« 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ | トップページ | 吉高の大桜を見に行く »

2010年4月 4日 (日)

iCrewレビュー(1)視認性、装着感に不満、不安あるも、サイクリングが楽しくなる

やっと春めいてきた。自転車の季節の到来だ。ということで、以前より気になっていた「iCrew」を購入してみた。iCrewとはiPhoneを自転車にアタッチメントできる商品である。これがあれば、GPSアプリで手元で位置も確認できるし、専用のサイクルアプリを使うこともできる。

ネットで評判を調べてみたが、賛否両論。「自転車生活が楽しくなった」との声がある一方、「ロードバイクに使用したが、道の段差で外れて、道に落下して、iPhoneごと壊れた」「視認性が悪い」などといった声もある。

果たして、購入に足る商品なのか、どうか? さっぱりわからん。そこで、楽天アフィリエイトポイントを使って、購入。「人柱」を買って出たわけだ。

購入したのは以下のショップの以下の商品。送料込み、ポイント10倍というのがうれしい。


【即納】【送料無料】ケースの上から操作可能!□iCrew ■iphoneを自転車やバイクに搭載できる...

まずは梱包箱。

梱包箱を開き、商品箱。アップルの商品を意識した造り。クッションシートに包まり、丁寧な梱包だった。

iCrew本体、簡単な説明書が入っている。取付は非常に簡単。レンチもついている。

今回はBD-1に装着した。BD-1のハンドルは細いので、ゴムをかませるべきか、迷ったが、結局、そのまま装着した。溝のついたベルトをレンチで締めるようなスタイル。装着後も少しアタッチメントが動くので心配だが、以前につけたサイクルメータも同じような状態でついているので、とりあえずはそんなものか、と納得する。

iCrewを横にするのも簡単。単に回転させるだけ。車載カメラ風に使う時は取り付け用レンチを緩めて、位置調整をしなければいけない。

iPhoneユーザーなら、言うまでもないことだが、GPSを起動させると、電池消費が早い。万が一のため、充電ケーブルをつけられるよう、サイクルバッグもつけてみた。

送信者 花見川サイクリングコース10/4/3

写真でも分かる通り、ケースの下の方にスペースがあって、ケーブルの突起部分が収まるようになっている。旧型ケーブルは少し大きいので、収まりが悪いかもしれない。

視認性についてだが、フィルム自体に薄いブルーがかかっていて、通常の明るさよりも抑えられてしまう。やや見えにくくなるが、見えない、というほどでもない印象。ただし、改良改善の価値アリ。

それよりも、操作性が問題か。カバーをかけるので、画面に段差が生じる。端の部分のタッチは反応が悪い。走行中の操作はしない方がいいが…。

今回はiPhoneアプリのBikeMATE LITE(無料版)を使用した。このアプリの使用感については後日、記載するが、バッテリーの持ち状況について言及すると、フル充電状態から約3時間ほどで、約18%まで減ってしまった。予備のバッテリーは必須と言える(対策について後日)。

今回はBD-1でのポタリングであったので、激しいライドではなかったので、iCrewが落下することはなかった。ただ、段差などは注意した方がいい印象だ。

停車中に1度、自転車が倒れた時があったが、その際ケースがアタッチメントから外れた。iPhoneは中には入っていなかったので、無事だったが、停車中などはつけっぱなしにしない方がいい。

価格としては少し高いかなと思うが、iPhone+自転車の組み合わせはグッド。自転車生活が楽しくなるのは間違いない。実際のサイクリングについては後日書くことにする。

それにしても、iPhoneの自転車アタッチメントはあまり選択の余地がないのが残念。自転車メーカー、Dahonが発売する以下のアタッチメントも気になる。


【フォーンマウント】iPHONE用バイクマウント
メーカー希望小売価格 8,925円 (税込)
Vehicle特別価格 7,140円 (税込) 送料別

|

« 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ | トップページ | 吉高の大桜を見に行く »

iPhone iPodTouch 使い方」カテゴリの記事

自転車・サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153718/47993140

この記事へのトラックバック一覧です: iCrewレビュー(1)視認性、装着感に不満、不安あるも、サイクリングが楽しくなる:

« 「坂本龍馬の『私の履歴書』」(八幡和郎)★★★★ | トップページ | 吉高の大桜を見に行く »