« 解体間近か?ダイビル本館(1926年) | トップページ | iPhoneをカーナビに(全力案内!ナビ) »

2009年9月29日 (火)

検見川送信所写真展×和風創作料理の店「壱上」

4月26日から5月31日まで成田の門前画廊で開催した3人による写真展「迷走する検見川送信所展」

送信者 写真展「検見川送信所」

この第2弾となる写真展「検見川送信所2007〜2009」を千葉駅西口徒歩3分の和風創作料理の店「壱上」で開催しています。


大きな地図で見る

写真展については、このほど更新されたホットペッパーの壱上の紹介ページでも取り上げられています。こちらから。

今回の写真展は同店の好意により実現。店の壁を全面ギャラリーとして使わせてもらい、約20点を展示(正確には数えていない)。今回は僕が撮った写真が中心で、店長がトイカメラで撮った作品もあります。成田での写真展同様に、これまでの新聞記事をディスプレーさせていただいています。

前回の古民家を改造した成田の画廊とは打って変わって、夜の社交場でのカジュアルな展覧会。お酒を飲み、同店の売りである鶏料理と釜飯を食べながら、千葉の文化遺産についてもちょっとだけ知ってほしい、というのが意図です。

お店の人の話によると、「この写真はなんですか?」「検見川にこんな場所があるの?」と聞かれることも多いとか。宣伝活動の一環として、TAKE FREEのポストカードも用意させていただきました。ご自由にお持ち帰りください。

レジではインディーズで出版したドキュメント小説「新装版 検見川無線のプロジェクトX」(バージョンアップ版)も販売しています。掛け値なしの実費価格500円(期間限定)で販売中です。うれしいことに残り部数はわずかとか。レジでお店の人に聞いてみてください。

以下の写真は作品を見せるために少し明るめに加工しています。ホットペッパーの写真の方が実際の店舗のイメージに近いと思います。

送信者 写真展「検見川送信所」
送信者 写真展「検見川送信所」

|

« 解体間近か?ダイビル本館(1926年) | トップページ | iPhoneをカーナビに(全力案内!ナビ) »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/46340688

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川送信所写真展×和風創作料理の店「壱上」:

« 解体間近か?ダイビル本館(1926年) | トップページ | iPhoneをカーナビに(全力案内!ナビ) »