« 「NOD32アンチウイルス」レビュー★★★★★ | トップページ | 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ »

2010年3月31日 (水)

ツイッターで政務調査費を語る

2008年度の千葉市議の政務調査費問題が30日付の朝日新聞で報じられている。

「政調費返還求め勧告 千葉市監査委員」 

市民オンブス千葉が自民、民主の25人(※名前はこちら。http://bit.ly/aH7M31)に対し、目的外利用があったと主張。千葉市監査委員は14市議の一部に目的外利用があったとして、返還勧告している。

市民オンブズ千葉は目的外支出額として計11,761,083円の返還を請求。市監査委員側は4,928,369円を認定した。

市民オンブズによる政務調査費の監査請求はなるほどと思う面もあれば、これは政務調査費と認めてもよいと思う部分もある。

たとえば、複数の新聞購読料についても苦言を呈しているが、市議が社会情勢を知るために、新聞を購読するのは問題ないのではないか(新聞購読料は1紙を自己負担していれば、調査費と判断されている)。

朝日新聞には自民、民主の両幹事長の談話が載っている。

「自民会派の小川智之幹事長は『基準に沿い政務調査と議員活動を切り離して請求しているのに納得できない。議員の実情をわかっていない』、

民主会派の布施貴良幹事長は『実際は身銭を切る部分も多く、議員の実態からすると難しい』と反論するものの、返還する方向だという。

無所属・鈴木友音氏のブログ記事「政務調査費の返還勧告について」では「この返還命令の一部については納得のいくものと言いきれない部分もあります」と書く。

鈴木市議は当然、この14人には含まれていないだけに説得力を持っている。

鈴木市議は「特に『政務調査活動』と「政務調査活動以外の議員活動」との違いは曖昧」と指摘。「事務所の経費を政務調査費とそれ以外の部分で2分の1に按分するとなっていますが、やはり定量的に計算することはできない。様々な活動を通じて市民や支援者の方から市政に対する様々な意見をいただきそれを反映させることも重要ですから、2分の1が本当に妥当であるかは疑問です」と書く。

確かに、2分の1の按分というのは明確な根拠はないと思われる。<※按分=あんぶん【按分】. Ads by Google. (名)スル物品や金銭などを、基準となる数量に比例して割りふること>

監査委員も、曖昧さについては問題意識もある。「議員の同族会社との賃貸借契約や親族の雇用についての収支報告書については、現状の議会事務局と市長事務部局でもそれぞれチェックする役割をもつべき」「マニュアルは明確さを欠く部分があり、見直しを図られたい」と要望している。

千葉市の議員報酬と政務調査費についていえば、削減方向にある。市議会では2月1日、市の財政状況を鑑み、議員報酬の削減等について申し出た。 議員報酬の5%削減(効果 約2,500万円)、1人あたり月額30万円交付されている政務調査費を10%削減(効果約1,950万円)。その削減合計は約4,450万円になる。 http://202.212.171.17/shigikai/download/gikaihi220201.pdf

市議の年間の議員報酬・期末手当は1335万円(09年)。しかし、市議の労働量、その責任、職業としての不安定性(任期が切れればただの人)を考えれば、高いとは言い切れるだろうか。

以上のような内容をツイッターで発信していたら、市川市の並木まき市議(民主)がコメントをしてくれた。以下はツイッターでのやり取りを若干、再構成したものだ。経費の処理についての実態が分かるはずだ。

並木市議「市川市の場合、政務調査費は月額8万円。事務所を持っていたとしても事務所費には当然足りない。現地視察や書籍購入、専門情報誌購読などでほとんど消えます。それでも足りない分は報酬から身銭を削ります」

ちなみに千葉市の政務調査費は月額30万円(新年度は27万円)。

「8万円ですか、少なすぎませんか。それを聞くと、千葉市議は恵まれている。すごく基本的な質問ですが、市議には必要経費は認められているのですか?」

並木市議「税務上、確定申告では認められていません。源泉はもちろんあります。経費は、認められないようです。議員報酬はいわゆる役員報酬の性質と同じとみなされるようです。基礎控除などはもちろんあります」

「政務調査費のうち、事務所経費は半分という認定なら、半分は文字とおり、身銭を切ることになるのか、どうか。領収書は政務調査費の方で提出してしまったら、必要経費として税務処理はできないことになりますよね」

並木市議「私の場合、事務所費を政務調査費で使ったことがないので、あまり断定はできませんが、按分した上でそれぞれ計上できるのか、まったく無理なのか、によって変わってきますよね。ちなみに市川市は領収書原本を添付しますが議会によってはコピーのところもあるようですし」

「政務調査費でなくても、経費として事務所費くらい認めてもいいのではないですかね。課税対象になることはない。政党にいる場合、事務所経費は党の支部扱いで会計処理するのですか」

並木市議「民主党の場合、政党寄付金は国会議員と国会議員候補予定者のみ。支部経費でも地方議員は計上できません」

「民主党市川支部の中に並木市議の事務所があるわけではないんですか?」

並木市議「わたくしは事務所を持っていないので、党ウエブサイトには支部を記載しています。民主党では、地方議員は支部所属なので公開の「連絡先」に指定しています。もちろん民主党でも事務所を持っている地方議員は事務所を連絡先にしていますし、わたくしの場合は所属の支部を記載しているということです」

「できれば、個人の事務所は欲しいものですか?」

並木市議「控え室や自宅があるので今は高度な必要性を感じていませんが、選挙になれば選挙事務所は必要ですね」

「選挙はともかく、市民の立場からしても、恒常的な事務所はあったら便利だと思います。市川市の議員報酬ではなかなか事務所費の捻出が難しいですね。僕が市民なら、もっと上げろ、というけど」

並木市議「議員報酬は額面のみで高すぎると議論されるご時世ですが、実態は今のような部分含めて課題が残っていると実感しています。話は飛躍しますが市民がどんな議員、議会を求めていくかで変わってくると思います」

「手取り総額で見ないと、意味がないですよね。サラリーマンも同様に経費は認められないわけですが、だから、市議も経費が認められなくてよい、という話にはならない、と思います」

並木市議「なかなか実態までご理解頂ける方が少ないのか、とかく額面での議論になっています。マスコミの報道を見ても額面ベースで、高すぎる!と批判するので一般市民もそう思ってしまうのかも」

以上。

メディアの問題もありますが、リテラシーという市民側の問題も大きい。一連のツイートは鈴木市議のブログ、朝日新聞、市役所の資料を紐解き、さらに並木市議のツイートで立体的にみえてきたわけです。

山浦まもる市議のホームページによれば、「議員報酬 5%カット(すでに5%カットしていますのでTOTAL 10%となります。)現状で千葉市議の報酬は 18政令市中14位となっています」という。

議員報酬にしても、政務調査費にしても、千葉市は恵まれているのは確か。他に比べて高いから、削れという意見が出るけど、これもどうかと思う。よそにはよその事情があるわけだから。

政務調査費は税金だから、節約するのは当然としても、実際、金はかかるわけだし、正当な政務調査が自己負担になっては、一生懸命やる人がバカを見ることになってしまう。 @ATsZRAさんも言う。「個々の議員がきちんと政策研究を行い充実した議会審議を行うためには、十分なお金が必要でしょう」

「議員の政務調査費に関する件」
概要版http://bit.ly/9ICPQr
全文 http://www.city.chiba.jp/kansa/gyoseikansa/download/juminkansa220329.pdf 

|

« 「NOD32アンチウイルス」レビュー★★★★★ | トップページ | 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ »

千葉市政」カテゴリの記事

コメント

うちは明日から政務調査費なくなります。今までもあってもないのと同然の月3500円。報酬を政務調査費に充当しています。
報酬は月23万円。
それでも市民は報酬が高いというのが大多数。
事務所が必ずしも必要だとも思えませんが、事務所なんかは持てる訳もない。
議員活動は必ずしも人口規模や面積に比例するとは思えない。議員活動も選挙も人口や面積ではなく、従事する時間で左右されるものだと思う。
酒宴は欠かせないという人も多いが、これは社会通念で一般視はされないでしょう。
政令指定都市でも報酬1000万円は高過ぎるのではないでしょうか。当然公務員給与も高過ぎる。
世界的に見ても高過ぎる。
それと議員報酬に期末手当は不要。身分に馴染まない。

投稿: 煩悩 | 2010年3月31日 (水) 22時51分

煩悩さん

お名前通り、苦悩されているのがよく分かります。
地方自体の議員さんでいらっしゃるのですね。平素より、市民のためにありがとうございます。

>うちは明日から政務調査費なくなります。今まで
>もあってもないのと同然の月3500円。報酬を政
>務調査費に充当しています。

3500円では新聞購読して終わりですね。これでは政務調査なんて、できないのではありませんか?

>報酬は月23万円。
>それでも市民は報酬が高いというのが大多数。
>事務所が必ずしも必要だとも思えませんが、事務所
>なんかは持てる訳もない。

23万円は手取りではなく、源泉前ということですね。税金、社会保険料などが抜けると、20万円を切るということでしょうか。

203537円。これは04年の大卒の初任給だそうです。これに比べても、3万円しか違わない。

>議員活動は必ずしも人口規模や面積に比例するとは
>思えない。議員活動も選挙も人口や面積ではなく、
>従事する時間で左右されるものだと思う。

労働の観点でいえば、労働時間という量的な問題、それとなさる効果(質)であろうかと思います。

>酒宴は欠かせないという人も多いが、これは社会通
>念で一般視はされないでしょう。

慶弔は禁止されていたはずですから、いわゆる自己負担はないのでしょうけど、酒宴は割り勘などと考えるべきなんでしょうね。そう考えると、かなり手取り額は減るのではないでしょうか。

>政令指定都市でも報酬1000万円は高過ぎるので
>はないでしょうか。当然公務員給与も高過ぎる。
>世界的に見ても高過ぎる。
>それと議員報酬に期末手当は不要。身分に馴染ま
>ない。

期末手当のそもそもの性格と役割は再度、確認したいですし、参考までに政令指定都市の議員報酬も調べたいと思います。

国や地域によっては本業があって、ボランティア的に議員活動をされている人もいますが、日本においては、なかなか難しいでしょう。

サラリーマンの平均年収は436万円(05年の数値)です。23万円だと期末手当別で276万円。千葉市議の報酬が高いか妥当か以前に、ちょっと安すぎませんか?議員がワーキングプアっていうことになりかねません。

よかったら、またコメントを書いてください。

投稿: 久住コウ | 2010年4月 2日 (金) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/47960616

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターで政務調査費を語る:

« 「NOD32アンチウイルス」レビュー★★★★★ | トップページ | 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ »