« itunesミュージックカードの使い方 | トップページ | インフルエンザに効く空気清浄機「プラズマクラスター」 »

2009年1月20日 (火)

今年のインフルエンザのワクチンは効かない

今年のインフルエンザのワクチンは効かない、という話は本当だ。

会社の一室で仕事をしていると、同僚Kがマスク姿で入ってきた。
「風邪?」と聞くと、
「診療所でインフルエンザと言われました」
「えっ?」
部屋にいた僕ともう1人の同僚は凍りついてしまった。
「いいから、帰れ」と僕。

うつされたら、たまったもんじゃない。こちらは春闘という厄介なものを抱え込んでいる。1週間も休むわけにはいかない。

同僚は具合悪そうにして帰っていった。
幸い、僕は予防接種を受けている。社内では100円で接種できるのだ。
しかし、診療所に聞くと、Kもインフルエンザの予防接種を受けていたのだという。今年のインフルは型によっては効かないということ。
慢心していられない。
「一緒にいたのなら、うがいは2、3日欠かさないように」とアドバイスを受け、マスクももらってきた。
マスクをして、社内をうろうろしていると、
「風邪ですか?」と聞かれた。
「いや、予防だよ」と何度も答えるはめになった。

組合では昨年末の団交でインフルエンザ対策のマニュアルを作って配るように要求した。会社の回答はもらえたのだが、まだマニュアルは出来てこない。危機意識が薄いのだ。
「手洗い、うがいをするように」という張り紙と給湯器の脇に設置したうがい薬だけで対策をした気になっているらしい。

インフルエンザは今そこにある危機だ。

感染者が出れば、ねずみ算式に増えていく。会社では学級閉鎖はできない。しかし、感染者が増えれば、その機能は止まってしまう。会社機能の低下は売り上げにも大きな影響を与える。

総務局に対策を講じるよう電話したが、部長は留守だった。代わりに後輩が応対した。
「全員にマスクをするように通達して欲しいんだけど」
「いやあ、上の人は危機意識がないようで」
「5人がインフルエンザにかかったと聞いた。いま、対策をしないと、感染者は増えてしまう」
「その数は把握しているみたいです」
「上の人間だけが知っていても仕方ない。全社的に知らせて、危機意識を徹底しなければ」
「で、どうすれば?」
「掲示板で感染者数を毎日張り出す。部長を通じて、手洗いとうがい、マスクの着用を徹底させる」
「全員マスクなんて、しますかね?」
「まずは総務局局員がマスクをつけるんだ。そうすれば、危機感は必ず伝わる。マスクは面倒くさい
だろうが、インフルエンザになるよりマシだろ」
「なるほどね。でも、上の人は感染者数が二桁になるまで動きませんよ」
「それじゃ、遅いんだよ」
上の対応はインフルエンザよりもたちが悪い。会社がやらないのなら、こちらで動くしかないか。

これからの季節、マスクは必需品です。自分がインフルエンザにならないためにも。また、あなたの大切な家族にうつさないためにも。

マスクは昨年比で160%の売れ行きだとか。

楽天のインフルエンザ対策のマスクはこちら

|

« itunesミュージックカードの使い方 | トップページ | インフルエンザに効く空気清浄機「プラズマクラスター」 »

仕事Lifehack」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43795845

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のインフルエンザのワクチンは効かない:

« itunesミュージックカードの使い方 | トップページ | インフルエンザに効く空気清浄機「プラズマクラスター」 »