« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月15日 (水)

appleTV~自宅にいながらにして映画レンタル

ロス滞在中に注文したAppleTVが先日、届いた。

旧型はHDD内蔵とあって、高かったが、新型は8800円とお手頃。

しかし、AppleTVとはなんぞ?を説明するのは案外、難しい。iTunesをTVに繋げるもの。それでも、イメージは湧きにくいだろう。

iTunesがテレビになるというのは、音楽や写真、動画が見られるということ。YouTubeや写真投稿サイト、フリッカー、米映画の予告編も閲覧可能。

最大の特徴は映画のネットレンタル。家にいながらにして、DVD化された映画が見られる。気になる映画レンタルの価格は300円から。洋画の新作は少々割高な印象だ。

AppleTV上でも、購入できるようだが、今回はiTunesでやってみた。作品は「戦争と人間」(HD版、300円)。iTunesでダウンロード始めること約30分。AppleTVを開いてみると、きちんと入っている。

appleTVで読み込むまでには多少、時間がかかる。しかし、読み始めると、止まったりすることはない。

「HD」と謳っているが、実際の画質はDVDより落ちる程度。ブルーレイには遠く及ばないが、自室の20インチ液晶テレビで見る限り、こんなもんかな、と思う。それなりに満足できるレベルにはあるかな。

AppleTVの普及の鍵は映画のラインナップ数と価格だ。

2010年12月初旬現在、1000本程度あるようだが、まだ映画ファンを満足させる数にはなっていない。ビデオレンタル店には価格、ラインナップともにインセンティブがある。今や、新作でも100円レンタルの時代だ。ただ、上記の条件を満たした時、appleTVは急速に普及するだろう。

アマゾンと楽天を見たが、appleTVはほとんど出ていない(12月15日現在)。しかし、アップルストアを見ると、「24時間以内に出荷」とあり、アップル側が出荷も完全コントロールしているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

iPhoneの海外利用 (海外パケットし放題&スカイプ)

12月6日~9日、二泊四日という強行スケジュールでロサンゼルスに行ってきた。海外は2007年7月28日 (土)のニューヨーク以来なので、約3年ぶり。iPhone3GSを購入してからは初めての海外だ。そこで、海外での使用感や利用方法などをメモ程度に書いておこう。

たった3年、されど3年である。海外での電話利用、パケット利用は革命的に変化を遂げていた。

●海外パケットし放題

以前は海外用ケータイを借りて出かけたものだが、今回は短期間ということもあり、自前のアイフォンを持っていった。というのも、アイフォンには「海外パケットし放題」というサービスがあり、なかなか手頃で、便利だと聞いていたからだ。

今回はiPhone、iPadを持参。飛行機ではどちらも「機内モード」にセット。そうでないと、着陸後、勝手にキャリアを探しに行くことがあるからだ。

空港に到着後、iPhoneの機内モードを解除すると、iPhoneは自動的にキャリアを探しに行く。「海外パケットし放題」の対象キャリアは米大手の「AT &T」。しばらくすると、接続される。

Photo

注意しなければいけないのは、パケットの使用開始の基準は日本時間になっていること。つまり、「0:00」からでも「23:59」からの使用でも1日分となる。ロサンゼルス到着は日本時間7日午前だったので、日本時間の7、8日の間で使うことにする。

1日の使用料は「1480円」。動画などを使用の場合は2980円だという。今回の旅の場合、2日間で約3000円ということだ。ちなみに、ホテルでのWiFi使用料は$12.95だった。用途にもよるだろうが、大容量のやりとりをしないのなら、iPhoneの「海外パケットし放題」で十分な気がする。

怖いのはソフトバンクが指定するキャリア以外にもつながることだ。

<設定>→<キャリア>→<事業者>を選択となっているが、ハリウッドの山の方へ行ってしまうと、「AT&T」から「MobileT」に接続されてしまう。この場合、ソフトバンクから以下のような警告メールが届く。


米国在留者によると、AT&Tは日本で言えば、ドコモのような存在だそうで、現在、アップルと独占契約中。しかし、エリアカバーはさほど広くないらしく、ハリウッドの山を越えた米大手スタジオ辺りだと、MobileTのアンテナを拾ってしまうらしい。MobileTとの接続中にメールを拾ったりしてしまうと、課金されてしまうので、メールの自動受信などは国外に行く前に切っておいた方がよい。。ソフトバンクはキャリアを切り替えろというのだけど、「自動選択」になっていて、手動で切り替えられない。僕は怖くなって、AT&T圏外に達したら、機内モードにしてしまった。

●音声電話はスカイプで

「海外パケットし放題」は音声通話は対象外。この点も注意が必要だ。

音声通話は主にスカイプを使った。スカイプはスカイプ同士は無料だが、スカイプからケータイ、固定電話にかけるのは有料となる。僕もスカイプを使っているが、あらかじめクレジットしておいた分があったので問題なかったが、こちらも事前にクレジットを入れておくとよい。世界中の固定電話や携帯電話への通話発信の開始価格:2.66¥/分<3.06¥ (VAT込み)>となっている。

Skypeクレジットの有効期間は、最後にクレジットを使って製品や機能を利用した日から180日間。こちらも切れないように注意しておきたい。切れそうになったら、ちょっとだけ使えばいいのである。帰国して残高を見たら、4.30円だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »