« FreeMindでマインドマップ 実践編 | トップページ | 今年のインフルエンザのワクチンは効かない »

2009年1月19日 (月)

itunesミュージックカードの使い方

itunesストアを利用しているiPodを愛用されている方は少なくないと思います。特にTouchを使っている方は頻繁にアプリケーションのチェックをしているのではないでしょうか?

支払いはクレジットカードですか?

僕もクレジットカードを使っていたのですが、これだといくら使ったのか分からない。ついつい使いすぎてしまう。
また、カードでは個人情報の流出を心配する方もいらっしゃるでしょうね。

ということで、itunes music cardを購入しました。1500 3000 5000 10000円とあるわけですが、今回は5000円。前にも書きましたが、バスカードみたいに高額カードには「おまけ」をつけてほしい。そうであれば、1万円分を買うのに。

ミュージックカードの購入は現金ではなく、カード払いがいい。そうすれば、数%でもポイントがつきますから。今回は楽天ポイントでの買い物で、1%分がつくはずです。買うときはもちろん、送料無料を選びましょう。

同時に、別の店でスピーカーを購入したのですが、この店クリエイターズランド楽天市場店の発送は早かった。


iTunes Music Card MA783J/A

カードの使い方は、裏にはスクラッチを削って、印字された番号をitunesストアのアカウント情報に打ち込むだけ。その場所はやや分かりにくいかもしれませんが、必ず見つかります(^^)。

カードの便利なところはしっかりと残高が表示されるところ。これなら、使いすぎということもありません。未成年のお子さんが使う場合もミュージックカードはいいですね。

僕の娘は小5で、嵐のファンなんですが、たまに「TSUTAYAでCDを借りてきて」と頼まれます。

もう少し大きくなって、パソコンがフルに使えるようになったら、ミュージックカードはおこずかいで買ってもらって、自分でダウンロードというのもありでしょうか。もっとも、今は300円だか500円らしいので、カードすら買えないでしょうけど。

シングルCDのレンタル料もitunesストアのダウンロード料も大して変わらないんですね。だったら、ダウンロードもありでしょう。

itunesストアではDRMフリーの楽曲の配信を開始し、ほかのミュージックプレーヤーへの移植もできるようになりました。

|

« FreeMindでマインドマップ 実践編 | トップページ | 今年のインフルエンザのワクチンは効かない »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43790700

この記事へのトラックバック一覧です: itunesミュージックカードの使い方:

« FreeMindでマインドマップ 実践編 | トップページ | 今年のインフルエンザのワクチンは効かない »