« 「iPhone HACKS!」★★★ | トップページ | 検見川送信所の調査費用が09年度予算に計上されず »

2009年2月22日 (日)

検見川送信所シンポジウム@さや堂

少し遅くなりましたが、14日に行われた検見川送信所シンポジウム@さや堂の続報です。

送信者 検見川送信所シンポジウム@さや堂

16日には千葉テレビの看板番組「ニュースCマスター」で約10分間、特集されました。番組ではシンポジウムの模様に加え、知る会が提供した内部見学会の映像も初めてオンエアされました。キャスターからはモダンな内装に驚きの声が上がっていました。

「検見川送信所を知る会」ホームページをデザイン、管理しているまさやんさんのブログによれば、番組放送の時間帯、ホームページのアクセス数がはねあがったそうです。ディレクターのNさん、一瀬友里、片野晴道 両キャスターをはじめ、スタッフの方々に大感謝です。

また、シンポジウムは「市指定か国登録か」と、保存方法について整理することを主眼においたわけですが、パネラーの元文化庁主任調査官の堀勇良さんは「市指定か国登録かが論点になるのが分からない」との感想を話されました。どちらがよいと比べるようなものではない、とのお考えがあったのでしょう。

この議論が起こった経緯については、収蔵庫・壱號館が丁寧に説明されていますが、このシンポの目的のひとつは、制度を正しく認識した上で議論を重ねていき、よりよい保存、利活用の形をみなさんで考えていこうというものです。

シンポジウムに参加された公明党の川岸市議もご自身のホームページでこんな風に書かれています。

『指定文化財』か『登録文化財』かといった議論の立て方について違和感を感じるとの意見に意外性を感じましたが、これまでの『指定』という概念に認識の違いがあったのかも知れません。

いずれにしても、この時点では「指定」あるいは「登録」ということにこだわらず、この貴重な歴史的建物を検見川という地域で、どういうふうにまちづくりに生かしていくのか、どう活用していくのが最も適切かということを議論していく中で、その結論が見いだせるのではないかと思いました。


この川岸市議のほか、川村市議(自民)、熊谷市議(民主)、小西市議(市民ネット)、さんぺい市議(民主)、長谷川市議(市民ネット)が出席され、午前の見学会には佐々木市議(共産)が駆けつけてくれました。

党、会派を超え、市議のみなさんがこのように大きな関心を寄せ、文化財制度への理解を深めてくださったことは今後、大きな力となることでしょう。

送信者 検見川送信所シンポジウム@さや堂

いずれの制度を使うにしても、持ち主がどんな態度で保存、利活用をしていくかによって建物の運命は変わってくるわけです。利活用さえできれば、いいのだと思えば、その程度の保存で終わってしまいますが、しっかり残しながら、うまく利活用することもできるわけです。

問題は制度ではなく、それを運用していく人間の考えということに尽きます。

シンポジウムはどちらがいいと決めることはせず、問題提起の形でみなさんに持って返って頂く形を取りました。詳しい調査の上、しかるべき議論があって、保存の方向性は決まっていくのでしょう。

また、会場では僕が用意したTシャツ、写真集冊子「検見川無線のプロジェクトX」の物販も行ったのですが、こちらは合計17500円の売り上げ。また、冊子を献呈させていただいた京都のブロガー、gintacatさんより有難いエールも頂きました。重ねて、感謝申し上げます。

|

« 「iPhone HACKS!」★★★ | トップページ | 検見川送信所の調査費用が09年度予算に計上されず »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

私のブログの紹介、ありがとうございます。
京都のgintacatさんも心強い味方ですね。
それにしても、千葉市予算案の結果は残念でした。

投稿: まさやん | 2009年2月22日 (日) 18時51分

ご紹介ありがとうございます。おっしゃるように「使い続ける」「生かし続ける」ことが大切です。「遺跡」にしてはいけないと思います。良い生かし方が見つかると良いですね。

投稿: 中西洋一 | 2009年2月22日 (日) 20時24分

まさやんさん

すみません。その後も、春闘に入り、多忙を極めています。ご返事が遅くなったことをお許しください。

>私のブログの紹介、ありがとうござい
>ます。

興味深いレポートでした。

>京都のgintacatさんも心強い味方ですね。

そうですね。映画「おくりびと」も500部の自主出版からスタートして、映画となり、アカデミー賞を受賞しました。それには大きく及びませんが、発信しつ続けることで広がりをもっていくんだと思っています。
いろんな土地に、私たちの応援者がいらっしゃることは、励みになっています。

>それにしても、千葉市予算案の結果は残念
>でした。

千葉市議会はスタートしました。そろそろなんらかのリリースをすることは、私たちに課せられた義務ではないかと思います。

投稿: 久住コウ | 2009年2月24日 (火) 20時22分

>中西洋一さんへ

>ご紹介ありがとうございます。

こちらこそ、大きな力を得ました。ありがとうございます。

>おっしゃるように「使い続ける」「生かし
>続ける」ことが大切です。「遺跡」にして
>はいけないと思います。良い生かし方が見
>つかると良いですね。

保存すること、生かすことは共存することであると思っています。また、生かし方は議論を重ねていけば、自ずと見つかるはずだと考えています。


投稿: 久住コウ | 2009年2月24日 (火) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44140096

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川送信所シンポジウム@さや堂:

« 「iPhone HACKS!」★★★ | トップページ | 検見川送信所の調査費用が09年度予算に計上されず »