« ボーナス交渉妥結 | トップページ | マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」★★★★★ »

2009年11月29日 (日)

高橋信三記念放送文化振興基金贈呈式

秋年末ボーナス交渉は19日に終わったものの、バタバタと予定が続いていました。

20日(金)は大阪・阪急ホテルインターナショナルで行われた公益信託高橋信三記念放送文化振興基金の贈呈式に出席しました。「検見川送信所」に関する書籍出版企画が助成対象となったのです。

送信者 千葉市長、内部見学会

同基金は、民間放送の創始者の一人で、元毎日放送社長の故高橋信三氏の遺志により、放送文化の振興に寄与することを目的として平成5年9月に設立されました。

本年度は7つの研究などが助成対象となり、中には人気脚本家の市川森一さんが理事長を務める「(社)日本放送作家協会」(放送文化資産である脚本・台本の収集保存)も入っています。残念ながら、市川さんは欠席。

代理で出席された方は検見川送信所がある千葉市花見川区在住ということで、「新聞報道を読みました」と声をかけられました。世間は狭いものですね。

式典は毎日放送の山本雅弘会長が賞状を授与し、受賞者が研究内容を報告というスタイル。時間にして、約1時間。詳細は文化振興基金のHPに譲りますが、いずれも埋もれた放送文化の発掘というテーマが評価されたようです。

僕は検見川送信所の重要性を訴えるとともに、インターネットが台頭している今だからこそ、放送メディアのあり方の重要性、見直しが進むべきではないかといったお話をさせていただきました。

<発言趣旨>

「助成のお知らせをいただいてから、この日が来ることを楽しみにしていましたが、遅れてしまい申し訳ありません。私事ですが、組合の書記長を務めており、昨日、年末のボーナス交渉がまとまったばかりで、その雑事が若干残ってしまいました。

ここにはテレビ局の経営側のみなさんもいらっしゃいますが、年末ボーナス交渉は経営側も組合側も大変な思いで迎えていると思います。

昨年来の不況は「100年に1度」といわれていますが、前回の大不況というと、昭和4年の昭和恐慌になるかと思います。

検見川送信所が日本初の国際放送を成し遂げたのは、その不況が漂う昭和5年10月のことです。

当時、ロンドン海軍軍縮条約が結ばれ、日米英の3か国で、これを記念したラジオ放送を執り行おうということになったのです。当時の放送技術は世界的に未熟で、アメリカからは「日本にはその力がない」とさえ、言われました。

しかし、検見川送信所は、その下馬評をはねのけ、見事に成功を収めました。当時の首相、浜口雄幸の平和演説を届けたわけですが、不況にあえぐ人々にとっては、浜口首相の声は希望の声ではなかったか、と思っています。

こうした事実を掘り起こし、みなさんに伝えることで、放送が果たした役割を考えていただきたいと考えています」

僕がボーナス交渉の話をしたのを受けてか、毎日放送の会長、社長は「私ども、社運をかけた会議がありまして」と苦笑いを浮かべながら、途中、退席されました。

組合側だけでなく、テレビ局の経営陣の方々も大変だと思いますよ。

高橋信三とは?(wikipedia)

助成については、取材費30万円+出版費70万円で申請したのですが、取材費30万円の方が認められました。出版社は、自主出版ではなく、出版社を探してほしい、ということでしょうか。

経理報告義務はありますが、発表文献の末尾に高橋信三放送文化振興基金の助成を受けた、との表記があれば、いいようです。隙間を縫って、取材、執筆、出版社探しをしたいと思っています。

|

« ボーナス交渉妥結 | トップページ | マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」★★★★★ »

検見川送信所」カテゴリの記事

コメント

先日は新橋を案内頂き有難うございました♪楽しい夜でしたね。

記事を拝読していて、前回お会いしたときに頂戴した冊子のことを思い出しました。既に拝読しているのですが、近日感想など書かせて頂きたいと思います。

楽しくてすっかりお話するのを忘れていました♪

助成金対象に決まったとのこと、おめでとうございます。

投稿: しぇるぽ | 2009年11月29日 (日) 19時46分

由緒ある基金に、活動内容が認められることはとても意義深いことだと思います。
『検見川無線のプロジェクトX』をベースとした著書、という理解ですが、出版を実現させるに当たって、Webでも機運を盛り上げていきたいですね。

取り急ぎ、ホームページには今回の助成について一報を記したいと思いますが、よろしいでしょうか?

投稿: まさやん@埼玉 | 2009年11月30日 (月) 13時14分

書籍出版企画が助成対象に決まったそうで。おめでとうございます。

事務手続きは面倒でしょうけれど、認めてもらえたことも嬉しいですね。

先日はお世話になりました。すっかり言い忘れてしまいまいたが、過日頂いた冊子も読んでおります。近々感想でも書こうかと思います。

投稿: しぇるぽ | 2009年11月30日 (月) 18時31分

しぇるぽさん

>先日は新橋を案内頂き有難うございました♪楽しい夜
>でしたね。

2軒もおつきあいいただき、ありがとうございました。電車を気にせず、飲めるのはよいものですね。

>記事を拝読していて、前回お会いしたときに頂戴
>した冊子のことを思い出しました。既に拝読して
>いるのですが、近日感想など書かせて頂きたいと
>思います。

ありがとうございます。恐縮です。でも、ドキドキですね。

>助成金対象に決まったとのこと、おめでとうござ
>います。
>事務手続きは面倒でしょうけれど、認めてもらえ
>たことも嬉しいですね。

たぶん、特許の方が大変だと思います(汗)。まだ完成はしていませんが、励みにはなりました。

投稿: 久住 | 2009年11月30日 (月) 19時42分

>まさやんさん

ご返事が遅くりました。

>由緒ある基金に、活動内容が認められることはとても
>意義深いことだと思います。

そうですね。非常に力をいただきました。

>『検見川無線のプロジェクトX』をベースとした著
>書、という理解ですが、出版を実現させるに当た
>って、Webでも機運を盛り上げていきたいですね。

「プロジェクトX」をベースに、「知る会」の活動にも大きく触れていきたいと考えています。
現状の冊子については完売しました。

>取り急ぎ、ホームページには今回の助成について一
>報を記したいと思いますが、よろしいでしょうか?

お願いします。m( )m

投稿: 久住コウ | 2009年12月 2日 (水) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/46889021

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋信三記念放送文化振興基金贈呈式:

« ボーナス交渉妥結 | トップページ | マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」★★★★★ »