« 「【超】WORK HACKS!」(小山龍介)★★★★ | トップページ | 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) »

2009年3月 1日 (日)

東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った”

どんなことだって、大逆転はある。

解体工事が進み、取り壊し危機にあった東京中央郵便局の見直しの機運が再び高まってきました。

きっかけは先日、名古屋市長選に出馬表明して話題になった民主党の河村たかし議員の質問です。これを受け、鳩山総務相が「重要文化財の価値があるものをなくすのは、トキを焼き鳥にして食べるような話だ」と発言しました。鳩山総務相が近く視察する見通しということです。

東京中郵は検見川送信所の設計者である吉田鉄郎氏の代表作で、専門家からは「国の重要文化財である」と指摘されています。

以下は、僕も発起人に名を連ねる「東京中央郵便局を重要文化財にする会」事務局からいただいた傍聴メモ。

2009年2月26日(木)15:30~

衆議院総務委員会傍聴メモ

●冒頭

河村たかし)東京の丸の内に行かれますと、今、東京駅は工事しています。これは空襲で2階に応急修理したものを3階に復元している。一方、東京中央郵便局は重要文化財になるような建物を壊しかけている。ここには入札疑惑がある。後半に質問したい。

●質疑

河村)東京中央郵便局の建物について重要文化財になるのではないかと思いますが、その価値についての確認、今まで努力されたことはあるか?

高塩・文化庁次長)1昨年12月の河村議員の質問にお答えしたとおり、「重要文化財に足りる価値を有する」と認識をしている。これまで総務省、郵政株式会社に対して、局舎の保存をはかりながら再整備する方法の提案を行ったり、歴史検討委員会に提言を行っている。

河村)郵政が今回出した計画は文化財になるのか?

文化庁)平成20年6月25日に発表された再整備計画については、現在の局舎の大半は失われることから、重文に指定するのは困難。登録文化財についても困難と考える。

河村)総務大臣、今のことを聞かれてどう思いますか?

鳩山総務大臣)私も文部大臣をしましたから、伝建地区、ああいうところにいくと本当にいい。重文、国宝とかさまざまなものがあるが、大切にしたいという気持ちがある。中央郵便局は子供のころに兄弟仲良く切手を買いに行った思い出がある。その建物が、重文の価値があるものが、なくなるようことはしてはいけない。

河村)日本のぎりぎりの良心である。現に壊されつつある。「かんぽの宿」は、譲渡するの総務大臣の認可です。かんぽは建物は残る。中郵は壊したらなくなる。「かんぽの宿」よりたちが悪い。

鳩山)日本郵政の財産処分には私の認可は関わっていない。会社分割には関わっている。郵便局会社のものについては、簿価10億以上はかかるが、譲渡するわけではないので、認可はかからない。重文であるものを、なくするのは、慎重に検討する。

河村)今のところは指定していないが、郵政が判をおせば、指定されるもの。

①大成建設が、民営化前に建物の老朽化調査をしている。今回、落札したのは大成。

②設計者の三菱地所から、日本郵政に出向している事実をご存じか?

鳩山)存じておりません。

河村)調査してください。かんぽの宿と同じ入札疑惑がいわれております。

鳩山)(事務方と)相談する。

河村)中郵は少なくとも、文化財保護法2条にある文化財に該当するか?

文化庁)指定・未指定に関わらず文化財である。しかし、重要文化財には所有者の同意が必要ということで指定を行っている。

河村)文化財になると、4条になると所有者の義務、3条では、政府および地方自治体の任務によって、文化財は周到の注意を持って当たらなければならないとある。周到な注意は行われたか?

鳩山)私有財産の処分権と文化財の関係についてはわからないが、文化庁次長が重文級のものだと答弁したのであるから、答弁している。

河村)東京駅舎は重要文化財、その先の三菱一号館は復元されている。一号館は明治の建物、東京駅は大正時代、郵便局は昭和のもので、一帯は歴史の回廊として整備されつつあり、日本の玄関である。内閣でこの問題を話し合ってほしい。私有財産と言っているが、たまたま法律が通って民営化されたもので、これは国民のものだ。

米沢・日本郵政専務執行役)この建物については、建築団体他から保存要望を受けたことを重く受け止めて、平成19年7月に歴史検討委員会を設置し、この提言や技術的な検討などをふまえ、また区や都のアセスや各審議会などの幅広い議論をふまえ、計画を進めてきた。出来る限り行っているので理解をいただきたい。

河村)この計画では、重文にはならないし、登録文化財にはならない。あなたは文化財を壊すと言っている。上の容積率は売れるので、郵政に損害はないはず。

石井・国土交通省大臣官房審議官)大丸有地区については、H14年、特例容積率適用地区指定をおこなっている。

河村)東京都は歴史的建造物を保存する制度をつくっている。国民の財産だ。153人の超党派での議員の会も活動している。少なくとも国会にお伺いをたててほしい。みなさんに守る責務がある。

鳩山)国会で議員の中にそういう動きがあることは承知している。国会に求める類のものではないだろう。かつて文部大臣をやった人間として、国指定の文化財についてはひじょうに重いと、区・都の審議会が了承したといっても、文化庁が重文の価値があると認めればその上にいく。今度の工事によって失われるのでしたら、国家にとっては損失である。重大な問題ですから文部科学大臣と協議する必要がある。

河村)かんぽの宿と同じような入札疑惑があるので、調査してください。

国土交通省が取り壊しになる場合は、とめてもらえますか?

石井)建物の取り壊しについては、とめる法的な権限はない。

河村)郵政に、取り壊しについては、ただちにストップすると言ってください。

日本郵政)ご当局にご理解を賜るよう、よく努力する。

河村)大臣2人が協議すると言ってるのに壊すんですか?

日本郵政)ご当局と相談申し上げたいと思います。

河村)重要文化財になるような建物を目の前で壊していい国にはしない。みんなで守りましょう。日本の玄関ですから。

この模様は、一般紙の全国版でも報じられた。

JR東京駅前にある東京中央郵便局の建て替えに鳩山総務相が「待った」をかけた。昭和初期を代表する建築の局舎を壊すことについて、「重要文化財の価値があるものをなくすのは、トキを焼き鳥にして食べるような話だ」と指摘。不動産ビジネスで収益増をめざす日本郵政の経営戦略が見直しを迫られる可能性が高まった。

 「文化や歴史を大切にする国でなければならない」。鳩山総務相は27日の閣議後会見で、東京中央郵便局の再開発に異を唱えた。前日の衆院総務委員会で「工事で価値がなくなったら国家的損失になる」と発言。連日、建て替えを批判した。閣僚の間でも同調する声が広まっており、鳩山総務相は週明けにも現地を視察する。 (朝日新聞より抜粋)

昨年12月にYouTubeにアップした映像も、報道をきっかけにご覧になっていただけた方もいらっしゃるかもしれない。

|

« 「【超】WORK HACKS!」(小山龍介)★★★★ | トップページ | 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) »

東京」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

近代遺産」カテゴリの記事

コメント

確かに「どんなことだって、大逆転はある。」ですね。もう駄目なのかと思っていましたが、僕も新聞で知って驚きました。どうして今頃になって?とは思うのですが、ひとまず、良かったですね。

投稿: 中西洋一 | 2009年3月 1日 (日) 18時11分

 東京中央郵便局が重要文化財級の重要な建物であることは、以前から皆が知っていたことですよね。「文化や歴史を大切にする国」ならば、始めから、完全なかたちで建物を継承する計画を立てるべきであったようです。
 まだ間に合うので、責任主体は誠意をもって、復旧と保存にあたって欲しいところです。
 私としては「トキの焼き鳥」は見たくもないです。ぞっとするどころか、国民のひとりとして、恥ずかしくて、丸の内を歩く気にさえなれないかも・・・。
 ついでながら、大阪駅前でも一羽の「黒いトキ」が、助けの手も向けられぬまま、瀕死の状態でいるようです。

投稿: Kikuchi | 2009年3月 1日 (日) 20時01分

>中西洋一さん

>確かに「どんなことだって、大逆転は
>ある。」ですね。もう駄目なのかと思って
>いましたが、僕も新聞で知って驚きまし
>た。どうして今頃になって?とは思うので
>すが、ひとまず、良かったですね。

旅に出ていて、ご返事が遅くなりました。

鳩山大臣は本日、視察に出かけ、テレビ、新聞でも大きく取り上げられましたね。

確かに、「どうして今頃」の感は否めません。計画については、昨年6月に発表されていたことであるし、それにさきがけ、建築学会や市民団体だけでなく、国会議員だって、超党派で取り壊しに意義を唱えていました。そんなことすら、総務大臣は知らなかったのか、という思いはぬぐえません。

とはいえ、「何かを始めるのに、遅すぎることはない」とは思います。これをきっかけに、たくさんの方々が文化を考えることになれば、いい方向に進むかもしれませんね。

東京中央郵便局は、日本郵政だけのものではなく、かけがえのない日本全体の文化遺産だと思います。

投稿: 久住コウ | 2009年3月 2日 (月) 18時50分

>kikuchiさん

> 東京中央郵便局が重要文化財級の重要
>な建物であることは、以前から皆が知っ
>ていたことですよね。

知っているのに、壊そうとする人々の考えは理解不能ですね。

>「文化や歴史を大切にする国」ならば、
>始めから、完全なかたちで建物を継承す
>る計画を立てるべきであったようです。

そうはいかないところに、日本の問題があるのでしょう。これは建築にとどまらないことですよね。

> まだ間に合うので、責任主体は誠意
>をもって、復旧と保存にあたって欲しい
>ところです。

同感です。

> 私としては「トキの焼き鳥」は見たく
>もないです。ぞっとするどころか、国民
>のひとりとして、恥ずかしくて、丸の内
>を歩く気にさえなれないかも・・・。

視察に出かけた鳩山大臣も、「国の恥だ」と言っていましたね。
内部の様子は初めて映像で見ましたが、かなり工事が進んでいるのに、驚きましたね。

>ついでながら、大阪駅前でも一羽の「黒
>いトキ」が、助けの手も向けられぬま
>ま、瀕死の状態でいるようです。

大阪中央郵便局も確か、来年着工予定でしたね。こちらも、なんとかならないですかね。

今回の一件を見ると、声をあげ続けることが大事かなと思いました。

投稿: 久住コウ | 2009年3月 2日 (月) 19時13分

久住さま

>内部の様子は初めて映像で見ましたが、かなり工事が進>んでいるのに、驚きましたね。
先ほど、今日の動きを各社の映像で知ったばかりですが、私も内部の変わりようには唖然としました。
本来、今はアスベスト撤去工事の段階であるべきなのに、なぜか耐震壁まで新設されていたり、あの「黒い八角柱」の仕上げの大理石もはがされていてショックでした。これはおかしいです。
鳩山大臣の「泣きたい気分」は、よく分かります。

>今回の一件を見ると、声をあげ続けることが大事かなと>思いました。
まさにそうですね。こういうのは私も初めてです。

>大阪中央郵便局も確か、来年着工予定でしたね。こちら>も、なんとかならないですかね。
やはり民意の盛り上がりが原動力だと思うのですが・・。

投稿: Kikuchi | 2009年3月 2日 (月) 20時10分

kikuchiさん

>先ほど、今日の動きを各社の映像で知ったばかりで
>すが、私も内部の変わりようには唖然としました。
>本来、今はアスベスト撤去工事の段階であるべきな
>のに、なぜか耐震壁まで新設されていたり、あの
>「黒い八角柱」の仕上げの大理石もはがされてい
>てショックでした。これはおかしいです。

中庭の庇が壊されたという情報を聞いた時も、おかしいとは思ったのですが、中庭部分の外観は無惨しかいいようがなかったですね。保存調査というわりには、外壁の壊し方が乱暴だったので、説得力がなかったですね。

>鳩山大臣の「泣きたい気分」は、よく分かります。

鳩山大臣の発言を聞くと、もう少し早くに視察していただければ、ここまで”破壊”されずに済んだのかなと思いました。終わったことを悔いても仕方ないのですが…。

>>>今回の一件を見ると、声をあげ続けることが大事か
>>なと>思いました。
>まさにそうですね。こういうのは私も初めてです。

検見川送信所の調査費問題も諦めてはいません。まだ逆転があるかと思っています。

>>大阪中央郵便局も確か、来年着工予定でしたね。こ
>ちら>も、なんとかならないですかね。
>やはり民意の盛り上がりが原動力だと思うので
>すが・・。

そうですね。東京中央郵便局が話題になったことで、
大阪にも光が当たるでしょうから、その機会を逃す
ことがないようにしたいものです。

追伸

東京中央郵便局効果で、本日アクセスが増えている気がします。

「重文にする会」のホームページが消滅していますね。何か事情を知っていますか?

投稿: 久住コウ | 2009年3月 2日 (月) 21時00分

中郵の今回の出来事は、奇跡のような感じもしますが、でもまだまだこれから山は続きそうですね。壊された部分はどうなるのでしょう。今後の戒めのための負の遺産かな。

>検見川送信所の調査費問題
検見川は、中郵の困難さに比べれば、ずっと順調だと思います。それでも忍耐強さは必須のようですね。

>「重文にする会」のホームページが消滅していますね。
私も全く分からずでした。今調べたら、いろいろあって一時ストップ、URLを変えて再開したらしいので、追って分かると思います。事情を察して見守る時のような気がします。

そうそう、指揮者チェリビダッケの映像がありましたのでお送りしなければ。DVDではなくビデオ録画でした。

投稿: Kikuchi | 2009年3月 2日 (月) 22時17分

Kikuchiさん

>中郵の今回の出来事は、奇跡のような感じもしま
>すが、でもまだまだこれから山は続きそうですね。
>壊された部分はどうなるのでしょう。今後の戒めの
>ための負の遺産かな。

まだ、突破口が開けたという状況ですね。しかし、調査のための解体と説明しておきながら、あの有様はひどい。

>検見川は、中郵の困難さに比べれば、ずっと順調だ
>と思います。それでも忍耐強さは必須のようですね。

壊されていないわけですからね。
ただ、外壁の破損は年々、進行していますね。素人目にそこが心配です。

>私も全く分からずでした。今調べたら、いろいろあ
>って一時ストップ、URLを変えて再開したらしいの
>で、追って分かると思います。事情を察して見守る
>時のような気がします。

これだけ、注目されているのだから、ホームページがあったら、より建物の重要さが伝わるのに、と思ったのです。再開の知らせを待つことにします。

そうそう、指揮者チェリビダッケの映像がありましたのでお送りしなければ。DVDではなくビデオ録画でした。

投稿: 久住コウ | 2009年3月 3日 (火) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44207198

この記事へのトラックバック一覧です: 東京中央郵便局取り壊しに総務相が”待った”:

« 「【超】WORK HACKS!」(小山龍介)★★★★ | トップページ | 湯西川温泉のかまくら祭(GR Digital2) »