« 「微差力」(斎藤一人)★★★★☆ | トップページ | 「働き方」(稲盛和夫)★★★★ »

2010年2月27日 (土)

「運命の人」(山崎豊子)★★★★★

山崎豊子の最新作「運命の人」は1971年の沖縄密約の漏洩事件「西山事件」を基にしたフィクション。西山事件は僕にとって幼少の事件であり、記憶にすらない。

西山事件のあらましはこうだ。

毎日新聞社政治部の西山太吉記者は沖縄返還協定に絡む補償金をめぐって、米国が支払うとされた金が実際は日本政府が肩代わりをしたことを掴む。

しかし、決め手をつかみきれず、その秘密文書のコピーを社会党の横路孝弘と楢崎弥之助に手渡す。疑惑は国会で明らかになり、批判が巻き起こった。

ところが、政府は「密約はなかった」といい、国家公務員法(秘守義務)で情報提供者だった女性事務官と西山記者を逮捕。新聞記者と、その情報源の逮捕という衝撃に、毎日新聞だけでなく、他メディアも表現の自由、知る権利への侵害だとして一大キャンペーンを張るが、検察側は2人が愛人関係にあったことを暴露。裁判では、検察側が起訴状の中に「情を通じて」という文言をあえて盛り込み、セックススキャンダルに仕立て、焦点をぼかす。

「週刊新潮」が2人の関係を興味半分で面白おかしく取り上げたことで、新聞メディアのキャンペーンも勢いを失う。第一審では、女性事務官は有罪、西山記者は無罪とされたが、最高裁では取材手法の違法性、報道の自由は無制限ではないとして、逆転敗訴となった。しかし、肝心の沖縄密約の有無は問われず、うやむやになったままだった。

山崎豊子は事実を基にフィクションを構成する手法で知られる。映画化された「沈まぬ太陽」も御巣鷹山の日航機事故を中心に、信念を貫く労組委員長、恩地の闘い。異例の2クールでドラマ放送中の「不毛地帯」も伊藤忠時代の瀬島龍三がモデルだ。

モデル小説はプライバシー保護の観点から、難しいところがある。より今回は公人ではなく、セックススキャンダルに巻き込まれた主人公と、その相手を描いていることから、小説に仕立てる自体、困難さがつきまとったのではないだろうか?

山崎にはこのリスクを覚悟しても、描きたいという動機があった。山崎は毎日新聞社出身でもあり、マスコミを正面から描くというのは、彼女自身の「けじめ」でもあったようだ。それは横山秀夫が「クライマーズ・ハイ」を書かずにはいられなかったことと同じなんだろう。

2005年4月14日 (木)
「クライマーズ・ハイ」(横山秀夫)★★★★

小説は1、2巻が事件そのもの、3巻がその裁判、4巻では新聞社を退社した主人公は故郷、小倉に戻り、青果店を継ぐも、激しい競争の中で再び失意を味わい、運命に導かれるように沖縄にたどり着く。物語は主人公の魂の旅路ともいえる。

東京で暮らす主人公は沖縄密約を問題視しながらも、沖縄自体については深く知っていたわけではない。現地で暮らし、人々と接することで、沖縄の悲劇の真実を目の当たりにするわけだ。

4巻は沖縄決戦での集団自決の悲劇、戦後の進駐軍兵士によるレイプ事件、米軍による土地の搾取、基地問題などが語られる。それらの悲劇には憤り、深い悲しみを感じずにはいられない。

「沈まぬ太陽」と「運命の人」はより近いものを感じる。

「太陽」の恩地も「運命」の弓成も信念、正義感の持ち主で、はからずも巨大な組織を相手に闘いを挑む。「図らずも」というのがポイントだ。しかし、正義は必ずしも勝利できない。

恩地は不当人事によって、アフリカへと左遷される。一方、弓成は会社を追われるようにして辞職し、逃げるようにして、沖縄に流れ着く。恩地は御巣鷹山事故後に新たに就任する国見会長と出会い、弓成は衰弱しているところを沖縄人に助けられ、「人間の言葉を久しぶりに聞いた」と口にする。「南」の大陸、島の風土が主人公を変えるという設定も同じだ。

組織と個、国家と個は山崎作品の大きなテーマだ。それは山崎がジャーナリスト出身であることも関係しているのだろう。

昨今、ジャーナリズムの弱体化が指摘されてるが、山崎豊子作品は2度の盗作疑惑を差っ引いても、ジャーナリズムを感じる。それは、今日性があるか、どうかだ。

この作品の舞台は71年がメインではあるが、報道の自由、普天間基地の問題、検察による人権蹂躙といったことはまさに現代の問題だ。

新聞記者とは今の問題をえぐることであり、さらに半歩先を見つめることだ。新聞は文字通り、「新しく聞く」メディアであったはずだ。山崎作品は「沈まぬ太陽」で指摘した日航問題が09年になって、再建問題として顕在化したことでも分かる通り、同時代を描き、未来を予測している。

この「運命の人」でも、71年の沖縄密約問題は40年後の今でも、くすぶり続けている。

2009年12月1日には、 吉野文六・元外務省アメリカ局長が「過去の歴史を歪曲するのは、国民のためにならない」と証言し、密約が存在する事実を認めた。さらに同22日、 佐藤栄作元内閣総理大臣私邸から、佐藤=ニクソン共同声明における、核密約に係る覚書文書が発見され、佐藤家が保管していることが明らかになるなど日米密約の事実が明らかになった。

一方、西山元記者が起こした沖縄密約情報公開訴訟はは2010年2月16日、 結審した。判決は4月9日を予定している。

山崎小説は物語というだけではない、「現実」を内包し、問題提起し続けている。必読。


|

« 「微差力」(斎藤一人)★★★★☆ | トップページ | 「働き方」(稲盛和夫)★★★★ »

書評 ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

遅まきながら頂戴した本の感想をアップしました。感想になっている・・・かな?

組織と個、国家と個。なんとも重いテーマですね。必読かぁ・・・読んでみなければなりませんね。

>しかし、正義は必ずしも勝利できない。

本当に実感しますね。でも、損得勘定で正義を曲げた生き方するくらいなら、負けたと言われても構わないとも思います。

勝ち負け自体、他人からの見え方に過ぎませんから。

投稿: しぇるぽ | 2010年2月27日 (土) 23時13分

>しぇるぽさん

レスが遅くなりました。

>遅まきながら頂戴した本の感想をアップしました。
>感想になっている・・・かな?

そうでしたか、拝読します。友人ブログの訪問がたまってしまいました。失礼しました。

>組織と個、国家と個。なんとも重いテーマですね。
>必読かぁ・・・読んでみなければなりませんね。

しぇるぽさんには思うところがあると思います。いくつか読んだ山崎豊子作品の中でも読みやすい。

>>しかし、正義は必ずしも勝利できない。

>本当に実感しますね。でも、損得勘定で正義を曲げ
>た生き方するくらいなら、負けたと言われても構わ
>ないとも思います。

>勝ち負け自体、他人からの見え方に過ぎませんから。

僕もそう思いますが、食うためには曲げるかもしれないなぁ(汗)。

投稿: kuzumik | 2010年3月 7日 (日) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/47666207

この記事へのトラックバック一覧です: 「運命の人」(山崎豊子)★★★★★:

« 「微差力」(斎藤一人)★★★★☆ | トップページ | 「働き方」(稲盛和夫)★★★★ »