« 写真展「検見川送信所2007-2009」予告 | トップページ | iPhone購入記(6)メールでのメリット »

2009年7月23日 (木)

iPhone購入記(5)〜メアド変更はチャンス

ケータイのナンバーポータリティが始まってから、キャリアの乗り換えは以前より手軽になりました。

しかし、メアドが変わってしまうのが嫌だという"メール中毒"の人は少なくない。今のアドレスが気にいっているという人
や、変更すると、仕事に差し障りが出るという意見もあるでしょう。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

背中を押す言葉を書きますと、「一切、問題はありませんでした」(今のところ)。

僕の場合、アドレスはシンプルで気にいっていました。しかし、シンプルがゆえにSpamが多かった。

出会い系や身に覚えのない「当選しました」メールが大量に送られる(汗)。そういう業者はネットにあるアドレスを収集したり、アルゴリズムによって類推されるアドレスに片っ端から送っているのでしょう。

特定ドメインの禁止もしたのですが、今度は、ちがうドメインから送られる。その繰り返し。キリがないんです。

ケータイのメアドはどこで流出するかは分かりませんね。いつのまにか個人情報まで漏れたようで、メールの本文にまで、当選者として、名前が載ったこともありました。逆に、「会費を滞納しているので、支払ってほしい」という依頼も。

こういうメールには一切応える必要はありません。会費滞納の督促状には、「自宅や会社まで伺うこともあります」と書かれている場合もありますが、相手にしてはいけません。無視することが一番です。

僕はフィルターを強化。PCメールは仕事関係のいくつかのドメイン以外は不許可にして使っていました。スパムは来なくなりますが、不便なこともあります。

「ケータイにメールしたけど、返事がなかったけど」と言われることもしばしば。

「ごめん、PCからのメールとURLの入ったメールは一切受け取らない設定にしているんだ」というと、「そうだったのか」と言われたり。飲み会のお誘いでは、居酒屋の場所などをURLで知らせることも多いですよね。

今までのメアドはこうして使いにくいものでしたので、未練が少ないということもあります。

前にも書きましたが、メアド変更はキャリアのサービスを使わなくても、一括送信すれば、大丈夫です。

auの場合、廃止されると、相手にはエラーメールが届きます。重要な案件なら、"メアド変えた?"と直接、電話がかかってきます。逆に、そうでない場合は、急ぎや重要な案件ではないということなんだと思います。

つまり、支障はない、ということです。

それどころか、メアド変更は、いいきっかけではないでしょうか。

懐かしい友人、久しく会っていない仕事相手に連絡をとってみる。人間関係の再構築、ビジネスチャンスもあるかもしれません。

|

« 写真展「検見川送信所2007-2009」予告 | トップページ | iPhone購入記(6)メールでのメリット »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

仕事Lifehack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/45716823

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone購入記(5)〜メアド変更はチャンス:

« 写真展「検見川送信所2007-2009」予告 | トップページ | iPhone購入記(6)メールでのメリット »