« 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) | トップページ | 国宝の猫(キヤノン30D 日光東照宮) »

2009年3月 4日 (水)

東京中央郵便局の全面保存はまだ間に合う

「何かを始めるのに、遅すぎることはない」

これは、あるコントラバス奏者の言葉です。音楽家という方は幼少の頃から楽器に親しむのが普通ですが、彼は16歳にして初めてコントラバスを初めて手にし、23歳で楽団に入ったそうです。「夢を持つ若者にはこういいたい」と彼は言って、文頭の言葉を続けました。

さて、東京中央郵便局の保存問題が注目を集めています。2日午前、鳩山総務相が同建物を視察する姿がニュースで大きく取り上げられました。 1日付の「東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った”」という記事は非常に多くの方に読んで頂きました。ブログ内のアクセスランクのトップとなっています。

郵便局は昨年12月に完全に閉鎖され、内部の様子は今回の視察で初めて明らかになりました。日本郵便はこれまで解体ではなく、アスベストの除去作業と説明してきましたが、実際は「解体」というべき大掛かりな工事であったことが明らかになりました。

また、保存検討委員会が「全面保存」を訴えていたにもかかわらず、日本郵政が同時期に建て替え計画を進めていたという実態も改めて浮き彫りに。

鳩山さんは予想以上に解体工事が進んでいるのを見て、怒り、悲しみの声を上げました。

「利益追求主義で文化や文明を壊してよいのか。国の恥だ。世に問いたい」

この行動には、「政治パフォーマンス」を指摘する声もあります。郵政三事業民営化はそもそも自民党が率先して行ってきたことです。また、建物の重要性を指摘する声は以前より出ていました。さらに、建て替え計画そのものは昨年6月には発表され、解体工事も12月には開始されていた。総務大臣なら、当然把握していてもおかしくない事案です。「かんぽの宿」の不正譲渡疑惑が持ち上がらなければ、この東京中央郵便局の問題がクローズアップされることもなかったことでしょう。

ただ、それはそれとしても、今回の意味は大きいではないかと思います。また、「文化を大事にしたい」という大臣の言葉にも嘘はないと思います。

鳩山家は、音羽にある邸宅(鳩山会館、通称・音羽御殿)を保存し、一般開放も行うなど文化財への理解も深い。自身は蝶の研究家としても名高い。

「日本郵政は民営化された企業であり、その財産権を犯すべきではない」との考え方もありますが、そもそも、郵便局は国家事業であるし、国民の宝ではないでしょうか。

「かんぽの宿」といい、東京中央郵便局といい、民営化されたからといって、好き勝手に処分しようという考え方には違和感を感じざるを得ません。

東京中央郵便局をめぐっては既に工事の契約も結ばれ、一部解体も進んではいます。しかし、今ならまだ間に合うのです。

一方、日本郵政側の逆襲も始まりました。日本郵政の西川社長は3日、会見で「予定通り、工事を進める」といい、石原東京都知事は「価値があるということは早く言ってくれないと。今、言われても迷惑だ」と発言。

しかし、価値を顧みることなく、強硬に工事を進めたのは日本郵政側ではなかったでしょうか。再開発計画と同時期に設置された保存検討委員会は、郵政側のアリバイ作りであったように見えます。やはり、ここは保存検討委員会の結論を待って、再開発を実施するか、否かを決めるのが筋でしょう。

何かを始めるよりも、何かをやめることには、より大きな決意が必要かもしれません。しかし、今はそれを成し遂げる時だと思うのですが…。

総務省へみなさんの声を届けることができます。こちらにアクセスし、郵政行政にチェックの上、コメントを送ってみませんか。

当ブログの東京中央郵便局関連記事はこちら

|

« 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) | トップページ | 国宝の猫(キヤノン30D 日光東照宮) »

東京」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

近代遺産」カテゴリの記事

コメント

>再開発計画と同時期に設置された保存検討委員会は、郵政側のアリバイ作りであったように見えます。

そう見えますし、実際そうなんでしょう。

最初から解体ありきの出来レースだとしたら、誰が利を得るんでしょうね?

歴史的建造物の価値が評価できない日本は、世界と比べ文化レベルが低いんでしょうか?ちょっと寂しいですね。

投稿: しぇるぽ | 2009年3月 5日 (木) 17時38分

>しぇるぽさん

>最初から解体ありきの出来レースだとしたら、誰が利
>を得るんでしょうね?

言わずもがなですが、日本郵政でございます。現在、工事はストップしていますが、難しい局面を迎えています。延期が長引けば、経済的な損失も出る。では、文化財を壊すのか、という議論にもなる。どちらが国民にとって利があるのか、という話です。

正直、もう少し早くに総務大臣が専門家の言うことを耳を傾けてくれれば、違ったかもしれませんね。

>歴史的建造物の価値が評価できない日本は、世界と
>比べ文化レベルが低いんでしょうか?ちょっと寂し
>いですね。

同感です。

投稿: 久住コウ | 2009年3月 9日 (月) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44239336

この記事へのトラックバック一覧です: 東京中央郵便局の全面保存はまだ間に合う:

« 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) | トップページ | 国宝の猫(キヤノン30D 日光東照宮) »