« 検見川送信所シンポジウム@さや堂 | トップページ | 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ »

2009年2月25日 (水)

検見川送信所の調査費用が09年度予算に計上されず

超党派(市においては会派なので、正しくは超会派)の市議の賛同を得て、保存への道を歩み出した検見川送信所ですが、残念なお知らせをしなければなりません。

教育委員会が09年度予算に盛り込むとした検見川送信所の調査費用が実現しませんでした。

送信者 送信所

民主党の熊谷としひと市議が既にブログで記事化しています。


2009年02月24日
検見川送信所の保存に向けた調査費が計上されず

これまで千葉市側は公の場で調査を行う考えを明らかにしてきました。

2008年12月 2日 (火)
千葉市「検見川送信所の調査費用を来年度予算に計上」~千葉市議会・経済教育委

詳しくは以前の記事をお読み頂きたいのですが、簡単に抜粋すると、教育委側は以下のような発言を行っています。

教育委「議案としては説明していないが、調査費用を次年度予算に計上した。8月にはメンバーが視察している。建築の専門家は『建築的にも重要で歴史的にも価値があるが、破損が大きく、修理するのは大変だろう』と話された。大切に保存し、積極的に活用してほしいとの意見が聞かれた」

さらに今年1月30日に行われた検見川連合町内会、日本建築家協会、検見川送信所を知る会による意見交換会(主催・教育委員会)では、担当部署の生涯教育学習課が次年度予算案に1300万円を計上する考えを披露しています。

しかし、それは言葉通りにはなりませんでした。市民に対して向けられた言葉がどうして反故になったのかは、千葉市側に聞く必要があると思っていますし、市側にはきちんとした説明をする義務があると考えます。

千葉市、特に教育委員会には、厳しい言葉を投げかけたこともありますが、それも強い期待があってこそです。なぜなら、我が町の行政機関なのですから。建築家、吉田鉄郎の代表作、東京中央郵便局が解体の道を歩むなか、千葉市が検見川送信所の保存を検討を始めたことは素晴らしいことです。

やみくもに行政と対立すべきではありませんが、安易に迎合するということも違うような気がします。というのも、「言うべきことは言う」ということは、民主主義の大原則であるからです。

市には市の立場や考えがあることは理解していますし、こちらにはこちらの考え方があります。それらは時に一致しないこともあるでしょう。ただ、前に進んでいくためには、話し合いが必要となってくるのは当然のことです。そして、話し合いには、信頼関係は不可欠です。

検見川送信所をめぐる保存運動は、一端、立ち止まった形になりますが、決して失望することはないと考えています。今回の一件をきっかけに話し合いが進化していけば、さらに前に進むことができるでしょう。より深い議論が送信所の保存に向け、重要になっていくのは間違いありません。

これは、「検見川送信所を知る会」の総意ではなく、僕個人の考え方であることはお断りしておきます。

|

« 検見川送信所シンポジウム@さや堂 | トップページ | 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

ものごとを進めていく上で一番マズのは、衝突を恐れるあまりに議論をしないことだと思っています。

立場も価値観も違うわけですから、衝突しないはずがありません。でも、お互いが目指しているベクトルは、言い方が違うだけで、案外そんなに違わないものです。

前進するためには前向きでさえあれば衝突はいとわない・・・そんな関係が良いように思いますけれど、たいていはへそが曲がってそれっきり・・・なんて風になりますね。

前進するといいですね♪

投稿: しぇるぽ | 2009年2月26日 (木) 12時45分

しぇるぽさん

>ものごとを進めていく上で一番マズの
>は、衝突を恐れるあまりに議論をしな
>いことだと思っています。

その通りですね。

後で記事化しようと思ったのですが、検見川送信所に限らず、同じ吉田鉄郎建築の東京中央郵便局も、期せずして、国会で話題になりました。

流れがまた変わるかもしれません。

http://www.asahi.com/politics/update/0227/TKY200902260295.html

>立場も価値観も違うわけですから、衝突
>しないはずがありません。でも、お互い
>が目指しているベクトルは、言い方が違
>うだけで、案外そんなに違わないもの
>です。

千葉市教育委のみなさんも、送信所が大事だとは思って頂いていると思いますが、個人の考えと組織としての立場は異なるかもしれませんね。

計上できなかったことも、詳しい経緯などを伺えば、納得する部分も出るかもしれません。

市民の立場としては、議論の透明化は市民と行政の信頼関係を築く上で必要ではないかとは思っています。

>前進するためには前向きでさえあれば衝
>突はいとわない・・・そんな関係が良い
>ように思いますけれど、たいていはへそ
>が曲がってそれっきり・・・なんて風に
>なりますね。

その辺は事務方の腕の見せ所ですね。プレッシャーですが…(汗)。

前進するといいですね♪

ありがとうございます。

投稿: 久住コウ | 2009年2月28日 (土) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44169455

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川送信所の調査費用が09年度予算に計上されず:

« 検見川送信所シンポジウム@さや堂 | トップページ | 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ »