« 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ | トップページ | 東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った” »

2009年2月28日 (土)

「【超】WORK HACKS!」(小山龍介)★★★★

昨今の経済不況で、「働く」ということが問われています。雇用抑制によって、働く僕らの状況はどの企業も悪化をたどっている。ある企業では、仕事がないということもあるでしょうし、一方、働き手が少なくなったことで、労働強化になっているところもあるのではないか。

時代は変わりつつあります。これに対応するには、自分自身が変わっていくしかありません。

最近、小山龍介氏のシリーズを何冊か読んでいるのですが、これは特に有益。同書では「白帯ハック」「茶帯ハック」「黒帯ハック」と分け、テクニックを紹介しています。

白帯ハックで気になったのはこんなもの。

「結論は先延ばしにする」

朝令暮改というのは、悪い例として、論じられますが、原理原則は大事にしながらも、結論は柔軟性を持って先延ばしにすることは適切な方法論だと言います。結論を決めてしまうと、身動きが取れなくなってしまうこともあるでしょうからねぇ。

googleの利用

仕事をする上で、情報収集は必要なことです。小山氏はgoogleのリーダー、アラート、カレンダーの利用を薦めています。既に多くの方が使っているでしょうし、僕も使っています。これらは非常に便利。

alertはキーワードを登録すると、関連した記事を知らせてくれるというものです。例えば、「送信所」と入れておくと、それに関連した記事があれば、教えてくれます。

リーダーはブログの更新をチェックできるもの。iPhone、iPodTouchとの親和性(Touchの画面に合わせた大きさで表示される)がよい。

カレンダーも同様で、Touchのアプリ、さいすけと連動して使っています。

以前、googleの巨大化については若干の脅威を感じる、と書きましたが、便利さではずば抜けていますね。それゆえ、脅威を感じるわけですが…。

同書では、ビジネス書から」おいしいところもピックアップ。

「最強トヨタの7つの習慣」からはこんなエピソードも。ある人が「来年、売り上げが落ちます」と報告したら、こっぴどく怒られた、とか。よくよく考えて、「売り上げを落とします」と報告したら、OKをもらえた、とか。つまり、意図して起こしたことかどうかが大事だということ。ただ、不況の今は、こんなことも言っていられないでしょうけど。企業のお手本のように言われたトヨタでも、根底から揺れています。本当に大変な時代ですね。

黒帯ハックではクリエイティブディレクター、箭内道彦さんの言葉が載っています。

「実行するのは企画力と実現力。アイデアはいろんな人が出すけど、実行するのは難しい。そこで重要になるのは、いろんな人と仲良くして、自分を『助けてくれる人』を作ること。人を説得したり、巻き込んだすることは一人ではできない」

小山氏は黒帯ハックの目標として、「自分がいなくても滞りなく、プロジェクトが進むようにすること」を上げています。じゃあ、自分は不必要になってしまうじゃないか? という人もいるかもしれませんが、仕組みが滞りなく進むためには、そこで働く人への精神的な支援が欠かせない。安心感や信頼感が必要だと、書いています。

それには命令ではなく、意見の合意を形成し、個人が自発的に動くことが大事。最近では、ファシリテーション(促す)という「技術」が注目されていますね。

|

« 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ | トップページ | 東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った” »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

仕事Lifehack」カテゴリの記事

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44199206

この記事へのトラックバック一覧です: 「【超】WORK HACKS!」(小山龍介)★★★★:

« 「廃墟建築士」(三崎亜記)★★★ | トップページ | 東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った” »