« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年5月

2010年5月 6日 (木)

「ベーシック・インカム入門」(山森亮)★★★★ 「働かざるもの食うべからず」は正しいのか?

ベーシックインカム(BI)は「すべての個人が無条件で生活に必要な所得への権利を持つ」という考え方。

著者の山森亮氏は1970年生まれの経済学者。同書は6章立てになっていて、興味によって、どこからでも読めるようになっている。章の終わりには「まとめ」もあるので、おさらいもできる。

この「無条件給付」については疑問がある人もいるだろうと山森氏はいう。自身も90年代にBIについて初めて聞いた時は嫌悪感を持ったと告白する。

(1)お金持ちにも給付するのは馬鹿らしくないか?
(2)働く気のない人に給付するのはよくないのでは? というものだ。

「働かざるもの食うべからず」ということわざがある。

しかし、働けない者は生きる権利はないのだろうか? 

この言葉には逆のことも言える。先祖代々の土地や財産を所有し、不労収入を得ている人はどうなのか? 相続税100%として没収すべきなのか? 

いやいや、すべての個人は生きる権利(生存権)がある。

福祉国家の理念として1)完全雇用 2)社会保険 3)公的扶助(=生活保護)の3つがある。

しかし、実際はどうだろうか? まず、この完全雇用が崩壊し、ワーキングプアが存在する。

生活保護については不正受給がクローズアップされている。不正受給は当然、おかしいが、これ自体がBIへの抵抗感にもつながっているように思える。また、捕捉率も20%と他国に比べて、極めて低い。

生活保護に関していえば、現状の5倍の予算が必要ということになるわけで、こうした事情を考えば、BIの方が政治的な実行可能性は高いのではないか、と投げかける。

ごみ収集、図書館利用など社会のシステムの多くは誰でも利用、参加できるものだが、生活保護に関して言えば、選別の仕組みの中にある。そして、多くの人がそれを当然と考えている。しかし、この選別性は特殊と言える、と山森氏は書く。

BIは突拍子もない考えのようにも思えるが、実は200年以上の歴史を持つ。イングランドの思想家トマス・ペインは18世紀末に原型とも言える考え方を披露している。マーティン・ルーサー・キング牧師が1968年に行った「貧者の行進」もBIを訴えたものだ。

ジョン・スチュアート・ミルは「経済学原理」でこう書く。

「生産物の分配の際にはまず第一に、労働のできる人にもできない人にも、ともに一定の最小限度の生活資料だけはこれを割り当てる」。つまり、BIである、と。

BIを唱える経済学者はけっしてマイナーでもなく、右派左派共通の認識だ。例えば、ネオリベを自称するフリードマンも「負の所得税」という形でBI的な考えを提唱しているという。

BIへ懐疑的な人は2つの疑問を持っている。

1)導入されれば、人は働かなくなるのでは?
2)財源はどうするのか?

また、炭鉱労働者、ゴミの運搬人など危険であったり、汚れる仕事は誰もやらないのでは? との問いもあるが、「現状の労働条件ではしないだろう。しかし、それに値する高賃金を支払えば、働く人はいるだろう。また、それが正しく尊敬を払うあり方だ」とブリュッセルのフーリエ主義者ジョゼフ・シャルリエは言う。

不労の可能性についてはミルトン・フリードマンやミードの考えを例に出す。フリードマンらは労働インセンティブを高める必要があると主張していると披露。山森氏は「不労の可能性があるとは一概には言えない」とまとめる。

財源問題については「奇妙なのは、お金がかかるすべての話に財源をどうするのかという質問されるわけではないことである」「財源をどう議論したいのではなく、単に相手を黙らせたいだけであると思わざるを得ない」と手厳しく言った上で、論を展開していく。

財源の問題については定率所得税派、再分配重視派、消費税派、環境重視派などがあるが、この議論とは別に、どんな税制と社会保障の組み合わせが公正か、効率的なのかと議論が進んでいる、という。

最後には日本でどのようにBIが進む可能性があるのかを提言する。

1つ目は生活保護や児童扶養手当の制度改正。困窮者がいるのに、受給者数が増えない現状を問題視すべきではないか、という。

2つ目は年金の税方式化の推進。払い始めから支払いまでタイムラグがあれば、コストも多大。税方式とすれば、高齢者対象のBIになる。

3つ目は児童手当の所得制限の撤廃。(同書は子ども手当以前に書かれている)。

4つ目は所得控除の給付型税額控除化。現在の扶養控除は課税最低限の低所得層には意味がなく、給付型の税額控除に変えるべき、という。これは英米では導入済み。定額給付金でも、ある程度の経済効果があったわけでBIには一層効果があるのでは、と主張する。

つまり、年金が税財源化され、児童手当が普遍化、増額され給付型税額控除が導入されれば、多くの人が部分的なベーシックインカムを手にすることになる。

システムを簡略化すれば、コストも人件費もカットできるだろう。

BIについては賛否さまざま意見がある。

ツイッターで、本からの抜粋(上記の内容)をツイートしたところ、「BIよりも負の所得税の方が優れている」「BIは自由主義である。金はやるから、後は知らないということにはならないか?」といった意見もいただいた。

「誰でも生きる権利はある」という基本的な考えは賛同できる。急激なBI導入は危険だが、徐々にBI的な政策を取り込むことは可能であろうし、今後とも大いに議論すべきだ。話題のBIだけに、一読の価値ありだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

【買い物メモ】滑らかなローラーボールペン「ラミー スイフト&ティポ」(デザイン:ウルフガング・ファビアン)

ラミーのローラーボールペン「スイフト」(パラジュームコート)を購入した。以前は同じリフィールを使っている「ティポ」を使っていたのだが、少し背伸びしたというわけだ。今回はアマゾンで購入したが、後から見ると、楽天の方が少し安かった。


 【ラミー】 スイフト L331 ブラック/ローラーボール (LAMY swift 331 blk RBP) [★]
価格 4,255円 (税込 4,467 円) 送料別


 【ラミー】 スイフト L330 パラジュームコート/ローラーボール (LAMY swift 330 pal RBP) [★]

ラミーはドイツの筆記具ブランド。設立は1930年(昭和5年)。世界恐慌直後に誕生したということになる。バウハウスの影響も受けていて、モダニズム好きな人なら、気になる筆記具だ。しかも、値段も手頃というのは魅力的だ。ついつい集めてしまうのだ。

LAMYS
ラミーの筆記具

スイフト(1990年)をデザインしたのはウルフガング・ファビアンで、アルスターのシリーズも彼によるものだ。

ペン先収納時はクリップが出現し、ペン先を出すと、クリップは収納される。これによって、ペンを出したまま、胸ポケットにしまうことはない。実用的であり、かつデザインとしても優れている。これはラミー独自の機構で、世界特許を取得しているという。

パラジュームコートを選んだわけは、黒いとどこかに紛れてしまうから。

このローラーボールペンの書き心地はバツグン。筆圧をかけずに、よく滑る。ただ、紙によっては裏までバッチリにじむから注意も必要。モレスキンにもにじんでしまう。

スイフトは少し高いが、「ティポ」は同じリフィールを使っている。こちらはカラーバリエーションが豊富。欲しくなるから、いろいろ出さないで欲しいものだ(笑)

文房具とデスクトップ小物に関するムック「机上空間」(えい出版、税抜1200円)ではラミーの特集が掲載。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

稲毛〜茂原牡丹園78.km

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」。

牡丹は美人のたとえにも使われ、花王とも言われる。その牡丹が250種(2500株)ある茂原牡丹園が見頃を迎えると聞いたので、29(土)にロードバイクでサイクリングした。

そのマップは下にある。行きに予備のチューブを購入するため、ワンズモールに寄ったので、ここをスタート地点とし、ゴールは千葉都市モノレール「天台」とした。実際に走った距離は78.98km。

平均時速:20.3km
最高時速:55.3km
走行時間3:53'26


【30%0FF!!】【期間限定特価!】2010 KHS ケーエイチエス FLITE550 フライト550 ロードバイク

千葉市街を抜けて、茂原街道に出るまで国道16号を通るなど交通量の多い道路を走ることになる。ここはあまりオススメできない。

GWであれば、村田川・瀬又交差点付近(大網街道)、生実池の鯉のぼりは見どころだ。生実池の写真はマップの中にあるが、瀬又の方が迫力はある。

2006年5月 4日 (木)
GWはロードバイクで往復109kmの大網街道 ロングライド 瀬又の鯉のぼり~九十九里~川村美術館 #jitensha

茂原街道からのコースは長柄ダムを越えた鼠坂は約1km以上にも及ぶ下り坂。最高時速55km。行きはよいが、上り坂はきついのは言うまでもない。

送信者 茂原牡丹園

写真は牡丹園前の田園風景。牡丹園は通常、民家だが、で4月下旬から5月上旬、期間限定で開かれる。期間中は獅子舞、和楽器の演奏などイベントなども行われ、1万人が来場するという。イベントの各種情報、開花情報はホームページでチェックできる。

送信者 茂原牡丹園

長屋門は天保8年(1837年)竣工、かやぶき屋根の母屋はさらに古く享保年間(1730年)というから、280年前の住宅ということになる。裏山には洞窟があるが、元々は廃炭を保存していたそうで、戦時中は防空壕としても使われたらしい。長屋門、母屋はともに国の登録文化財になっている。

牡丹の見頃は午前10時と午後3時だそうで、この時間帯になると、シュンと花の形がよくなる、とか。

僕は2時すぎに到着。母屋でそばを食べ、葉を触ると、ゴマの匂いがする「ゴマの木」、モミジの花などを見ながら、花の盛りを待った。

派手なサイクリングウェアを着ていると、「どこから来たの?」などと声をかけられるもので、焼き鳥などを食べながら雑談に花が咲いたりもした。

2010年の開園は9(日)まで。

送信者 茂原牡丹園

稲毛〜茂原牡丹園


Map your trip with EveryTrail

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »