« ウルトラワイドヘリアーの真価 | トップページ | 写真展「迷走する検見川送信所」閉幕しました »

2009年5月30日 (土)

フォクトレンダーのダブルシューと露出計

ライカM8が欲しい。

と思いつつ、高すぎて手が出ません。


【ライカフェア】【送料無料】ライカ Leica M8 ブラック
価格 575,800円 (税込) 送料込

「デジタルは高い金を出しても、型落ちするから、どうせなら、レンズをそろえた方がいい」との意見もあります。そうだよなぁと思って、自分を説得したりもするわけです。

先日、久々にライカM3を引っ張り出して、検見川送信所を撮ってきましたが、やっぱり、フィルムカメラは味があります。フィルムは現像して、CD書き込みしてもらったり、自分でフィルムスキャンしたりするのですが、デジタルとはまったく違った質感。粒子の雰囲気を含めて、魅力的。デジタルがダメというわけではなくて、それぞれ違った長所短所があるという話です。

送信者 検見川送信所(Kemigawa Radio Station)
送信者 検見川送信所(Kemigawa Radio Station)

上がキヤノン30D。下がライカM3(AGFA Vista 100)。アグフアのフィルムらしく、鮮やかな発色です。

ライカM3には露出計がありません。いつもはだいたい見当をつけて、f値とシャッタースピードを決めたり、怪しいなと思った時はGRデジタル2を露出計代わりに使うのですが、ついにフォクトレンダーのダブルシュー(絶版、ヤフオクで)、外付けのVCメーターを購入。こんな感じになりました。

ダブルシューでファインダーとVCメーターをつけた状態 camera


フォクトレンダー露出計 VCメーター II『即納~3営業日後の発送』
メーカー希望価格 26,040円 のところ
楽天特価 20,953円 (税込22,000円)

|

« ウルトラワイドヘリアーの真価 | トップページ | 写真展「迷走する検見川送信所」閉幕しました »

Leica ライカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/45167533

この記事へのトラックバック一覧です: フォクトレンダーのダブルシューと露出計:

« ウルトラワイドヘリアーの真価 | トップページ | 写真展「迷走する検見川送信所」閉幕しました »