« 「東京遺産 保存から再生・活用へ」★★★1/2レビュー | トップページ | 写楽と検見川送信所 »

2009年2月 4日 (水)

「アイデアハック!」レビュー★★★★

著者の一人、小山龍介さんは1975年生まれ。広告代理店勤務を経て、米国でMBAを取得したという起業家。現在は歌舞伎座のサイト「歌舞伎美人(びと)」を立ち上げるなどプロデューサーをしている。

ほかにも著作を読んだが、これが一番実践的に思えたので、最初にオススメしたい。

「ハック」というと、コンピュータに侵入して、ぶち壊すというイメージがあるが、「解決」という意味。ドラスティックに解決するという感じか。

新自由主義的な考えが主流になり、社会は成果に重きを置かれることになった。その結果、勝ち組、負け組がはっきりし、社会の格差が加速した。より利益が出たものが富みを得られるというのは当然のことだが、国は勝ち組を優先させ、セーフティーネットの整備を怠った。

働いても働いても、暮らしが楽にならないというのは、今に始まったことではないが、社会や会社が守ってくれない以上、自衛するしかないわけだ。

自衛の方法こそがアイデアである。知恵を絞って、仕事に費やす時間を短縮させ、プライベートを充実させる。今こそ、アイデアが求められている時代はないのではないか?

本書は「今日スグ役立つ仕事のコツと習慣」との副題がある通り、実践的なアイデア集である。

メモ術、時間管理、整理術、生き方、習慣、考え方、発想術。

いろんなビジネス書で見たいいところ取り、という感じもあるが、89のアイデアがあるので、目次から気になるところを拾って読むといい、と思う。

最後に、僕の読書ハックを紹介。

ビジネス書は付箋を片手に読んでいる。重要だと思った部分は上に貼り、参考文献が載っているなど気になった部分は横に貼っていく。

役に立った本は付箋だらけになる。このやり方だと、本の中身を見るまでもなく、お役だち度が分かる。

2005年6月27日 (月)
【透明ポストイット読書術】で、本の価値が分かる

|

« 「東京遺産 保存から再生・活用へ」★★★1/2レビュー | トップページ | 写楽と検見川送信所 »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

このシリーズ面白いですよね!
中には実行するのが難しいものものってますけど、「なるほど!」っと思えるものも多くて、今まだ立ち読みでしか読んでないので購入しようか考え中です。

投稿: smky | 2009年2月 5日 (木) 20時51分

>smkyさん

>このシリーズ面白いですよね!
>中には実行するのが難しいものものってま
>すけど、「なるほど!」っと思えるものも
>多くて、今まだ立ち読みでしか読んでない
>ので購入しようか考え中です。

小山氏の本は3冊読みましたが、「アイデアハック」が一番よかったですね。「ライフハックのつくりかた」は抽象的で、あまり面白くはなかったです。

中には、「テーマソングを決める」というのがありましたが、最近のお気に入りは音楽ではなく、オバマのシカゴでの演説です(笑)。

投稿: 久住コウ | 2009年2月 6日 (金) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43953271

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイデアハック!」レビュー★★★★:

« 「東京遺産 保存から再生・活用へ」★★★1/2レビュー | トップページ | 写楽と検見川送信所 »