人もいるかもしれないが、touchで見るなら、満員電車も関係ない。

この産経新聞を読むには、itunesのアプリストアからダウンロード。このソフト自体も無料。そして、購読もなんと無料だ。アプリストアにはレビューも載っている。レビューは辛口なものが多いんだけど、このアプリには好意的だ。
「本当に無料でいいんですか?」といった驚きの声が掲載されている。

僕も思った。ちょっとすごすぎですよ。

こんなことをやって、産経新聞に一体、どんなメリットがあるのか?

多分ないだろうな。僕が産経新聞の読者だったら、間違いなく購読をやめる。touchかiPhoneがあれば、これで十分。産経新聞は印刷することを諦めた、ということか。…と、いろいろ思うことはあるが、ともかく、ありがたく拝読している。

ちなみに、このサービス、PC版もあるが、週間パックは315円、月間パックは420円。となると、いずれは有料化になるかも。とすれば、このアプリも今が旬なのかも。これを体験するためだけにもiPodtochは購入の価値ありだと思います。

|

« iPodtouch、どの容量を選ぶか | トップページ | 1台のパソコンで2つのiPodを管理する »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43625319

この記事へのトラックバック一覧です: iPodtouchで新聞を読む:

« iPodtouch、どの容量を選ぶか | トップページ | 1台のパソコンで2つのiPodを管理する »