« 「週刊 東洋経済 2009年 2/7号」雇用壊滅 | トップページ | 建築ジャーナル2月号に検見川送信所シンポジウムの記事 »

2009年2月 6日 (金)

軍艦島が4月上旬から上陸可能に

軍艦島(正式名称、長崎県高島町端島)ファンに朗報だ。これまで船による観光しかできなかったが、4月下旬から上陸の見学が可能になる。ただし、見学地点は三ヶ所で建物に近づくことは安全管理上、できないようだ。それでも、間近で見られることにはこれまでと違った感動があるのではないか。


2008年8月11日 (月)
祖父の島、高島・軍艦島~軍艦島クルーズ(1)

軍艦島をめぐってはNPO法人「世界遺産にする会」が活動中。CGによる映像復元などのプロジェクトも進行している。

軍艦島は廃墟マニアには知られた存在だが、近年は産業遺産、世界遺産としても注目を浴びている。特に昨年は福山雅治が写真展を開いたり、「ニュースゼロ」の取材で訪れたことで女性層にも広がりを見せた。

もちろん、保存には相当な金銭的な負担も大きく、問題は山積みのようだが、廃墟が文化遺産、観光資源になる可能性を見せた軍艦島の意味は大きい。

僕の祖父は隣の島、高島に住み、軍艦島を見て、暮らしていた。軍艦島には遠からず縁を感じている。

最近、発売された本、DVDは評判を呼んでいる。

|

« 「週刊 東洋経済 2009年 2/7号」雇用壊滅 | トップページ | 建築ジャーナル2月号に検見川送信所シンポジウムの記事 »

近代遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/43972567

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦島が4月上旬から上陸可能に:

« 「週刊 東洋経済 2009年 2/7号」雇用壊滅 | トップページ | 建築ジャーナル2月号に検見川送信所シンポジウムの記事 »