レンガワーク、ペイビング

2007年5月15日 (火)

レンガの花壇作りPART3

13日のことですが、ハーフマラソンから帰ってきて、花壇作りに取りかかりました。

BEFORE 前部分が未着手です


左側は窯、右はパーゴラ下のレンガで挟みました。


Caplio GX100で撮影

インスタントモルタルの残量が怪しくなり、最後は溢れた分をかき集めては突っ込み、かき集めては突っ込みの繰り返し。それでもちょっと足りなかった。目地部分が埋められませんでした。しかも、右側の角がないでしょ。


中の白いバラはバニラボニカで鉢植えです、Caplio GX100で撮影

しかし、買うほどの足りなさでもないんですよ。モルタルは余ると、保存に困るんです。水が入ると固まってしまうから。

作業がひと段落した頃、お隣のSさんが帰宅。

「ダメ元で余っているモルタルはないですか?」と聞いてみました。Sさんはダストスペースに木枠カバーを作ってくれた方。Sさんがスモーク窯を作り、僕は追うようにしてピザ窯を作ったのでした。

「ありますよ!」

持つべきは、モルタルを貸してくれる隣人です。そんなにめったにはいないか。

Sさんは目下、自転車置き場を製作中。先日、レンガの下に敷くケイ砂を上げたので、そのお返しということでただで譲り受けました。

頂いたモルタルはまだまだいっぱい入ってました。後で細かい目地を埋めることにします。

小さい花壇かと思いきや、土はそれなりに必要そう。京成バラ園のバラ用土3袋は購入済みなんですが、明らかに足りない。

さすがにバイオゴールドの土じゃ、高くつくし。


バイオゴールドの土15リットル
価格 1,620円 (税込1,701円) 送料別





隠れ家特集

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

●石窯脇に、レンガで花壇を製作中

昨日は北志賀から帰って、夜は新宿ゴールデン街で飲み。4軒回って、最後は知り合いの店で一人飲みました。飲んだぁって感じ。当然、ヘロへロな状態で帰ってきましたが、夜はバラに水やりをしました。家人は一応、やってくれたみたいで、みんな元気にしていて、ホッ。

さて、写真は石窯の隣。



ここは石窯に隠れてしまうこともあって、ついついいろんなものを置いてしまう。物置場と化しています。

リビングの窓を開けると、ここが目に留まるので、ずっと前から気になっていました。

ここは花壇にしてバラを定植する場所にしようと思います。

北志賀に行く8日、時間があったので、作業をしました。7時からオープンするホームセンターに行き、ジェイドブリック40個(各97円)を購入。ジェイドブリックはパーゴラ下の花壇に使ったものと同じです。

軽く仮置きしました。



このレンガの魅力は安いってこと。それと焼きむらに味わいがあります。

レンガを互い違いにつむことで強度をつけます。なので、半マスのレンガを作ります。

ちょうど2006/05/09の日記が レンガを切るという話ですが、軽く紹介すると、レンガに鉛筆で線を引っぱって、ディスクグラインダーで四方を切ります。

庭サンダルがついに壊れて、ビーチサンダル。本当はデッキシューズなどカカトのある靴をはかないと危ないです(汗)。



切れ目にタガネで差し込んで、ハンマーで叩くと、2つに割れます。



写真の露出がひどくて、すみません。

インスタントモルタルは買い置きを使いました。ただ、一部、雨に濡れて固まっていました。

久しぶりで、やり方もほぼ忘れていましたが、今回の作業は見えないところなので、適当。この後、水をかけて余ったモルタルを流したので、少しは見られるものにはなっていますけどね。でも、テキトー。



雨水対策で、右側に向かって、傾斜を入れているので、正面をやるときは右側を少し盛らないといけません。



こういうものは少し遠くから見たほうが出来映えがよさそうに見えます(笑)。なんとなく、雰囲気が分かってもらえるでしょうか?



今日は午後から雷雨ということなので、レンガワークはしないほうが賢明のようです。休みにしてしまったので、ウインドサーフィンにでも行ってきます!!



隠れ家特集

去年の日記は?2006/05/10 レンガ80個


一から始めた庭造りの様子が分かります。今年の風景と見比べてください。



楽天で探す!









コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス



| | コメント (10) | トラックバック (0)

●レンガの花壇作りPART2〜ザ・ウォールからサ・イラ希望あれ

今日は天気予報通り、夕方から雨。花壇造りはやらなくて正解でした。

前回の続きで、今はどうなっているか?というと、余分なモルタルを洗い流して、少しはレンガの花壇っぽくなりました。

BEFORE



AFTER



後ろの壁は完成です。

壁といえば、僕の好きなアルバム。ピンク・フロイドの「ザ・ウォール」。


ザ・ウォール

ロジャー・ウォーターズの才能です。暗いですけど、これは傑作です。DIYをしているときは、ほとんど音楽を聴きませんが、突然、頭の中でメロディーが流れたりして…。

ロジャーは去年、オペラアルバムを出しましたね。フランス革命を舞台にした話だそうです。この人はどこへ行くのでしょう。

ロジャー・ウォーターズ/サ・イラ〜希望あれ(3ヶ月期間限定盤)
価格 6,000円 (税込 6,300 円) 送料別

先日、大仕事をしました、と書きましたが、賞が出ることになりました。もう少しランクの大きな賞を期待していたのでしたが、そこまでは届きませんでした。

まあ、よかったかもしれません。次回、頑張るための目標ができました。サ・イラ!希望あれってことで。

のんびりしているような毎日ですが、一応、仕事もちゃんとしています(笑)。



隠れ家特集

去年の日記は?2006/05/10 レンガ80個


一から始めた庭造りの様子が分かります。今年の風景と見比べてください。



楽天で探す!









コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

●久々のピザ窯

昼間は京成バラ園やホームセンターなど買い物に行き、夜は久々にピザ窯。配偶者はバーベキューはやりたくないというので、配偶者は家の中で焼きそばを調理。僕は娘と火を起こしました。

薪は窯の下に入っていますが、薪は使わず、端材が主な材料です。木はいっぱいあるので。



本当はピザ生地から作りたいものですが、帰りがけに買った冷凍ピザ。でも、これも善し悪しがありますね。

2枚入りの小さいヤツを買ってきましたが、1枚目は黒こげに(汗)。2枚目はなんとか。でも、ちょっと物足りなくて、いつものスーパーの大きいサイズとサツマイモ(2個で200円)を買い足しました。

薪で窯を温めて、その熱で焼くわけですが、おき火になるまでは待たず、燃焼中でも大丈夫です。火の上にピザを載せたフライパンを置きました。



1、2回目の失敗は窯を密閉させなかったことにあったようなので、3度目はしめました。



チーズの匂いがしてきたら、出来上がりの合図です。こげることの恐怖か、今回もちょっと焼きが足りない気もしましたが、久々ということで(汗)



お隣も、バーベキューをしていましたので、お裾分け。お礼に、いろいろともらいました。娘はいつのまにか、隣のバーベキューに加わっているし(笑)。

こちらは配偶者が作った焼きそば、実家からもらったタケノコで作った煮付け。





最後、サツマイモをぶちこんでおしまい。お腹いっぱいになったので、焼き芋は次の日に持ち越しです。

ピザ窯作りの顛末はこちらから。

楽天でピザを探す。
ピザ本体、石窯、ピザが焼けるトースター、デロンギのピザストーンなどが出てきますよ。気になる言葉を足して、検索してみてください。

隠れ家特集

楽天で探す!










去年の日記は?2006/04/30 これは何という花?


コールマン/ジョギング/モールスキン/楽天ブックス



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

勝手口のペイビング

29日(日)、木材の塗装の合間に手をつけたのは、勝手口のレンガ敷きです。

前回、ここまでやりました。



DIY以前はなじみのない言葉でしたが、こうしたレンガワークを「ペイビング」と呼びます。

ガーデンペイビング改訂版

勝手口をペイビングしようと思ったのは、自転車置き場のレンガを敷き直したら、レンガがいくつも余ったのがきっかけ。

おそらく、これはベルギーレンガと言われるもの。厚さがなくて、割とこぶりなので、人が歩くような場所に敷くのに適している気がします。車だと割れてしまうかも。

ベルギーレンガ・ヴィジェネゲンミックス

勝手口の土は固くしまっています。人の出入りがあるからでしょう。

なので、砕石は敷かず、土を掘り下げて、砂を撒いて均します。いわゆる砂決め。後から変更可能が簡単なので、DIYに向いています。

レンガは現状、あるだけを使います。敷ける限り敷く。さて、どこまで?



思ったより敷けました。



脇の部分はレンガを切って埋める、なあんて面倒くさいことはやめておきます。土をいれて固めるだけ。

目地埋めにはケイ砂。確か秩父産のもの。ケイ砂は目の細かい砂で、隙間にどんどん入り込んいきます。



ホウキで掃いたりしますが、軍手で払うのが効率的。

目地が入ると、なかなかいい感じになります。



レンガが埋まらなかった勝手口付近には、これまた、目地用の細かい石を入れましょう。

バックヤードのレンガ敷きで余ったものです。



バックヤードのレンガに、こいつを撒いたのは正直、失敗でした。最初はいい感じだったのです。バックヤードは木工をする場所でもあります。木工すると、多かれ少なかれ、木屑が地面に落ちるわけです。木屑と目地石が混じって、汚くなりました。

ホウキで掃いているうちに、石はどんどんなくなる。これでは意味なし。

その目地用の小石を入れる前に、余りレンガを飛び石代わりにして置きます。

さらに土の上には砕石を敷きます。



こうすることで、飛び石風のレンガも固定され、目地用の小石の使用料も少なくて済む。まさに一石二鳥というわけですね。

目地用の小石を入れた後。どうですかね?



さらに水を撒きます。ケイ砂が下に落ち、土も固まります。土が落ちると、レンガも固定される。



ケイ砂が沈んだ分、さらにケイ砂を撒いて、ホウキで下に入れ込んで、ハイ出来上がり。



すべて、以前に購入した物でまかなうことができました。毎週のようにホームセンター通いをしていましたが、この日は新たな出費はゼロ。もちろんただで出来たわけではないですが、ちょっと得した気分を味わいました。

↓ランキング参加中。ポチッ!とお願いします。 ranking


ガーデニングしよう!


去年の日記は? 2005/10/30 芝って、いいですね〜オープンガーデン造り


コールマン/ウッドデッキ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/吉田かばん/楽天ブックス





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

バーベキュー兼ピザ窯を考える

前回のエントリーrikoaiパパさんからバーベキューとピザ焼きにも使える釜って、ないですか?と聞かれたので、考えてみました。

pizza0.jpg


要は2層に分けたら、いいと思うのです。

火を入れる部分は少し出っ張りを持たせ、そこに網や鉄板を載せるようにする。この部分はレンガの積み方自体を変えれば、いいのではないでしょうか?

ピザを焼くときは、中盤にある鉄板を外す。

バーベキューの時は上のレンガ(あるいは鉄板でも可)を外して、網を載せる。

このように、前と上の2方を取り外し可能にすれば、バーベキュー兼ピザ窯ができるのではないか、と。

窯部分のレンガは3〜4段が適切かと思いますが、この場合は4段を想定しています。

下の部分は単なる土台でもいいのですが、薪を収納できるようにしてみました。僕はすぐに収納のことを考えてしまうのです。

住宅地における煙の問題も聞かれたので、「石窯・ピザ窯を楽しむ」というページに煙突のことをまとめてみました。

石窯・ピザ窯を作るはこちらから。

楽天でピザ釜を探す。

楽天で購入できる石窯↓
庭で石窯パンを焼こう!石窯キット(常設タイプ)

家庭で簡単に石窯のピザを楽しめる!
【送料無料】耐熱陶器製 本格的石窯 ピッツェリア
【送料無料】耐熱陶器製 本格的石窯 ピッツェリア
メーカー希望小売価格(税込) 15,750円 (税込) のところ↓↓
FSD通販価格 12,150円 (税込 12,758 円)


参考文献はこちら。

石窯のつくり方楽しみ方 手づくり石窯book レンガで作るガーデンキッチン 窯焼きピザは薪をくべて


↓ランキング参加中です。現在104位。お帰りの際にポチッ!をお願いします。
ranking




ガーデニングしよう!


去年の日記は?
2005/10/24 激安クッキーブリック発見〜オープンガーデン造り




コールマン/ウッドデッキ/ジョギング/ダイエット/モールスキン/吉田かばん/楽天ブックス

TOPへ








| | コメント (2) | トラックバック (0)