« 「虫庭の宿」(野口智弘)★★★★ 由布院のブランド力 | トップページ | AirMacでウインドウズPCデータ、プリンタ共有 »

2009年9月11日 (金)

「きっと!すべてがうまくいく」(ジェームズ•アレン)★★★★

20世紀初頭のイギリスの哲学者ジェームズ•アレンに よる人生への応援歌のような言葉が詰まった本。代表 作の一つは聖書に次ぐベストセラーと言われるほど、 売れまくったそうです。

「人々が幸せを求めて旅に出ようとしたとしても、つ いていってはいけない。幸せは、あなたの内側にある のだから」

といった短い言葉に、解説が書かれています。

薄い本なので、3、40分もあれば、読み終わってしまう でしょう。

何かに躓いた時、ページをめくりたくなります。

アレンはデール•カーネギー、ナポレオン•ヒルらに 影響を与えた人で、38歳から作家活動を始め、亡くなる9年間で19冊の本を書き残したそうです。38歳。作家としては遅い方なのかもしれませんが、今 の僕よりも若いんだな。

環境や他人は、自分の鏡だ、といった趣旨の言葉もあ るのですが、これは僕も常々、感じていたことです。

千葉市には、検見川送信所という廃墟があります。

吉田鉄郎という有名な建築家の手によるもので、わが 国に唯一残る大正期竣工の大電力送信所です。日本初の国際放送も行っています。

しかし、1979年に閉局となり、以降は廃墟状態とな り、「薄気味悪い」「治安上問題があるから、取り壊して欲しい」という声が聞かれていました。

閉局後は記念碑も建てられましたが、いまでは朽ちた状態で残っているのみ。

しかし、これは送信所に非があるわけではありません。この状態を作ったのは、千葉市であり、私たち市民でもあります。

今、ある送信所の姿は、千葉市の姿を鏡のように写しているのではないでしょうか。

千葉市では市長、議会議長が逮捕され、千葉県では税金の不正流用が明るみになりました。永年、大型公共事業には目を向けられても、送信所が担った歴史的な意義はほとんど関心は持たれなかったわけです。

しかも、それは数年というわけではありません。30年間という長い年月、放置され続けたのです。

これは、送信所が文化財か否かという以前に恐ろしい話ではないか、と思うのです。

しかし、それは過去の話。新しい市長は来年度、保存に向けた調査を行うと明言しています。利活用が実現すれば、新しく生まれ変わろうとする新生千葉のシンボルとなるでしょう。

それは、きっと!すべてがうまくいく。

この本を送ってくださったまさやんさんに感謝。

|

« 「虫庭の宿」(野口智弘)★★★★ 由布院のブランド力 | トップページ | AirMacでウインドウズPCデータ、プリンタ共有 »

千葉市政」カテゴリの記事

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

「きっと! すべてがうまくいく」、味わっていただき何よりです。

僕はコーチから贈ってもらったことで、この本の存在を知りました。

マイコーチ曰く、
「自分の置かれた境遇(環境)を他人の責任にしている人は、
この本の内容が理解できない。
お互いが得にはならないので、そういう人には贈らないようにしている」と。

ちなみに手前みそですが、
僕のコーチは日本のコーチング界で5指に入る人なんです。
そのような人からこの本を贈られることで、
自分の人間力が認められたことが素直に嬉しい。

そして僭越ながら、
これまでの久住さんの人間力・行動力を拝見して、
久住さんこそ、ここに書かれてあることを実践されている、
と感じ入ったものです。

投稿: まさやん@埼玉 | 2009年9月14日 (月) 08時04分

万事如意!

投稿: Mitch | 2009年9月16日 (水) 08時59分

まさやんさん

返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

>僕のコーチは日本のコーチング界で5指に入る人なんです。
>そのような人からこの本を贈られることで、
>自分の人間力が認められたことが素直に嬉しい。

本を贈る行為は、確かに人を選びます。
本の中身、贈ったその意味を分かってもらえない人にプレゼントしても、ウィンウィンではないですからね。

>これまでの久住さんの人間力・行動力を拝見して、
>久住さんこそ、ここに書かれてあることを実践されている、
>と感じ入ったものです。

僕はそんな立派な人間ではありませんが、そう思ってくださったのなら、それに恥じない行動を取らなくては(汗)。ありがとうございました。

投稿: 久住コウ | 2009年9月23日 (水) 10時06分

Mitchさん

お久しぶりです。

四文字熟語で書くと、こうなりますね。孫悟空が使いのも「如意棒」か。思い通りに動くというわけですね。

投稿: 久住コウ | 2009年9月23日 (水) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/46185267

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっと!すべてがうまくいく」(ジェームズ•アレン)★★★★:

« 「虫庭の宿」(野口智弘)★★★★ 由布院のブランド力 | トップページ | AirMacでウインドウズPCデータ、プリンタ共有 »