« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

「雇用危機をどう乗り切るか」(中野雅至)★★★★

「100年に1度」の不況。そんな中、雇用不安を抱えている人は多いのではないか。

賃金は下がり、労働条件も悪化している。ローンを抱え、その返済にも四苦八苦。ついに我が家も手放した、という話は珍しくない。不況は相変わらずで、派遣切りから始まった雇用調整(クビ切り)は正社員にも及んでいる。

著者は厚生労働省の元キャリア官僚の中野雅至氏。5年先の雇用情勢を描きながら、個人が、国がどうすればよいかを提言する。

雇用危機の原因は、日本独自の終身雇用制度を解体させながらも、その見合うセーフティネットを作らなかったことに尽きる。著者も同様の指摘をしている。

2010年4月には労基法が改正され、残業時間の割増分が増額になる。

同書には詳しく触れていないが、変更点は以下の通り。

(1)残業代割増賃金率の引き上げ
時間外60時間を超える場合には50以上の割増賃金を支払う(現行50%)
(2)特別条項付き協定と時間外労働削減の努力義務
36協定を締結して労基署に届出することによって、限度時間を超えて勤務する時間について、割増率を25%を超える率とするよう努力すること
(3)有給休暇の時間単位取得
年次有給休暇を時間単位で取得することができる。その要件として労使協定の締結や日数は年5日間にすること、時間単位で取得することを希望していることが要件。

これらの法規制が強まることで、労基署は企業の不正なサービス残業や不当解雇に対して取締を強化することが考えられるという。一方、正社員の賃金のあり方が議論されるだろうと見る。「同一労働同一賃金の原則」に従い、正社員の賃金をカットし、非正規社員に配分するという企業が増えるだろうとも予測する。

「考え方」としては正しいし、支持する。例としては、正社員を賃金カットし、非正規社員の正社員化を行った広島電鉄が上げられている。しかし、正社員の賃金カットが行われている中で、この下がった賃金を、さらに非正規社員に配分しようというのは、正社員の理解を得にくいだろう。著者も「給料の大幅なカット受け入れられることのできる正社員などどれだけ存在するだろうか」と書いている。

連合も2010年春闘から、本格的に非正規社員の問題を取り組むとしているが、非正規ユニオン関係者の声は懐疑的だ。

同書は、最後、政策について言及する。雇用の自由化とともにセーフティネットを備えているデンマークの労働政策が日本に合っているのではないか、と提言する。

鳩山由紀夫首相は1月29日の施政方針演説で、「命を守りたい」と切り出し、「命」という言葉を24回も使った。雇用の確保は緊急課題としたが、具体策は示されなかった。

無駄な公共事情の仕分けも大事かもしれないが、公共事業は民間を元気にする側面もある。仕分け事業ばかりで、具体的な成長戦略がないと、デフレからの脱出はない。雇用危機はまさにまったなしだ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

「働き方革命」(駒崎弘樹)★★★★

働くことはどういうことだろうか? その根本を考えた人は少ないのではないだろうか? 

僕の身近なところでは、04年6月、過労により亡くなった人がいる。しかし、過労死は認定されず、裁判を続けている。原告となった夫人は小さな子供を2人抱えながら、大変な苦労をされて、自分の夫がどれだけの労働をしていたのか、証拠集めに奔走し、署名運動などを展開されている。

日本人は基本的に働くことが好きな人種だ。しかし、日本の時間当たりの生産性は主要先進国7か国で最下位だという。同書は、長時間労働の呪縛から離れて、個々の「働き方」を変えていこうと提案している。

それには自己イメージが大事だという。ジュール・ヴェルヌの「人が想像できるものは必ず実現できる」ではないが、人間は自己イメージに基づいて行動する。つまり、できると思えば、できるし、最初からできないと思えば、何も生まれない。イメージが行動を規範するわけだ。

筆者は留学先の米国で、「ジュンセンおやじ」なる人物に出会う。ジュンセンは農業をしながら、中学教師になる夢を持ち、夜間はミニカレッジに通い、留学生を迎え入れるマイホームパパだった。彼は仕事をしながら、家族にも、地域にも貢献している。こんなオヤジになりたい、働くということはお金だけが対価じゃないことに気づく。

「働く」ことは飯を食うためでもあり、人生の何らかの価値を実現することでもある。いろんな価値を実現できることだ、と。

やがて、働くの語源に改めて思い返す。そもそも、「働く」とは「傍(はた)」を「楽」にすることから来ている。自分を楽にして、他人を楽にして、地域を楽にする。つまり、人生を生きることが「働くこと」そのものである。

ITベンチャーの経営者である著者はそれまでガムシャラに働いていた。しかし、働き方を改める。

時間を区切り、効率を上げようとするのだ。具体的には「がんばるタイム」というものの導入だ。これは1時間、電話も受けず、仕事のみに没頭する時間を作るというもの。その考え方を会社にも家庭にも持ち込んでみる。途中、障害も出るが、社員の効率はアップ。仕事が早く切り上げられれば、ほかにもできることができる。家庭で働くことも、地域で働くこともできるというわけだ。

著者が言う「働き方革命」は単に会社で働く、というだけにとどまらない。不況の今だからこそ、経済のあり方や働き方を見つめ直すチャンスではないか、という。

まさにその通り。こうした革命は個人からでも、できるはず。やがて、それが世の中を動かす力になるんだろう。今、読むべき本です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

国際放送80年記念「検見川送信所は何を伝えたか?」イベント予告映像

検見川送信所を知る会第6回イベント国際放送80年記念「検見川送信所は何を伝えたか?」が2月7日(日)午前11時から見学会(内部は入れません)、午後2時から検見川公民館で開かれます。

イベントでは僕が撮影・編集した約20分の映像を上映します。イベント全体の予告編が本日、完成しました。約2分と短いので、見てください。イベントの詳細は「検見川送信所を知る会」HPにて。

今回はMacbookProで製作しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

クリント・イーストウッド監督「インビクタス 負けざる者たち」★★★★★

ネルソン・マンデラ大統領の目線から、95年、南アのラクビーW杯の奇跡の勝利を描く実話。信念とは何か、混迷の時代にリーダーは何をなすべきなのか? 違い(映画では白人と黒人)を乗り越えるためには? など深く考えさせ、最後には大きな希望を与えてくれる。

この素材自体は、「スポーツ映画」で終わるかもしれないが、イーストウッドは「社会派スポーツ映画」という新ジャンルにしてしまった。09年に米国に黒人初のオバマ政権が誕生し、10年はサッカーW杯が南アで行われる。この今を捉えるニュース感覚というのもすごい。

舞台は27年間、収監されていたマンデラが解放された南アフリカ。ラグビー代表チームは白人社会の象徴的な存在だった。敗北を機に、アパルトヘイト政策からの脱却に成功した黒人の評議会はラグビー代表のチーム名とカラーを変えることを圧倒的多数決で可決する。

しかし、大統領になったマンデラは白人と黒人がひとつになるためには、チームの存続が不可欠と熱弁し、票をひっくり返す。その信念にリーダーたるを感じる。

「インクビクタス」(invictus)とは「不敗」「決して負けない」といった意味。収監されながらも、27年間、信念を曲げなかったマンデラ。弱小チームから這い上がるラグビー代表。その姿に高揚するスタジアムを埋め尽くした群集。場外のそして、子供、白人、黒人と、様々な年代、人種で構成される南アフリカの国民。

そんな姿がクライマックスに向かって、ひとつに登りつめていく。世界最強のオールブラックスとの決勝シーンは涙が自然とこぼれた。

ラクビーシーン、スタジアムのモブシーンもリアルで迫力満点。モブ(群集)シーンは合成だが、超自然。監督の技量は群衆シーンの描き方でわかる。どうして、弱小チームが強くなったのかは正直、よく描けていないのだが、それをうやむやにするのがマット・デイモンだ。おそらく肉体改造して、役に臨んでいる。筋肉すごすぎ。

こうやって、書いているだけで思い出し泣きしそうだ。いかん。イーストウッドにやはり外れなし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年1月11日 (月)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

「フリー」(クリス・アンダーソン)★★★★

副題は「<無料>からお金を生みだす新戦略」。これは「freemiumフリーミアム」と呼ばれていますが、「大辞林」には以下のように解説されています。

〔free(無料)とpremium(割増金)の合成語〕 基本サービスを無料で、付加的なサービスを有料で提供するビジネス・モデル。主にネット上のサービスについて言う。

著者のクリス・アンダーソンは、「ロングテール理論」で有名になった「ワイアード誌」の編集長。

どんな商品にもコストがかかっている以上、その受益者が負担すべきではないかと、僕は思います。しかし、無料化の流れは今後、経済の中で止まることはないでしょう。消費者的には「無料」は歓迎なのですが、労働者的には「無料」というのは困ったものです。しかし、21世紀のビジネスは、この<無料>と対峙していかなければいけない。

かくいう僕も、無料で読めるブログの売り上げで得たアマゾンのポイントで、しかもマーケットプレイスで定価よりも安く、同書を購入。フリーミアムの恩恵を受けているわけです。

同書ではフリーミアムがいかに生まれたのか、という歴史の解説から始まり、デジタル世界のフリーでは、グーグルのビジネス、さらに、コピー天国の中国での報告、最後はフリー経済への疑念に応えるという構成。「どうして講演会をオンラインでタダで配信しても、高額なチケットが売れるのか」などのコラムは興味深いです。

この「フリー」がネット上で話題になっているのは知っていたのですが、最寄り駅近くにある書店でも、売り上げ第1位。無料について書いた「有料」の本が相当な金を稼いでいる…。面白いですね。まさにフリーミアムを実践しているような本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »