« 東京中央郵便局庁舎保存問題から 大阪中央郵便局庁舎の課題へ | トップページ | 「ネットはバカと暇人のもの」レビュー★★★★ »

2009年7月 1日 (水)

検見川送信所の碍子は宮内省御用達の香蘭社製

「検見川送信所を知る会」の話です。

1日午後、送信所の関係者の方からお話を聞くことができました。知る会宛に碍子も寄贈していただきました(写真は後日)。

碍子というのは、絶縁体のことで、アンテナに付随していたものです。アンテナ取り壊しの時、美しさのあまり、家に持ち帰ったんだそうです。

碍子には「KORAN」との銘があることから、香蘭社製と思われます。

香蘭社楽天市場ショップによれば、佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失った有田焼の再興のため、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作ったのが香蘭社。時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいます。

磁器はお手軽な価格から、超高級品まで、いろいろあります。


三色葉・小皿


★送料無料★[有田焼万華鏡]大型オイルチェンバー 香蘭社 ローズガーデン
3,150,000円 (税込) 送料込

夕方は検見川小学校に出向きました。校長先生と4年生の学年主任の先生が応対してくださり、自主出版した小説「検見川無線のプロジェクトX」を寄贈させていただきました。

4年生は総合学習の中で、地域の歴史を学ぶ時間があるのですが、参考にしてくださるそうです。

送信者 送信所

|

« 東京中央郵便局庁舎保存問題から 大阪中央郵便局庁舎の課題へ | トップページ | 「ネットはバカと暇人のもの」レビュー★★★★ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/45541202

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川送信所の碍子は宮内省御用達の香蘭社製:

« 東京中央郵便局庁舎保存問題から 大阪中央郵便局庁舎の課題へ | トップページ | 「ネットはバカと暇人のもの」レビュー★★★★ »