« | トップページ | 国際放送80年記念「検見川送信所は何を伝えたか?」イベント予告映像 »

2010年1月24日 (日)

クリント・イーストウッド監督「インビクタス 負けざる者たち」★★★★★

ネルソン・マンデラ大統領の目線から、95年、南アのラクビーW杯の奇跡の勝利を描く実話。信念とは何か、混迷の時代にリーダーは何をなすべきなのか? 違い(映画では白人と黒人)を乗り越えるためには? など深く考えさせ、最後には大きな希望を与えてくれる。

この素材自体は、「スポーツ映画」で終わるかもしれないが、イーストウッドは「社会派スポーツ映画」という新ジャンルにしてしまった。09年に米国に黒人初のオバマ政権が誕生し、10年はサッカーW杯が南アで行われる。この今を捉えるニュース感覚というのもすごい。

舞台は27年間、収監されていたマンデラが解放された南アフリカ。ラグビー代表チームは白人社会の象徴的な存在だった。敗北を機に、アパルトヘイト政策からの脱却に成功した黒人の評議会はラグビー代表のチーム名とカラーを変えることを圧倒的多数決で可決する。

しかし、大統領になったマンデラは白人と黒人がひとつになるためには、チームの存続が不可欠と熱弁し、票をひっくり返す。その信念にリーダーたるを感じる。

「インクビクタス」(invictus)とは「不敗」「決して負けない」といった意味。収監されながらも、27年間、信念を曲げなかったマンデラ。弱小チームから這い上がるラグビー代表。その姿に高揚するスタジアムを埋め尽くした群集。場外のそして、子供、白人、黒人と、様々な年代、人種で構成される南アフリカの国民。

そんな姿がクライマックスに向かって、ひとつに登りつめていく。世界最強のオールブラックスとの決勝シーンは涙が自然とこぼれた。

ラクビーシーン、スタジアムのモブシーンもリアルで迫力満点。モブ(群集)シーンは合成だが、超自然。監督の技量は群衆シーンの描き方でわかる。どうして、弱小チームが強くなったのかは正直、よく描けていないのだが、それをうやむやにするのがマット・デイモンだ。おそらく肉体改造して、役に臨んでいる。筋肉すごすぎ。

こうやって、書いているだけで思い出し泣きしそうだ。いかん。イーストウッドにやはり外れなし。

|

« | トップページ | 国際放送80年記念「検見川送信所は何を伝えたか?」イベント予告映像 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/47381087

この記事へのトラックバック一覧です: クリント・イーストウッド監督「インビクタス 負けざる者たち」★★★★★:

» インビクタス/負けざる者たち (試写会) [風に吹かれて]
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 22時50分

» インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作年:...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 00時37分

« | トップページ | 国際放送80年記念「検見川送信所は何を伝えたか?」イベント予告映像 »