« iPodTouchのある日常 | トップページ | iPodのスピーカーはどれにする?  »

2009年1月17日 (土)

「アイデアハック!」レビュー★★★★

「ハック」というと、コンピュータのハッキングを真っ先に思い浮かべますが、「解決」という意味です。「ライフハッキング」という言葉も徐々に浸透している気がします。

「ハック」本は数多く出ているんですが、同書は評判がよかったので、読んでみました。
1情報、2時間管理、3整理、4五感、5思考、6発想、7意思決定と7つの章で89のハックが書かれています。

同書にも紹介されているんですが、「パレートの法則」というものがあります。社会全体の富みは2割の人に集中している。これはどんなものにも当てはまるようでして、会社の収入の大半は2割の優秀な社員が稼ぐらしいです。

僕が思うのは、「面白いと思える映画は2割しかない」「有益な本は2割」とかでしょうか。

パレートの法則でいえば、この本も、2割の「有益な本」に入るかもしれません。同じ意味で、使えるアイデアは2割かもしれませんけど(笑)。それでも、「儲けもん」ではないでしょうか? すぐにでも実践してみようというものもありましたし、興味深い話も。

例えば、新幹線500系のフロント部分はカワセミのクチバシがヒントになっているそうです。

カワセミは水中に飛び込んで魚を捕まえるのですが、飛び込みの際の水しぶきが小さいのだとか。そこに目をつけた技術者が実験をしたら、やっぱりクチバシが理想的な形だと分かったそうです。ちなみに、この技術者の趣味はバードウオッチングとか。

これは「違う構造を持ち込む」というエピソードの中にあります。

40歳になると、どうしても頭は固くなりがち。ちょっと脳を刺激してくれる話がありましたよ。不況の今、ざん新なアイデアが求められています。今読むべき本のひとつかもしれませんね。

|

« iPodTouchのある日常 | トップページ | iPodのスピーカーはどれにする?  »

仕事Lifehack」カテゴリの記事

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43761787

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイデアハック!」レビュー★★★★:

« iPodTouchのある日常 | トップページ | iPodのスピーカーはどれにする?  »