« オフィスのお供にブックストッパー | トップページ | ちょっとだけ知りたい人のための「1Q84 BOOK 1」(村上春樹) »

2009年6月22日 (月)

第40回みなづき会展

 電電公社の建築部OBによる美術展「第40回みなづき会展」が東京・京橋のギャラリーくぼたで開催されています。京橋近辺はこうした貸しギャラリーが密集しています。なにか謂われがあるのでしょう。午前、成田で開催された写真展にも来てくださった公社OB、Mさんの方を訪ねて、出かけました。


大きな地図で見る

 建築家による絵画ということもあり、ひと味違います。けっして、建物ばかりというわけではなく、裸婦や人物画、抽象画もあり、バラエティーあふれる内容。精密な筆致もあれば、大胆な省略もある。

 検見川送信所の設計者である建築家、吉田鉄郎も当初、画家を目指していました。画家を目指した建築家の方々は非常に多いんですね。

検見川送信所の資料もお持ちして、Mさんと歓談。ほかの方も興味を持っていただき、結局、1時間半、おじゃましました。「検見川送信所を知る会」の資料なども、お渡ししました。もしかしたら、会場に置いていただいているかもしれません。27日(土)まで。

|

« オフィスのお供にブックストッパー | トップページ | ちょっとだけ知りたい人のための「1Q84 BOOK 1」(村上春樹) »

東京」カテゴリの記事

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/45432871

この記事へのトラックバック一覧です: 第40回みなづき会展:

« オフィスのお供にブックストッパー | トップページ | ちょっとだけ知りたい人のための「1Q84 BOOK 1」(村上春樹) »