モールスキン Moleskine

2011年1月19日 (水)

ブルース・チャトウィン モレスキンを愛した作家

マティス、ピカソ、ゴッホ、ヘミングウェイら芸術家がモールスキンを愛用していたのは有名な話です。そんな一人の中に、ブルース・チャトウィン(1940~1989年)という紀行作家の名前がありました。

「このノートをなくすことはパスポートをなくすことと同じくらい災難だ」という彼の言葉は、モールスキンの帯にも印刷されています。目下、このノートにすべてを書き込んでいるボクは、いたく共感してしまいます。チャトウィンはどんな風にモレスキンに書き込んでいたのでしょうか?

ブルース・チャトウィン本
ロンドンで購入したペーパーブック

http://www.tekhne.jp/product.php?id=1によれば、モレスキンは1986年に生産中止に追い込まれました。(現在の製品は新たに別の会社が復刻したもの)その時、チャトウィンはパリ市内の某書店に残っていた最後の在庫をありったけ買い込んだそうです。


デビュー作となった南米パタゴニアの旅行記。チャトウィンはそのパタゴニアを南下するしていくのですが、そのきっかけとなったことが大変ユニークです。それは彼の幼少時代にさかのぼります。

祖母の家には従兄弟で船長だった人物がパタゴニアから持ち帰ったという動物の革が飾られていました。それは恐竜プロントサウルスの皮の一部と教えられた彼は強い興味を抱きます。

祖母が亡くなったときに、譲り受けることを密かに狙っていたのですが、ゴミといっしょにあっさりと捨てられてしまいます。結局、それは太古の恐竜のものであるわけはなく、ナマケモノの一種で、現在は絶滅種のミロドンだと分かります。

彼は、その皮が見つかった最南端の町を目指していきます。

彼は強風が吹く”風の国”で、さまざまな人たちと出会います。インディオ、入植してきた白人。そこに歴史的なエピソードと、彼の考察が挿入されていきます。

映画「明日に向かって撃て!」のブッチ・キャシディ&サンダンス・キッド、進化論のダーウィン、冒険家マゼラン・・・といった世界的に有名なものから、ボクにはなじみのないものまで。

話は次々に飛んでいきます。ひとつひとつのエピソードはつながっているのか、どうかは微妙。彼は思いつきと飛躍の名人です。

それに戸惑いながらも、読み進めていくと、混沌としたパタゴニアの大地が少しだけ見えてくる気がしました。読み終えると、もう一回読み直してみたくなる本です。

「ウィダの提督」(絶版)/映画「コブラ・ヴェルデ」(こちらも絶版の恐れあり)

この原作を映画化したのが「コブラ・ヴェルデ」。チャトウィンはガーナロケを見学。その時のことを「ヴェルナー・ヘルツォーク・イン・ガーナ」とのエッセーで綴っている。このエッセーは死後、編纂された短編集「どうして僕はこんなところに」に収録された。

ウッツ男爵―ある蒐集家の物語邦訳絶版。

マイセン人形に魅せられた男、ウッツ男爵の物語。ウッツ男爵が亡くなり、そのコレクションが一夜にして、消えた。生前、男爵と会った「僕」はそのナゾを解き明かそうとします。

88年発表の作品で、89年、48歳の若さで亡くなった(死因はエイズらしい)チャトウィンにとっては最後の小説になるそうです。

ミステリーではなく、その人間の実像に迫るという感じ。陶器やプラハという町に詳しくないボクはやや苦労して読みましたが、全体としては軽妙な話。美術商サザビーズの勤務歴や考古学を学んだ経験が活かされているように思えました。万人にお勧めできる類のものではありませんが、不思議な雰囲気を持っています。

この原作は「マイセン幻影」という映画にもなっています。こちらもビデオのみで絶版。渋谷のツタヤでレンタル可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

村上春樹流トラヴェル・ログの付け方 「辺境・近境」より 

旅の手帳をつけている人は少なくない。モレスキンには「インフォブック」という旅専門のポケットノートブックがある。

宿泊先、観光ポイントなどを書き込めるようになっているようだ。僕は使ったことがないが、読み返したら、旅のことばかりが書き込まれている手帳があったら、素敵だろう。

村上春樹氏の「辺境・近境」は「ねじ巻き鳥クロニクル」で舞台になったノモンハンや、アメリカ大陸横断、メキシコなどの海外から、四国への旅、瀬戸内海の無人島での奮戦記など紀行ルポをまとめたもの。

それぞれ興味深かったが、特に目を引いたのは、村上氏のトラヴェルログ術。作家のメモ帳、メモ術ってのは気になる。村上氏はどんな旅行に行っても必ず、トラヴェルログを丹念につけているという。

「僕は人間の記憶というものを−その中でも僕の記憶を−まったくあてにしていないから」というのは、「アメリカ大陸を横断しよう」での記述。

口述を編集者がまとめた、あとがきでもメモ術のことが出てくる。

「旅行しているあいだは、そんなに細かく文字の記録はとりません。その代わりいつも小さいノートをポケットに持っていて、その都度ヘッドラインみたいなものをそこに書き込んでいくんです」

前述の「丹念に」という表現とは矛盾するようにも思えるが、こういうことだ。「日にち」「場所の名前」「いろんな数字」は忘れると困るから丹念にメモをする。

細かい記述や描写は書き込まない。カメラも使わない。自分自身がカメラ、録音機になるそうで、感性を大事にする作家らしいメモ術という感じがした。

しかし、小さいノートって、何を使っているんだろう?モレスキンだったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

モレスキンに合う筆記具は何か? ラミーアルスターがあるスター #moleskinejp

モレスキンを買うと、ちょっと筆記具にもこだわってみたいな、と思ってしまう。そうだ、この際、万年筆を! と思って、ネット検索すると、とにかく値段が高いことに驚くはず。

ちょっとかっこいいなあと思ったのは1万以上。10万円を超えるものも少なくない。

モレスキンはクリーム色の紙が実にいい感じだが、ローラーボールペンのインクは裏写りすることもある。

モレスキンに合う万年筆は何か?

これには、ほとんどのユーザーが試行錯誤しているようで、ネットでも、「ラミーのアルスターがいい」とか、「ペリカンのブルーブラックなら裏写りしない」と書かれている。

ちなみに、紙質ではロディアがいい。ペンを選ばず、である。メモ用には#11に革カバー付きで使っている。胸ポケットに入れて、思いついたことをただ書き、後で整理する。少し大きめの#12もオススメ。

さて、万年筆の話に戻る。こんなに高くては手が届かないと思っていた人も、独メーカー、「ラミー」の万年筆はオススメだ。

万年筆だけじゃなくて、ボールペンやシャープペンもセンスがよい。モレスキン・ファンにも、ラミー好きは多い。

アルスターというラインはアルミ製で丈夫。デザインもよし。

最初に買ったのは、シルバーで、ペン先はEF(極細)。グリップの辺りに角があって、強制的に正しくペンが握れるようになっている。これなら、ハシの持ち方、ペンの握りが変だと言われる僕でも大丈夫。ヨーロッパのペン先は日本製のペン先よりも太いと言われるが、アルスターはそれなりに細い。

色のラインナップも豊富。ペン先はF(細字)、M(中字)とあり、この際、全部そろえてみようかと、いう気にもさせられるのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

05年7月のアマゾンでのモレスキン購入記 モレスキンがモレスキンだった頃 #moleskine #moleskinejp

友人のしぇるぽさんが僕が勧めたポケットサイズの方眼タイプを購入した、という。



以前、楽天ブログで記事を書いていたので、当時は「アマゾン」を「南米」と表記するなど半ば、遠慮がちに購入記を書いているが、05年7月~8月の過去記事をまとめてみよう。

たかだか5年前の記事だが、「モレスキン」は「モールスキン」と呼ばれており、当時はモレスキンブームの序章といった状態だったのだろう。日本のアマゾンでの取り扱いも一般的ではなかったことが分かる。いまでは簡単にアマゾンで安いモレスキンが購入することができる。文末に方眼タイプの取り扱いがない、と書いたが、今ではこれも購入できる。

以下は05年の時点の記事であり、当時、「モレスキン」は「モールスキン」と呼ぶのが一般的だった。表記は「モールスキン」のままとした。

以下05年8月16日のエントリー。


モールスキンのいくつかの商品はアマゾンで買えるが、手元に届くまでは時間がかかるようだ。

7月27日のエントリーで
1 点 Moleskine Plain Notebook Classic
1 点 Moleskine Reporter, 13x21, kariert
1 点 Moleskine Ruled Notebook
1 点 Moleskine Plain Notebook Large
の4点を注文した、と書いたが

8月12日になって、以下のメールが届いた。

Unknown (著) "Moleskine Ruled Notebook" [ハードカバー]
商品の発送が4~6週間ほど遅れます。

"Moleskine Plain Notebook Classic" [ハードカバー]
商品の発送が4~6週間ほど遅れます。


それにしても、すごい遅れ。この分だと、手元に届くのは来月か再来月になってしまう。

以前、アマゾンで輸入盤のレアCDを注文したとき、到着遅れの連絡の末、とうとうキャンセルになったという経緯もあった。今回は来年のダイアリーが届く頃には手元に届くとは思うのだが。

しかし、8月16日になって、その4点のすべてを発送したとのメールが届いた。ナゾだ。

どうも安定供給という感じではないので、急ぎの人にはオススメできないが、とにかく安く購入したい、という方にはいいかも。

amazon MOLESKINE

ポケットサイズ ルールド 739円
ポケットサイズ プレーン(白紙)739円
ラージサイズ プレーン 887円
ラージサイズ レポーター(方眼)1678円

計 4043円

通常はポケットサイズが1600円、ラージサイズが2500円。ラージサイズのプレーンはかなりお買い得だ。

この値段で本当に本物のモールスキンかと疑いましたが、正真正銘の本物。アマゾンはいつから取り扱っていたのだろう? 以前に見たときはマーケットプレイスでの取り扱いだけだったのに…。 

唯一、残念なのは、愛用のラージとポケットの方眼タイプを扱っていないこと。ぜひ入荷していただきたい(2005/8/16記)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

タラ・ハントが語る モレスキンの魅力 「モレスキンはウッフィーを増やすソーシャル・キャピタリストソーシャル・キャピタリストである」 #moleskine

「ツイッターノミクス」のタラ・ハントさんと解説の津田大介さんによるトークショーが4月12日、新宿で行われた。

その際、ハントさんが手に持っていたモレスキンのラージサイズが目を引いた。

「モレスキン」(moleskine)はフランス生まれのノートブックのこと。モレ(mole)とはモグラ、スキン(skine)とは革のこと。撥水性の高い丈夫なカバーに包まれたタフなノートは19世紀後半の誕生以来、変わらぬスタイルを保ち、ヘミングウェイ、ブルース・チャトウィン、マチス、ゴッホらに愛された。

「パタゴニア」で知られるチャトウィンは80年代にモレスキンの生産元が倒産した際、パリ中の文具店を探して、買い占めたという話もある

2006年3月25日 (土)
ブルース・チャトウィンは言う。「モレスキンはパスポートよりも大事な”パリ”ノート」 #moleskineJP #moleskine

今や、100円ショップで安いノートが買える時代ではあるが、タフなノートブックはアーチストだけでなく、アイデアを大切にするビジネスパーソンに広く使われている。変化の多い時代において、変わらないノート。この事実こそがモレスキンの魅力を物語っている。

「ツイッターノミクス」でも、iPodなどと合わせて、わくわくさせる商品例として、3ページにもわたって、モレスキンを取り上げている。僕はiPod、iPhone、マックブックプロのユーザーだから、思わずふむふむと頷いてしまう。

2まずは同書でのハントさんのモレスキン評を読んでもらおう。

「今、売られている手帳がヘミングウェイやピカソが使ったのと同じかどうかは、実のところ分からない。それでもここに出てくる文豪や大画家の名前は圧倒的だ。しかも名前で威圧するだけではない。この手帳は本当によく出来ている。平とじで、真ん中まできっちり開く。カバーは手によくなじみ、紙は上質でインクがにじまない。さらに、ちょっととした資料や名刺を入れられるポケット、使用中のページがすぐわかる栞、バッグの中で手帳が開くのを防ぐゴムバンドと…至れり尽くせりだ。こうした工夫が、この手帳を持つ満足感を高めている」

モレスキンはクチコミで広められた商品の代表選手だと、いう。手帳を人前で開くことが多いから会話のきっかけになる。前述のモレスキンをめぐる物語も、会話のきっかけとなり、一人ひとりのモレスキン体験の共有にもつながっている、と指摘する。

ハントさんはモレスキン教が人々に深く根づいているかは関連ウェブサイト数を見れば、分かる、と書く。グーグルサーチによると、モレスキン関連のブログは61万件もヒットする、という。

試しに日本のグーグルで「モレスキン」を検索してみたら、23万4000あった。おそらく、このブログ「モレスキンとめぐる冒険」も含まれる。このブログはそもそもはモレスキンにとりつかれて、始めた文具ブログだった。デジタル時代、あえてアナログな文具を取り上げるのは面白いんじゃないかと思ったわけ。僕がブログを立ち上げた07年当時はモレスキンはニッチな商品であった。しかし、今では普通に使われるノートブックになっている。

それにしても、どうして、これだけモレスキンが受け入れられたのだろう?

ハントさんは社員自身がモレスキンのファンというモレスキン側の姿勢を指摘する。

モレスキンをテーマにしたグループやページはフリッカーやフェイスブックなどにもあり、コミュニティ創出力はハンパない。こうしたファンの声にもこたえ、無料サンプルを配ったり、フォーラムに参加する。コミュニティにおける振る舞いにも評判がよい。08年にはファンサイトである「モレスキナリー」を買い上げ、公式サイトに昇格させた例もある。

恥ずかしくて書けなかったけど、「モレスキナリー」には当ブログのエントリーも取り上げていただいたことがある。

2010年3 月17日 (水)
久住コウのブルース・チャトウィン レビュー

「ツイッターノミクス」は貨幣に変わる新しい存在として、ウッフィーという考え方を紹介している。ウッフィーとは信頼、尊敬といったものだ。モレスキンはそのウッフィーを増やす存在であり、顧客同士をつなぐ仲介役を果たす「ソーシャル・キャタリスト」の商品であると結論づける。

2010年4月 5日 (月)
「ツイッターノミクス」(タラ・ハント)★★★★ ウェブ社会で必要になるのは金ではない、ウッフィーだ。では、ウッフィーとは何?

それは自分の経験を見ても、同じことが言える。ブログでもツイッターでも、モレスキンをきっかけに、リンクを貼ってくれたり、フォローしてくれたり、といったケースも多々ある。

モレスキンのよさはディテールへのこだわり。ハントは「これはクオリティを高める王道である。どんなものでもディテールはある。だから、そこに気配りしたり、ちょっとした工夫をすればいい」という。「ほぼ日手帳」の人気ぶりも、まさにディテールへの配慮の賜物ではないだろうか。

モレスキンについての記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

「HEROES」にモレスキン

久々にモレスキンのことを触れておこうと思います。

モレスキンとは、フランス生まれのノートブックのこと。モレとはモグラ、スキンとは革で、カバーがモグラ革のような材質であったことから、そう呼ばれました。

詳しいことは過去記事を。

映画やテレビを見ていると、小道具として登場します。有名なのは「インディ・ジョーンズ」「ダ・ヴィンチ・コード」などがあります。

最近、ツタヤもゲオも、人気テレビドラマの100円レンタルをやっているので、「HEROES」シーズン1を見てみました。

出てきましたよ、モレスキン。

「HEROES」は超能力者が突然、世界的に大量発生。地球に起こった危機を救うというストーリー。基本的に、超人たちはひとり一芸なんですが、劇中、超能力者の能力を一瞬にして、吸収するというピーター・ペテロリなる人物が登場します。

そのピーターが、未来の出来事を絵に描くのがモレスキンのスケッチ。(※もしかしたら、ノートの無地かも)。シーズンの後半部分、なかなか印象的なシーンで登場します。


米ドラマは「24」くらいしか見ていませんでしたが、見始めると、クセになりますね。よく出来ています。

モレスキンはちょっと高価なノートブック(定価1890円)ですが、円高の今がチャンス。アマゾンなら格安で買えますね。来年のスケジュール帳もありますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

【書籍】「スタディ ハック」★★★★

他人の7つ道具を拝見するのはちょっと楽しい。
同書では著者、小山龍介氏の「勉強7つ道具」が初公開。僕は勉強というほどのことはしていませんが、仕事7つ道具ということでは似ているかも。

1.iPod
2.ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン
3.ICレコーダー
4.モバイルパソコン
5.モレスキン
6.はさみとのり
7.100円ノート

番外編
8.デジタルカメラ
9.Nintendo DS

だそうです。

以下は付箋を挟んだ箇所を抜粋。

iPodは音楽プレーヤーではない使い方が注目を集めていますね。英会話を勉強したり、講義を聴いたり。僕も、オバマ本を買って、英語は耳慣れしようとしています。

最近買ったのはこれ。

著者はmedia CLUBKINGというのがオススメ、とか。ここではアーティストや文化人の講演、対談が聞けるのだそうです。ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンは持ち運びが多少、邪魔ですが、雑踏の中でも集中できるのでよいです。

持っているのはこれ。

「家庭教師ではなくコーチをつける」
最近、よく耳にするコーチング。コーチというのは勉強を教えるのではなく、モチベーションを把握して、勉強の意欲を維持する存在。
娘は来年、中学受験させようかと思っていますが、勉強を教えることはできなくても、コーチングのように励ますことはできるかも。コーチング本は読んでみたいと思っています。

「ブログやSNSで進捗を報告する」

勉強を続けるのは、ブログで宣言するのもいい、とあります。
そして、進捗状況をお知らせする。勉強をせざるを得ない状況にするというわけ。

友人のブログなどを拝見しても、昨今、ブログは日記的な役割から、将来の目標を実現するためのツールに使っている方は多いですね。たまに商品を紹介すると、多少、儲かったりして。
不況の昨今、多少のこずかい稼ぎにもなるわけです。

最初に書いたとおり、僕は「何か資格を取ろう」とは考えていないのですが、同書は資格や語学力をつけたい、という方にはヒントとなるハックがあるかも。

過去記事

2008年2月29日 (金)
静寂を独占するノイズキャンセリング・ヘッドホン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

モレスキン使いのチャトウィンの傑作「ソングライン」が復刻

モレスキン使いとして有名な作家、ブルース・チャトウィンの「ソングライン」が復刻されることになった。うれしい限りだ。

同書はこれまでは「めるくまーく社」から出されていたが、現在は絶版となっており、プレミアがついていた。最低価格は¥5,885。

絶版本の復刊を望む読書好きが集まる「復刊ドットコム」では、復刊を望む声が寄せられていたが、昨今のモレスキン・ブームで復刻となったのだろうか?詳しい事情は知らない。

新訳版で、英治出版から2月27日発売。復刊ドットコムの案内でも、在庫僅少とあり、出版部数も限られていると思われる。確実に入手するには予約を入れておいた方がよさそう。

チャトウィンの遺作「ソングライン」は「パタゴニア」に並ぶ傑作で、手元に置きたい一冊。

「ソングライン」の過去記事
2006年3月15日 (水)
モールスキンが発売中止

2006年3月25日 (土)
ブルース・チャトウィン「ソングライン」〜10年手帳

内容紹介
オーストラリア全土に迷路のようにのびる目にはみえない道――ソングライン。アボリジニの人々はその道々で出会ったあらゆるもの名前を歌いながら、世界を創りあげていった。かつてのドリームタイムに大陸を旅した伝説のトーテムの物語に導かれ、チャトウィンは赤土の大地に踏み出す。人はなぜ放浪するのか――絶えずさすらいつづけずにはいられない人間のサガを追い求めたチャトウィンが、旅の終わりに見出したノマディックな生き方とは? 紀行文学の最高傑作!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

モレスキンが激安、ユーロ安の影響か

久々にアマゾンでモレスキンの価格をチェックすると、ポケットサイズが1060円、1210円に。

ポケットサイズの定価は1890円。


モレスキン ポケット スクェア・ノートブック 【手帳・システム手帳】
価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

僕がこのブログを始めた頃は1500円だったが、原材料費の高騰を理由に何度も値上げされた。

年末も高値が続いていたような気がするので、最近入荷されたロットがユーロ安の影響で下がったのだろう。

ご存じのようにモレスキンは安くはないノートなので、価格が下がった時にアマゾンでまとめて買うのが賢い。ここは大人買いのチャンスか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

銀座・伊東屋でモレスキンフェア(14日まで)

久々のモレスキンネタ。

iPodTouchで購読している産経新聞での記事

「モレスキン・フェア」が銀座の文具店伊東屋で開催中だ。

これはシティブック東京版の発売を記念したもの。「東京のオアシス」をテーマに、俳優の浅野忠信君、放送作家の小山薫堂氏ら50人のクリエーターが作ったシティブックを展示しているという。14日まで。

伊東屋の近くにはアップルストアもあるので、iPodTouchも体感してみては。

一時、amazon扱いの商品は安かっけど、今は楽天の方が安いです。


イタリア発祥の手帳の老舗モレスキンの旅手帳モレスキン MOLESKINE シティーノートブック東京 T...
2,940 円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧