« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月27日 (火)

映画「沈まぬ太陽」

すっかりご無沙汰になってしまいました。

通常の業務に加え、年末のボーナス闘争を控え、多忙な日々が続いています。

昨秋来、続いている世界不況、業界の構造的不況が加速度的に進んでおり、ボーナスは●%カットになりそうという悲観的な予測が出る中、なんとか組合員の生活を守るのが執行部の責務だと考え、頭を悩ませている毎日でした。

そんな中、私的な日記も書く気にもなれず、ズルズルと。気が付けば、20日間以上、書かなかったんですね。もし、更新を楽しみにしてくれた方がいたのなら、すみません。また、「あいつ、どうしたんだろう」と心配してくださった方がいたのなら、感謝を申し上げます。

さて、久々に公開初日に映画を見ました。山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」です。公開を待ち遠しく思った映画は本当に久しくありませんでした。この日を逃すと、3時間22分の作品を見られる機会は先になってしまうと思い、24日深夜に蘇我のシネコン「XYZ」に駆け込みました。

原作は1999年、徳間書店の故徳間康快社長が大映・東映の共同製作すると発表した際に読みました。10年の時を経て、再読していますが、当時は気が付かなかった思いが生まれています。それについては後日。

映画の企画はその後、徳間さんがお亡くなりになり、フジテレビが映画化を立ち上げましたが、外部の圧力、内部的な配慮の中で立ち消えになり、ようやく角川書店を中心に映画化の企画が進みました。

この3度目の企画すら、JAL側から様々な圧力があったようで、作品は完成しても公開はできないのではないか、と危ぶまれていました。そうした格闘は主演の渡辺謙のさまざまなインタビューでかいま見ることもできると思います。

映画は原作をよく知っている人には不満の声もあるかもしれません。正直言うと、このシーンははずせないだろうと思った場面もカットされていました。しかし、この大長編をわずか3時間22分に収めるわけですから、相当大胆なカットを敢行しなければなりません。

脚本家は断腸の思いで割愛し、そのエッセンスを伝えようとしたのでしょう。時間や条件を考えれば、よくできた脚本だったと思います。また、若松節郎監督にとってもベストムービーでしょう。手堅い演出でまとめています。

3時間22分。

インターミッションがあえい、異例の長さなんでしょうけど、まったく長さは感じず、むしろ、あと20分くらい長くてもよかったのではとすら感じました。それは作家、山崎豊子の執念であり、この映画に参加したスタッフ、キャストの力なのではないか。素直にそう思えるのです。

御巣鷹山での事故は1985年。521人の尊い命を奪った事故から、24年が経過しました。映画は、亡くなった方々の声なき声を代弁しています。さらに、人間はいかに生きるべきなのかを見せてくれます。

細部には不満はあるわけだけど、よくぞ映画にしてくれた、という思いです。今、すべての人が見るべき映画だと思います。

誰しも、いろんなつらいことはあります。でも、僕らは生きている。だから、それに向き合い、明日から頑張りましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年10月 6日 (火)

検見川送信所「本」に関する公益信託基金の助成

検見川送信所に関する書籍発行について、放送に関する公益信託基金の助成を受けることになりました。11月下旬に大阪で行われる贈呈式に出席する予定です。

助成は取材を対象にしたもので、出版先については決まっていません。本年度中になんとかまとめて、来年度中に出版先を探したいと考えています。

検見川送信所は1926年、逓信省の建築家、吉田鉄郎氏の設計により、竣工しました。1930年10月27日にはロンドン海軍軍縮条約締結を記念した放送を米英に届けました。これが日本で初めての国際放送になったわけです。しかし、周囲の宅地化、通信環境の技術革新によって1979年に閉局。その後、都市計画によって、中学校となるはずでしたが、今日まで廃虚状態のまま、放置し続けられました。

地元で生活する市民の立場から「こんな重要な建物が廃虚のままにしてよいのか」と思い、ネットなどで呼びかけ、2007年夏に有志とともに「検見川送信所を知る会」を発足。現在も活動を続けています。

本年度の完成を目指す書籍では、国際放送の舞台裏を中心に、開局から閉局までを多角的なアプローチで描いていきたいと考えています。執筆はおそらく半分を過ぎたところですが、書き進めるにつれ、検見川送信所の記録を残す意味をより強く感じています。

というのも、国際放送を行った1930年と、それから約80年経った現在の共通点に、気づかされるからです。

1930年という年は世界恐慌の翌年。失業者が溢れ、人々は多大な生活不安を抱える一方、ラジオが躍進的に増えた時代でした。日本の放送は1925年に始まったわけですが、この年、受信契約数は70万人に達します。

もちろん、70万という数は多くはありません。しかし、街頭に置かれた1台のラジオ受信機に黒山の人だかりが出来る時代だったのです。

また、政権交代もあり、改革派の濱口雄幸が首相に就任し、緊縮財政を実行したのです。

また、人々は日々の暮らしの不安と同時に、得体の知れぬ戦争にも脅えていたでしょう。そんな時に、3か国の首脳が軍縮を宣言するわけです。人々の期待はいかばかりだったのか?人々は初めて世界がひとつにつながる瞬間を見た(正確には聞いた)わけです。いわば、グローバリゼーションの始まりのお話であるわけです。

さて、2009年の現代はどうでしょうか? 

08年秋、サブプライムローンの破綻をきっかけに、「100年に1度」とも言われる不況が起こりました。雇用の問題は非正規労働者だけでなく、正規社員にも起こっています。

当時のマスメディアである、ラジオはインターネットに取って替わりました。僕らはオバマ大統領の誕生の瞬間をテレビ、ネットで目撃しました。そして、プラハでの平和演説、「核なき世界を目指す」といった安保理決議もありました。

80年前の出来事が、今とシンクロしているのです。

一方、変わったことも大きいです。メディアの変化、グローバリゼーション…。確かに物理的に世界はつながりました。しかし、本当に世界はつながったのか? そこには素直にYESと言えない部分もありませんか?

科学技術の進歩は、人々の生活を楽にしたのか?

80年前の経済不況の中でも、松下幸之助は従業員を切ることをしませんでした。「従業員を半減にしないと、会社はもちません」との箴言に、松下は「一人の首も切ってはあかん」と言いました。それは「好況も不況も人が作り出したもの。それを人がなくせないはずはない」という確固たる哲学があったからです。松下はこの不況を見事に乗り切り、1930年代後半にはラジオで大もうけをします。

「検見川送信所の物語」では、こうした時代背景なども盛り込んでいきます。

また、検見川送信所の職員、逓信省のトップ、濱口雄幸首相ら様々な人々が登場しますが、それぞれに日本人としてのプライド、大正から昭和にかけての日本人の精神みたいなものが見えてきます。

白洲次郎のような著名人でなく、歴史上では無名の人々が、日本人の誇りをかけて、知恵を絞り、国際放送を成功させる。僕は彼らに非常なシンパシーを覚えるのです。ドラマ、映画の素材としても面白いと思います。

少しでも、ご興味を持っていただける出版社があれば、ぜひお声がけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

BOSE MusicMonitorにブラック登場

PC用の音楽モニター、BOSE MusicMonitor(M2)にブラックが新登場しました。


Computer MusicMonitor (ブラック)

カラーラインナップがシルバーとブラックになり、選択肢が広がりました。ボーズの公式サイトで先行発売されていましたが、3日から一般発売です。

僕が以前、購入したのはシルバーなのですが、これは相当よいです。

【関連記事】
2009年4月25日 (土)
BOSE MusicMonitorレビュー★★★★★

家でも使っていますが、コンパクトなので、パソコンを使った小規模な上映会でも持ち出しています。価格は高いのですが、さすがボーズという納得の重低音。長く使えるモニターだと思います。

PCだけでなく、テレビにつなげて、DVDで映画も楽しんでいます。今まで聞こえなかった音まで聞こえてきますよ。


【送料無料】エントリーで10/3 23:59迄ポイント5倍♪BOSE M2(コンピューターミュージックモニタ...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

野田市郷土博物館(1959年)

僕たちが保存、利活用を訴えている検見川送信所(設計・吉田鉄郎氏)は埼玉・岩槻受信所と対の存在として作られました。この岩槻受信所を設計したのが山田守氏。日本武道館や京都タワーで知られる建築家です。

吉田と山田はともに1894年生まれ。ともに帝大に進み、吉田が1919年に、山田が1920年に逓信省営繕課に入っています。静の吉田、動の山田といわれる対照的な性格の2人は切磋琢磨しながら、日本を代表する建築の設計を手がけたわけです。

その山田が残した野田市郷土博物館(1959年)が開館50周年を迎え、9月27日(日)に同所で記念講演が開催されました。

ナビの案内で、難なく着いたのですが、ちょっと面を食らいました。細い路地を入ると、立派な純和風の門。もっとモダンなものを予想していたもので。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

2009年9月29日 (火)
iPhoneをカーナビに(全力案内!ナビ)

建物自体はもっと面を食らいました。これは「正倉院」ではないですか。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

野田市郷土博物館は山田守作品集(1967年)にも、模型が掲載されているだけ、とか。これまではあまり注目されていなかったようです。しかし、山田守建築を知る上で、重要な建築と言えそうです。

竣工した1959年は、山田(66年死去)にとって、晩年にあたります。山田はこの後、代表作となる日本武道館、京都タワー(ともに1964年竣工)を手がけることになります。

郷土博物館は千葉県初の登録博物館。山田は博物館>収蔵>正倉院>校倉造りといった発想で、この様式を取り入れたようです。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

日本武道館も屋根が六角の法隆寺夢殿をモデルに、屋根は富士山の稜線をイメージして作られていて、いわば、日本武道館の「原型」ともいうべき建物が、この博物館かもしれません。日本武道館の前に、この博物館があることで山田建築の流れが見えるのです。

それにしても、面白いのは、「分離派建築会」という先鋭ユニットを組み、新しい建築のあり方を模索していた山田が日本古来の様式に目覚めていったことです。

特別講演された大宮司勝弘氏は「山田はモダニズムの限界を見抜いていたのではないか」と推察します。

モダニズム建築は機能性に重きを置いたもので、それを突き詰めると、四角い箱となる。しかし、箱型の建物はインパクトがない。ランドマークやモニュメントになりえない。そうしたものは消え行く運命にある。建物が残るためには、特殊性やインパクトが必要。そうでなければ、イコンにはなりえない。

この博物館の場合は、イコンとしての「校倉造」が選ばれたわけです。しかも、それは徹底しています。なんと高床式です。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

同じ「模倣」でも、若者と円熟を迎えた人間がやるのでは訳が違います。山田は過去を敬いながらも、それをモダニズムで消化しています。内部空間には展示物の配置、ライティング、階段の手すりのつながり方は山田らしい創意があります。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

山田守建築は300以上あるそうですが、現存するのは約50。その中でも一般に知られるのは最晩年の日本武道館、京都タワーであることを思えば、「脱モダニズムを目指した」山田は正しかったということなんでしょうね。

送信者 野田市郷土博物館(山田守)

この2つの建物は専門家からは大いに批判され、あるいは無視されたそうです。武道館には「新しさがない」と言われ、京都タワーでは「古都の景観を壊す気か」との非難を浴びることになります。しかし、日本武道館は東京オリンピックによって世界に知られ、で有名になり、その後、音楽の殿堂としても親しまれています。京都タワーは賛否両論を受けながらも、古都の新しいシンボルになりました。

写真はGR-D2にて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iTunes Music Cardがお得

iPhoneを使っていると、ついついアプリを試したくなります。また、ミュージックストアを見ると、CDやレンタルにはない作品もあって、目移りしますね。

最近、購入したのはiTunesLPの一枚。iTunesLPはアナログレコードのような楽しみを、というコンセプトのシリーズ。ライナーノーツや写真、歌詞など特典がいっぱい。

ノラ・ジョーンズのアルバム「COME AWAY WITH ME」(1800円)はミュージック・ビデオも4本収録のほか、ライナーノーツも付属。CDとはひと味違います。

ノラ・ジョーンズは主演映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ 」もよかったです。

ほかには坂本龍一の「Playing The Piano 2009 Japan Fun's Selection」(1500円)も買ってしまいました。これもiTunes限定。この限定という言葉には弱い。ついつい買ってしまう。

Ryuichi Sakamoto: Playing The Piano 2009 Japan Fan坂本龍一 - Ryuichi Sakamoto: Playing The Piano 2009 Japan Fan's Selections

ただ、いろんな物をインストールすると、後でクレジットカード払いの時に驚くはめにもなります。
iTunes Music Cardなら、そんなこともありません。

楽天では図書カードなど金券の扱いをやめてしまいましたが、iTunes Music Cardは継続中。5000円のカードなら、送料無料。これに楽天やクレジットのポイントもつきますから、iTunesの1曲分くらいお得。9月は5000円分2枚、計1万円分購入してしまいました。


iTunes Music Card MA783J/A


ブログネタ: 今、お気に入りの音楽教えて!参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »