« パーゴラのキモッコウ | トップページ | 「迷走する検見川送信所」が毎日新聞で紹介 »

2009年4月29日 (水)

坂本龍一がitunesに有料配信するライブ音源

iTunesストアでの音源購入はミュージックストアカードで決めていたのだが、自分のルールに反して、購入してしまった。

坂本龍一 - out of noise 坂本龍一 - out of noise


iTunes Music Card MA783J/A

坂本龍一氏の4月25日、仙台でのライブ音源。25曲(MC含む)も入って、1500円。

坂本龍一 - sendai 042509 坂本龍一 - sendai 042509

きっかけは新聞に載っていた坂本氏のインタビューだった。

坂本氏は森の再生運動を展開する有限責任中間法人「モア・トゥリーズ」の代表を務めている。活動をしながら、いろいろ気付かされることもある、という。これまでは公演をやると、楽屋に花が届けられていた。花はいつか枯れてしまう。消費したら、おしまい。それだったら、木を植えるための募金をもらえたら。自宅は風力発電、レストランではボトルウォーターは頼まない。あえて、水道水をください、という。そんな内容。

元々、好きだったし、そんな坂本氏の音楽を買うことは、そんな活動の一助にもなるかと思った。

音楽がiTunesで購入できるというのも面白い試みだ。CDを作らなければ、コストもかからないし、環境にも優しい。消費側にとっても、好きな音楽をリーズナブルな価格で手に入れることができる。

ライブだから、MCがあって、客席の咳まで入っている。高音質のスピーカーを通じて聞くと、会場の空気まで感じ取ることが出来る。

昨今、CD不況とは言われるが、音楽不況ではない。音楽は聞かれ続けている。ただ、メディアとしてのCDが衰退したに過ぎない。第一線をいくアーティストは絶えず、最先端の発信方法を考えているというわけだ。

MCもなかなか面白い。

「ここまでは曲を決めているけど、この後は決めていないんです。いつも気分で…。今日は雨が降ってますねぇ」

「ここからは、携帯とデシカメのスイッチをオンにしていいですよ。バシャバシャ撮ってください」

「(曲が終わって)では、スイッチをオフにしてくださいね」

サービス精神旺盛、エンターテイナーである。

« パーゴラのキモッコウ | トップページ | 「迷走する検見川送信所」が毎日新聞で紹介 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/44831229

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一がitunesに有料配信するライブ音源:

« パーゴラのキモッコウ | トップページ | 「迷走する検見川送信所」が毎日新聞で紹介 »