小屋、ガーデンハウス、ガレージ、隠れ家

2009年5月20日 (水)

「グラン・トリノ」★★★★★

クリント・イーストウッドの監督最新作「グラン・トリノ」は芝刈りをしたくなる映画だ。

米ミシガンを舞台に、米フォードをリタイアした人種差別主義者の元機械工(イーストウッド)とアジア系移民家族の交流を描く。

映画は例によって、イーストウッドらしい切れ味で現代社会の問題を取り上げていますが、会話はいちいち過剰なまでに品がなく、毒があって笑ってしまう。アメリカではイーストウッド監督作最大のヒットとなり、傑作との評判高い。以下の主題歌もよいです。

物語は妻をなくしたところから始まる。生活費には困っていないようで、時間をもて余している。だから、手押し式の器械で芝を刈る。

この芝が実に美しい。

そして、玄関のウッドデッキから日向ぼっこをしながら、芝を眺めて、ご満悦。ブルーワーカーが愛飲する安ビールを飲み、呆としている。時折、目の前で起きる出来事やアジア系の隣人に毒を吐くだけ。

隣人が敷地の芝を入ろうものなら、「俺の芝からどけ」とダーティ・ハリーばりに怒鳴り散らす。このセルフパロディもおかしい。そんな彼がアジア系移民と出会い、変わっていく姿は映画のキモとなっています。

もちろん僕なら、イーストウッドの芝には入らない。怖いから。

また、DIYerにはグラン・トリノや工具を収めたガレージも必見。


SHONAN GARAGING 【SG-1】 3台収容タイプ

ガレージ。いいですよねぇ。我が家にはガレージはなく、自転車置き場(笑)です。隣接して植えた薔薇が見頃を迎えました。

恋心(Lumix G1 NOKTON 40mm f1.4 S.C) 薔薇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

タカダノバル的隠れ家~TAKADA no BAR

タカダノバル君に会いに行きました。タカダノバル君は高田馬場から徒歩五分の裏路地にある。


黒川紀章設計による高田馬場名物ビッグボックス

高田渡はドキュメンタリー映画にもなったフォーク歌手だが、タカダノバル君は人間ではない。

「TAKADA NO BAR」という名前で、バルとはスペイン語で「バー」の意味。高田馬場に引っかけて、高田のバーということだ。それでも、タカダノバル君といったほうが親しみを感じるような気がします。というわけで、僕は勝手ながら、タカダノバル君と呼びたい。

ノバル君のドアには秘密がある。ノブに任せて、押すと開かない。押してもダメなら、引いてみろ、となるわけだが、それでも開かない。

こちらが戸惑っていると、ノバル君のマスターがドアを開けてくれる。

「いらっしゃい」とマスター。実は引き戸だった。「ドアで何度目の来店か分かるんですよ」とマスターは笑う。ちょっぴりいたずらなこのドアは人を試しているのではなく、先入観を捨てようという提案なんだと思います。

敷地はわずか4坪。この広さというか、狭さは案外気持ちよい。隠れ家ファン心をくすぐる。

人間には生まれながらにして、狭さを求めるところがある。生まれながらというか、胎児の頃は子宮に引きこもっているわけです。僕なんか、予定日より2週間くらい長く滞在していた。さらに言えば、子供の頃は押し入れなんかも好きだった。ゆっくり本が読めるので、トイレが好きという人も多い。

狭いところの良さは安心感だと思います。周りは完全に見渡せる。さらに大抵のところに手は届くし、すごく機能的だ。

ちなみに、こちらが僕が自宅に作った1坪未満の隠れ家


さて、落ち着くことにする。しかし、椅子2つだけ。座りたければ、早く来るしかない。「うちはなんでも限定」。安いワインボトルも仕入れているが、こちらも限定。ちなみにこのワイン。安いくせに、なかなか旨いところが心憎い。やるね、ノバル君。


手前にあるのが格安スペインワイン。

さて、まずはビールを引っかけたいところだが、注文を入れると、「○○円頂きます」とマスター。
勘定はいつもニコニコ現金払い。これなら、食い逃げされない。

いちいち払うのも面倒くさい。飲むと、おおざっぱになるしね。そんな時はデポジット。この日は友人検見川送信所HPリニューアルの打ち上げ。1万円お預け入れだ。どうだ。

お任せで頼むと、ワインに合うスペイン小皿料理がさっと出てくる。

女性客がやってくる。やっぱり、ドアのところで、とまどっている。初めての客か。あいにく、椅子は僕らが独占中。

「立ち席しかないんですか?」
「大丈夫ですか?」とマスター。
「友人との待ち合わせですから」

2人の会話に僕らも参戦。
彼女は近くの歯医者の帰りに、寄ったという。店が気になって入ってみたらしい。
「また歯医者の帰りに寄りたいです」
しかし、歯医者とアルコールの関係は、うなぎと梅干しくらい相性が悪い、はず。
「歯医者の後じゃ、まずいんじゃない?」
「大丈夫、今日は抜いていないから」

そんな会話をしているうちに、1人客やら、2人連れ、彼女の連れが入ってきて、狭い店は満席。

僕らはいつの間にか、1人客と話している。
「千葉に検見川送信所ってのがあるです。実はそのHP完成の打ち上げで」と僕ら。
なぜか名刺交換していた。
「ホームページがあるんですか、見ますよ」
「ワイン飲みませんか?」

そんな風にふるまっているうちに、いつの間にかワイン1本を開けてしまった。

知らない人同士をそっとつなぐ力があるんだね、ノバル君というやつは…。

タカダノバル君はここにいる。


大きな地図で見る

TAKADAnoBARの育ち方


★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★【でんき0317】リコー GR DIGITAL II
価格 51,240円 (税込 53,802 円) 送料込

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

●「ドゥーパ」8月号工房特集に刺激され

日本で唯一のDIY誌「ドゥーパ」の最新号が発売された。

「ドゥーパ」は一昨年、DIYに目覚めてからというもの、愛読している。

手造りライフを楽しむDIY解説誌【年間購読】ドゥーパ !
メーカー希望小売価格 5,040円 (税込)
価格 5,040円 (税込) 送料込

今回の特集は「工房作り大百科」。

何度も繰り返されているテーマだが、工房を拝見するのは面白い。

DIYerのみなさんは、それぞれに工夫を凝らされていて、参考になる。工房そのもののアイデアも、さることながら、工房作りに至る背景に共感を覚える。

最初は玄関先でやっていたが、近所の目が気になって、とか、引っ越したら、家具が必要になり、それを作るために工房を作ってしまった、とか。

DIYerは最終的に工房作りに行き着くようだ。

かくいう僕も、工房というには手狭な小屋を作った。
土足で上がれて、雨風を気にしないで済む空間が欲しかったのだ。



入り口はドア一枚分。蛸壺のように奥が広がっているせいか、思ったより広いとの評価だが、やはり狭いは狭い。

最近はこの隠れ家ネタも少なくなったが、近況はというと、梅雨時ということもあって、ロードバイクと折り畳み自転車の置き場と化している。

別に自転車置き場はあるが、こちらは通勤用のクロスバイクと家族の自転車の3台でいっぱい。趣味的な自転車を置けないのだ。

今後は西側のわずかな空きに、屋根をつけた置き場をもうけ、北側にデッキ、物置を作って、拡張したい。
来年辺りは、庭にデッキを作り、屋根も作って、木工をするスペースを確保したいと思っている。

それには、スライドのこが出来るトリトンのワークステーションも絶対欲しい。


【7月下旬入荷予定】トリトン ワークセンター2000(WCJ201)

この雑誌を読むと、夢ばかりが膨らんでしまう。

それには時間もそうだけど、先立つ物だなぁ。そこが一番肝心なところだったりする(汗)。





去年の日記は?


2006/07/10 銚子センチュリーラン



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

夢家工房賞のミニカップボード

30日、DIYコンテスト夢家工房賞の盾(フォトスタンド)と副賞のミニカップボードが届きました。昨日は仕事だったので、やっとお披露目!

夢家工房さん、ありがとうございました!!

石膏ボード用のアンカーまで同封してくださる、きめの細やかさに感激しました。

せっかくですから、受賞作「一人サイズの隠れ家」の前で記念撮影。



床置きも壁かけも可能。さて、どこに飾ろうかなぁ。

写真はCaplio GX100で撮影。


《新品》RICOH Caplio GX100 VFキット
Map価格 59,810円 (税込 62,800 円)







去年の日記は?

2006/07/01 卓上丸のこ置き場は?







| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

●夢家工房賞

僕が昨年秋から冬にかけて作った「隠れ家」が鳥取・島根のDIYサイト「夢家工房」さんが主催した「第一回 夢家工房オープン記念コンテスト」で、夢家工房賞を受賞しました。



詳しい写真はこちら

3等賞になるのでしょうか、でも、サイトの冠をつけた賞というのは価値があると勝手に思っています(笑)。

数少ない受賞歴の中でも一番うれしかったです。自分が自分の欲望のままに作った物が人様の評価を受けることがあるとは思っていませんでしたから。

しかも、副賞まで。素敵なミニカップボード。



ただ一点だけ不満な点が。

夢家工房さんは紹介文で、「奥様とらぶらぶ」と書いてくださいましたが、断固訂正を求めます(笑)。

僕はこのブログで奥様を配偶者と呼んでます。この呼び方も、変わってると言われます。

いやいや、法律的な根拠に基づき、かつ客観的な呼称ではないかと思っているのですが。違います?その配偶者とは「らぶらぶ」どころか、「敵」です。

それを証拠に現在、戦争が勃発しています。
副賞のミニカップボードを見せたら、

「かわいい!私のカップボード」

「おい、私の」は余計だろ?

すると、素直に「そうね」と頷き、
私たちのカップボード、どこに置こうか?」。

敵もさるものです(汗)。







去年の日記は?

2006/06/27 イチゴとエンジェルラベンダー











| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

「MEMO 男の部屋」07年5月号で掲載された隠れ家の写真

「隠れ家スタイル」というブログ名にもかかわらず、最近はガーデニングネタばかり。

「読んでいる人は面白いのかねぇ?」と配偶者は言います。「やっぱりDIYネタの方がいいんじゃないの?」

僕もちょっとそう思っていました(汗)。ガーデニングがいけないのではなく、DIYネタの方がちょっとは期待されているんだろうって。どうなんでしょう?こちらは好き勝手に書いているだけなので、よく分からないのです。

そんな折、「MEMO 男の部屋」の編集部の好意により、雑誌で紹介された写真及び未掲載ショットを送っていただきました。個人の利用ならネットで掲載できるということなので、紹介させていただきます。

「MEMO男の部屋」の写真メモはこちら

狭い隠れ家なんですが、カメラマンの腕にかかると、別の場所のように広い。最近、カメラに凝っているのも、この取材の影響は大きいです。

こちらは僕が最近、撮影した隠れ家。よく見えないけど、ドアにはウエットスーツがぶる下がっています。天井にはウインドサーフィンのセイルを置いています。中は自転車2台。ちょっと作業できる状態ではないです(汗)。


Caplio GX100で撮影


【即納】【代引き料・送料無料】RICOH Caplio GX100 VF KIT
ETM特価 63,791円 (税込 66,980 円) 送料込







隠れ家特集

去年の日記は?

2006/05/25 フォーカルポイントをつける
一から始めた庭造りの様子が分かります。今年の風景と見比べてください。



楽天で探す!









 

コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス




| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

サイクリングのため、隠れ家に地図

本棚を整理していたら、地図が出てきました。ダイソーで売っている100円のもの。去年は本棚に張っていました。このコースを走れば、印旛沼に出て、利根川まで行けるなぁとか。サイクリングコースのことを考えていました。


僕のロードバイクです。そんなに高いものではないです

そう言えば、最近、地図を眺めていません。

実家のトイレには日本地図が張ってあって、よく見ていました。ニュースで聞いたあの地名はここにあるのか、と思ったりして。用をたす間の暇潰しになったものです。

我が家のトイレに地図を張りたい、と思いますが、家人が嫌がるだろうなぁ。(実用的なんですけどね)。

温かくなったし、サイクリングにも出掛けてみたいなぁと思う、今日このごろ。



書斎には貼るスペースが思い付かなかったので、隠れ家のドアに貼りました。



タッカーでバシバシっと。



家の中だと壁に打ち込むことは抵抗がありますが、ここはそこら中、木が剥き出しなので、躊躇がありません。

よし、ここなら、座ってよく見られる。

ちょっと前から気になっていた場所を探しました。おお、意外と近い。

雑誌に載っていた古民家を改造したカフェテリア、近く開催される予定のハーフマラソンの会場(まだエントリーしてない)。直線距離で往復30キロ程度。実際はくねくねしているから、40キロくらいはあるだろうけど、自転車でも、1時間あれば、行けそうな気がします。

今週末にでも探索してみよう。

道中、桜もいっぱい見れそうだ。そうだ、去年行けなかった桜の大木はどこにあるんだっけ?

そんなことを考え始めたら、楽しくなってきたのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

●ミニ恐竜博物館を作る〜隠れ家のコレクションボックス

ボックスを2つにしたことで収納力がアップしました。



早速、海洋堂チョコラザウルスシリーズをディスプレー。100均で買ったビニールの小袋に保管していたのですが、組み立てたりしていますので、案外、時間がかかります。結構入るが、結構持っているなぁ。

ボックスの配置ですが、やはり目線のところに合わせるのがポイント。上の二段は視線に入りにくい。


僕の目線でカメラを撮ってみたところ。見上げる感覚ですね

扉の際(きわ)も、隠れてしまうので、背の低いものは置けません。視線に入らなければ、ディスプレイも意味がないわけです。

小さいお子さんがいるお宅では、大人の目線に合わせれば、子どもにいじられることもないでしょう。

見せる時はだっこしてあげれば、コミュニケーションにもなりますね。

もっとも子供は想像以上に賢くて、興味を持てば、椅子などを持ち出して、ボックスをいじるかもしれません。

やっぱり、ここは隠れ家が必要なのかもしれませんよ。(と言って、僕は隠れ家作りを唆すわけですが)。

これだけ恐竜が並べられると、我ながら、なかなか圧巻。ミニミニ恐竜博物館といった感じ。さらにシールで名前などを入れると、より博物館ぽいかもしれません。


正面から見たところ。画面に収まり切りません


下の段には「レスキュー 119 緊急救命車両コレクション」。恐竜と組み合わせ

コレクションはディスプレイで収納。これがベストでしょう。

【定期購読1年(12冊)】Memo[メモ]男の部屋
価格 6,057円 (税込 6,359 円)

楽天で探す!


ガーデニングしよう!














去年の日記は?2006/03/28 体脂肪率落ちました


コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

隠れ家に食玩コレクションボックス PART2

すっかり買うのをやめてしまいましたが、なぜ食玩が人気あるのかは分かりますね。

やっぱり、日本の狭い住宅事情にマッチしたとでもいうべきなんでしょうか。誰にでも、好きなモノを集めてみたい、という欲求はあります(この欲求は男性に強いようですが)。しかし、飾る場所がない。でも、食玩だと、デスクの上にも並べられるし、ジャストサイズなんでしょう。

それでも、チリもつもればとやらで、コレクションを並べることには苦労します。買ったはいいけれども、物置にしまっておくっていうのではもったいないないです。

隠れ家ににコレクションボックスを設置するというのは我ながら、いいアイデアだと思いました。ここなら、家人も文句は言わないし。



しかし、これでも足りなくて、また、ホームファッションニトリコレクションボックス買ってきました。1990円だったでしょうか。



これで収納力は倍増。さて、どんな風に並べてみましょうか。

【定期購読1年(12冊)】Memo[メモ]男の部屋
価格 6,057円 (税込 6,359 円)

楽天で探す!


ガーデニングしよう!














去年の日記は?2006/03/27 ジョギングコースに桜咲く


コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

「Memo男の部屋」にマイ隠れ家が掲載

僕の隠れ家が掲載された「Memo男の部屋」が26日発売されました。

出版社からは2冊送られてきました。


【定期購読1年(12冊)】Memo[メモ]男の部屋
価格 6,057円 (税込 6,359 円)

同誌は中年男性を対象にした月刊のライフスタイルマガジン。今回の特集は「極小空間のカタチ」というもので、1坪未満の隠れ家が紹介されました。



楽天ブログを通じて、友達になったアンビンバンコさんのバイクガレージも掲載されています。

僕はアンビンバンコさんのガレージに刺激を受け、昨秋から小屋を作りました。彼の方は「マイガレージスタイル」に続き、2冊目の書籍登場。すごい!



僕の隠れ家作りは正月に塀を作ってひと区切り。その後はスキーをしたり、マラソンを走ったりしてDIYの方は休止状態でした。しかし、取材を受けたことを機に、小屋作りを再開(後の祭りですが)。

コレクションボックスと棚を増設、ドアの隙間を補修。





今後は基礎を途中までやりながら、3か月放置していた北面のミニデッキに着手するつもりです。

進化(?)した隠れ家をお見せできるかなぁ。

この雑誌ですが、僕の記事はともかく、DIYやインテリア、建築に興味ある人には面白いと思います。

【定期購読1年(12冊)】Memo[メモ]男の部屋
価格 6,057円 (税込 6,359 円)

楽天で探す!


ガーデニングしよう!














去年の日記は?2006/03/26 使わなくなったダイアリーは?


コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス








| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧