« 写楽と検見川送信所 | トップページ | 軍艦島が4月上旬から上陸可能に »

2009年2月 5日 (木)

「週刊 東洋経済 2009年 2/7号」雇用壊滅

週刊 東洋経済 2009年 2/7号が発売されている。この不況にかかわらず、東洋経済の売り上げは好調のようで、同社のホームページには伸び率No1という文字が躍る。前号は、アマゾンマーケットプレイスで定価の倍の値段で売られている。

今週の特集は「雇用壊滅」と、これまた衝撃的な見出し。

まだ未入手だが、この特集が気になる。

「本当に労働者の味方か 労働組合の“正念場”」

非専従の書記長という立場から言わせてもらえれば、「本当に味方か?」と聞かれること自体、不本意だ。

また、ココログニュースには「今の不景気はマスコミ恐慌?」という記事が載っていたが、新聞・テレビへの影響も深刻だ。不況宣伝してもメリットはない。それだけ、深刻なのだということだと思う。痛みを負っていない者はいない。

不況を乗り越えるためには、知恵を絞るしかない。

いよいよ明日から春闘に向け、本格化していく。

|

« 写楽と検見川送信所 | トップページ | 軍艦島が4月上旬から上陸可能に »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

東洋経済は、わりとまともな記事が多くて愛読しているのですが、ここのところ、○○崩壊、○○危機、壊滅、陥落・・そんな、あおり気味のタイトルが続いて・・ なんだなぁ、と思いますね。

投稿: 中西洋一 | 2009年2月 5日 (木) 14時26分

中西洋一さん

>東洋経済は、わりとまともな記事が多くて
>愛読しているのですが、ここのところ、○
>○崩壊、○○危機、壊滅、陥落・・そん
>な、あおり気味のタイトルが続いて・・ 
>なんだなぁ、と思いますね。

昨日、買いました。
刺激的な題名の特集は売れるんでしょうね。
現に
買ってしまいましたし(汗)

組合の特集は非正規雇用について、でしたね。この問題は組合としても悩ましいと思います。

わが社は非正規は少ないのですが、それでも、あらかじめ期間を決められて、雇用解除となられる方もいらっしゃいます。3年以上の雇用契約を結ぶと、正社員としなければいけないなど法的な問題もあるので、契約を解除しなければいけないというのが理由なんだそうです。

投稿: 久住コウ | 2009年2月 6日 (金) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43959756

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊 東洋経済 2009年 2/7号」雇用壊滅:

« 写楽と検見川送信所 | トップページ | 軍艦島が4月上旬から上陸可能に »