« 検見川送信所の碍子は宮内省御用達の香蘭社製 | トップページ | ポメラにマイクロSDを »

2009年7月 2日 (木)

「ネットはバカと暇人のもの」レビュー★★★★

随分前ですが、会社の後輩から「面白いですよ。胸に詰まっていたことが全部書いてあって、スッキリしました」と言われて、読みました。

筆者、中川淳一郎氏はネット関係のライター。実感がにじみ出たネット論です。手元に実物がないし、うるおぼえなんですが、簡単にいうと、「ネットが世の中を変えるなんて、幻想だ。ネットはバカと暇人のものにすぎない、という内容。なかなか辛辣でもあるのですが、恨み節も入っています。だからこそ、面白いのですが。

こうして、僕もブログをやっている以上、「バカと暇人」の一人なのかもしれませんが、筆者の言うことはよく分かります。

ネットでは、しばしば建設的な意見に対して、揚げ足を取ったり、誹謗、中傷したり、といったことが起こります。あるいはストーキング紛いの行為をされ、ブログを閉鎖された方も知っています。過去に、相談を受けたことがあります。人間は、仮面をかぶるといくらでも、凶暴になれるようです。

ブログ運営はある程度、プライバシーをさらすことでもあり、被害に遭う可能性もあるわけです。掲示板やブログでは、誹謗、中傷を削除すると、「自分の趣旨に沿わない意見は削除するのか」と新たに書き込んだり、別の掲示板で同じことを展開されることがあります。

確かに、こうした行為はよほどの暇かちょっとした情熱でもがなければ、やらないでしょうね。

ネットは大きな可能性がある一方、大きな問題も抱えているなぁ、というのが実感です。しかし、これはネット自身の問題というよりは、もっと根本的な問題という気がしています。

反対意見や批判は書くべきではないとは思いません。むしろ、議論は必要だと思っています。ただ、単に反対意見を書きたいだけのコメントや、茶々を入れたいだけのものは意味がないので、聞く必要もありません。これからはリテラシーが重要になってきます。

実社会ではやらない行為はネットでもやらない。

こんなシンプルなルールで、随分快適になるような気がしますが、なかなかうまくはいきませんね。

|

« 検見川送信所の碍子は宮内省御用達の香蘭社製 | トップページ | ポメラにマイクロSDを »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

暇人のひとりです。笑
>建設的な意見に対して、揚げ足を取ったり、誹謗、中傷したり、
価格.comとかは顕著ですね。
昔のニフティのフォーラムはもっと紳士的でした。

私もEeePCネタのブログで経験しました。
一人で複数名を語り(IPアドレスで判ります)、持論を繰り返す人のあまりのしつこさに書き込み禁止の対応をとったのです。
当時のコメント欄はほとんど彼で埋まりました。

「ほどほどに」というのも必要なんだと思います。

投稿: アンビンバンコ | 2009年7月 6日 (月) 20時50分

アンビンバンコさん

>暇人のひとりです。笑

お仲間ですね(笑い)

>価格.comとかは顕著ですね。

そうなんですか? 
価格.comは自分が何かを買いたい時は拝見しますが、
日常的には見ません。
ネガティブ発言の多い掲示板のスレッドは
見ている方もイヤになりますね。
マイナスオーラが漂っているというか…。

この本はちょっと前に読んだのですが、前回コメントいただいた元スレッドを読み、アップしてみました。
検証してみると、同日はやや閲覧率がアップしていましたよ。

>昔のニフティのフォーラムはもっと紳士的でした。

昔のフォーラムは互助会的な意味合いがありましたよね。

>一人で複数名を語り(IPアドレスで判ります)、
>持論を繰り返す人のあまりのしつこさに書き込み禁
>止の対応をとったのです。

アンビンバンコさんのように知識がある方は対処可能なんですが、一般の方は「荒らし」に遭うと、ネット自体にイヤになってしまいますね。

>「ほどほどに」というのも必要なんだと思います。

記事でも書きましたが、隣人の接すれば、問題は起こらないはずなんですが…。

投稿: 久住コウ | 2009年7月 7日 (火) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/45555701

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネットはバカと暇人のもの」レビュー★★★★:

« 検見川送信所の碍子は宮内省御用達の香蘭社製 | トップページ | ポメラにマイクロSDを »