« 千都よみうりに「検見川送信所シンポジウム@さや堂」記事 | トップページ | 検見川送信所を知る会×花見川区にもう一つの図書館を作る会 »

2009年1月25日 (日)

図書館が大統領を生む?

みなさんは図書館をどれくらい利用されているでしょうか?

映画「トウキョウソナタ」にはこんなシーンが出てきます。

リストラされた主人公(香川照之)は偶然、かつての同級生に再会。同級生は一見、バリバリ仕事をしているように見えるのですが、実は同じリストラされた身。そのことを隠そうと、普段通り、出社するふりをして、時間を潰している。主人公はその同級生に連れられ、図書館に行きます。

「ここなら、誰にも文句は言われないで、長い時間いられる」

これは極端な利用例ですが、図書館はもっと利用すべき施設ではないでしょうか。

図書館は無料で本やCD、DVDが借りることができる。こんなにありがたい公共サービスはなかなかないと思うのです。

僕は新刊などは購入しますが、書館も頻繁に利用します。図書館で借りて、手元に残したいと思ったら、改めて購入します。そうすれば、本代は半分程度にセーブできます。

「花見川区にもう一つの図書館をつくる会」という団体の会報には、オバマ大統領の図書館への考え方が載っています。もしかしたら、あのスピーチ力と言語感覚は図書館で養われたものかもしれません。

送信者 送信所
クリックで拡大。文章を読むことができます。

私たち「検見川送信所を知る会」は明日26日午前10時から花園公民館で「花見川区にもう一つの図書館をつくる会」の定例会にお邪魔し、共催イベントを行います。

詳しい内容は「検見川送信所を知る会」ホームページにあります。みなさんの参加をお待ちしています。

|

« 千都よみうりに「検見川送信所シンポジウム@さや堂」記事 | トップページ | 検見川送信所を知る会×花見川区にもう一つの図書館を作る会 »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

考えてみれば、僕はほとんど図書館を利用していません(^^;;;
小さい頃から今に至るまで、至近に図書館が存在する環境ではなかったのが大きいとは思いますが、
それよりも何よりも本を読むことに多少の面倒くささを感じているのも正直なところ…(^^;;;

「花見川区にもう一つ…」の活動のように、人の集まりやすいところに図書館ができると、僕のような不精者でも足を運ぶきっかけにはなりますね。

26日の共催イベント、成功をお祈りしています。後でレポートをよろしくです。

投稿: まさやん | 2009年1月25日 (日) 23時14分

>まさやんさん

>考えてみれば、僕はほとんど図書館を利用し
>ていません(^^;;;

それはもったいないですよ。
なんと言っても、ただ(税金は払っているけど)なんですから。

>小さい頃から今に至るまで、至近に図書館が
>存在する環境ではなかったのが大きいとは思
>いますが、
>それよりも何よりも本を読むことに多少の面
>倒くささを感じているのも正直なとこ
>ろ…(^^;;;

コーチングなど熱心にされているから、本はお好きかと思っていました。意外です。

>「花見川区にもう一つ…」の活動のように、
>人の集まりやすいところに図書館ができる
>と、僕のような不精者でも足を運ぶきっかけ
>にはなりますね。

そうですね。花見川区は、最も人口密度が低いところにメーンの図書館があり、利便性が低いのだそうです。ただし、図書館は原則として、区にひとつという決まりがある上、分館や公民館にあるし、インターネットなどで最寄りの分館などに取り寄せもできるので、不必要というのが千葉市の考えなんだそうです。でも、人口分布に従って、配備しなければ、不便ですよね。

インターネット検索や予約も便利な機能ではありますが、図書館へ出かけて、そこで陳列された本を見て、興味を覚えることも多いはずです。子供たちの将来、教育のことを考えれば、数が多くても不必要な施設だとは思わないんですけどね。

>26日の共催イベント、成功をお祈りしてい
>ます。後でレポートをよろしくです。

無事終わりました。
後で報告いたしますね。

投稿: 久住コウ | 2009年1月26日 (月) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43849001

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館が大統領を生む?:

« 千都よみうりに「検見川送信所シンポジウム@さや堂」記事 | トップページ | 検見川送信所を知る会×花見川区にもう一つの図書館を作る会 »