生活

2009年5月23日 (土)

5年連続負け組の娘 小学校最後の運動会は…

ブログで運動会ネタを書くのは4度目になりました。

07年の運動会を機に、キヤノン30Dを購入したのですが、最新型は50D。フルサイズ デジタル一眼レフの5Dも出ているのですから、時代の流れを感じます。


【即納】キヤノン EOS 5D Mark II ボディ

2006年5月21日 (日)
○○○が運動会で活躍!


2007年5月19日 (土)
●はじめての一眼レフ購入記PART4〜念願のリレーは撮影できるか?

2008年5月17日 (土)
運動会は一眼レフで

我が娘も小6。小学校生活最後の運動会となりました。中学校では、親はあまり参観に訪れないとも聞いていますから、家族で運動会に来るのも最後かもしれませんね。

娘は6年連続リレーの選手に抜てき。特に、運動神経がよいわけではない(本人も自認)みたいですが、走るのだけは得意みたい。

本人の目標は以下の通り。

キヤノン30D 18-200mm F3.5-6.3 DC2009 05 23

なんだか、とっても気合いが入っているようです。

そんな気持ちも分からないでもないのです。運動会は紅白に分かれての対抗戦ですが、娘は5年連続負け組。5回もやれば、一度くらいは勝つんじゃないかと思いますが…。

負け組の気持ちを知っているというのは大事じゃないかとも思うんですが、まぁ、1度くらい運動会の勝利の味(美酒じゃマズイか?)を味わってもいいでしょう。

徒競走(100m走)は同レベルの生徒が同組になるそうですが、大接戦の末、ゴール間際で逆転。2年連続の1位。

紅組は午前中、白組をかなり突き放していたのですが、リレー直前の得点パネルを見ると、なんと1点差。

キヤノン30D 18-200mm F3.5-6.3 DC 2009 05 23

親たちからは「出来レースか?」との声も出る中、勝負は高学年リレーに持ち越し。子供たちの気持ちは否が応でも盛り上がりますね。

リレー写真抜粋 2009 05 23

娘は1位でバトンを受け取り、そのまま優位を守って、アンカーの男子へバトンを。娘の所属するチームは1位に。

総合得点でも紅組が優勝。6年目にして念願をかなえた格好です。過去の日記を読み返すと、当時小4だった娘は「6年生なったらね、絶対勝つんだ」と話していたようです。

これは、予言だったのか? 我が子ながら、不思議な娘です。


【在庫処分】シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC(キヤノンマウント)
特別価格 24,570円 (税込25,798円) 送料別
残りあと 2 個です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

ブログの書き方

ブログの面白いところは双方向にありますね。これは「炎上」と表裏一体だとは思いますが…。

最近、DIYの自転車置き場に関する質問をいただき、改めて感じました。

僕のブログは何かを期待してくださる方にはまったく申し訳ない内容(ある程度見て頂いている方にはご存じでしょうが)でして、「モレスキンとめぐる冒険」と称しながら、モレスキンのことは更新されませんし、DIYについても特化した情報を提供しているわけでもありません。目下、読書日記と化していますが、気分が変われば、違うテーマに移る可能性も大。

僕個人の「旬」な話題をメモしているだけの焦点の定まらないブログにご意見や質問をいただけるとはあまり思っていないわけです。我が身に振り返ってみれば、他人のブログにコメントを書くことも結構な労力を使います。

そんなブログにコメントをいただけるというのは相当、うれしいわけです。そうか、少しは存在意義もあるんだなと感じた次第です。

僕のようなブログ運営はアフィリエイトの指南本では、「最もやってはいけない」とされています。アクセス増加やアフィリエイトでのこずかい稼ぎを狙うなら、とことんテーマを突き詰めろ、とあります。

ワンテーマに絞ることは、僕に限って言えば、面白くないことでもあります。いくら好きなこととは言っても、人間生きる限り、いろんなことに興味を持ちます。根が飽きっぽいということもありますが、その時々に一番熱を帯びていることを伝えたい。

一方、無理にテーマを絞るというのはあまり意味がないのでは、と感じます。今や1億総ブログ時代とは言われますが、長続きしているブログを拝見すると、興味のレンジが広い。その中に、首尾一貫性を感じたりします。拝見しながら、共感したり、自分は違う意見だなと思ったりしながら、僕自身の興味も広がったりするわけです。

そう考えると、メモ書きでもなんでもよいわけですが、自分本位でオリジナルなアイデアを持ったブログがやっぱり面白いんですね。僕には。

とりとめなく書きましたが、結論は一言に尽きます。

人生、楽しまなきゃ。

最近は本を紹介しているので、最後に1冊紹介しますと、ブログ指南本ではこれが面白かったです。随分前に読んだ本ではありますが…。いつ読んだ本なのかというと、2005年11月10日 (木)でした。そんなことが分かるのもブログの効能といっていいでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

確定申告はなぜギリギリになるのか?

3月に入って、何かとバタバタ。厳しい回答をいただいている春闘のクライマックスだし、他にも仕事が山積み。次から次へと締切が来るものから、日付が迫ったものから片付けるという「締切スパイラル」に迷い込んでいるところです。いわゆるドツボってやつ。

今年も締切当日の確定申告。締切がないと、脳がまったく働かない「締切症候群」(汗)。しかし、去年も一昨年もこんな感じだったような…。まったく成長していない。

過去3年間を見ると、余裕を持って、確定申告したことがないのであった。

2006年3月 8日 (水)
税務署に行ってきました

2006年3月13日 (月)
確定申告に行ってきました〜その2

2007年3月13日 (火)
ビアンキ フレッタで確定申告!

2008年3月17日 (月)
ロードバイクで確定申告

今年も、申告期限となるこの日朝、WBCを見ながら、国税庁のホームページで打ち込み。普段はお金と正面向き合うこともないのですが、さすがにこの日はお金について考えてしまう。見比べてみたら、トータルの年収は昨年の方が多かった。去年は税控除額も大きかったから、給与面でも、実際の実入りでも大きかったことになる。この景気動向を見ると、ひょっとしたら、去年が生涯年収のマックスかもしれない。

娘の成長を考えれば、これからいよいよ物入りです。生涯設計も考えなければ、と真面目に考え込むのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

そうでもしなければ、金星は悲しみで埋まってしまう

6日に亡くなった母方の祖母の告別式が都内で行われました。

GRD2

身長140センチちょっとの祖母は身の丈よりも随分大きな棺桶に入れられ、荼毘に伏されると、今度はみんなで骨を倍もある骨壺に納めました。随分小さな人だったんだなと改めて思いました。

もちろん、哀しい出来事ではありますが、涙はあまり出ませんでした。祖母は人生最後の日、「今日は楽しかったよ」といい、眠るように亡くなったからでしょうか。

前夜は仕事が終わって、深夜に斎場に到着し、明け方まで、二人きりになった母と珍しく話し込みました。

母は落ち着いていて、「不思議と大丈夫」と言います。

以前も書いた通り、祖母は昨年7月に千葉にやってきて、「こんなに楽しかったのは生まれて初めて」と言って、食事にカラオケを楽しんで帰りました。

祖母はその後、9月に足を骨折をしました。雷に驚いて、けつまづいたのですが、本人は「雷と相撲を取って、負けた」と笑っていたそうです。以後3か月間、入院していたのですが、母は週に2、3回、千葉から都内の病院に通っていました。

商人の家で育った母は幼少の頃はもちろん、少女期も、祖母とあまり一緒の時間を過ごすこはなかったそうです。だから、その3か月間は、母にとって、親子水入らずで過ごした初めての時間でした。

「あの3か月は、心の準備の時間でなかったのかしら」と母。

祖母は骨折した他はいたって元気で、頭もしっかりしていましたので、随分会話もしました。その時、「こんな風にお母さん(祖母)と過ごすのは最後だろうなぁ」と思っていたそうです。

母の話を聞いていると、村上春樹の「1973年のピンボール」の一節を思い出します。

「金星人は今日誰が死んでも悲しまない。その分だけ生きているうちに愛しておくから」

やはり、祖母は幸せだったのではないか。そんな風に思うのです。





「1973年のピンボール」(村上春樹)より

金星は雲に被われた暑い星だ。

暑さと湿気のために住民の大半は若死にする。

三十年も生きれば伝説になるほどだ。

そしてその分だけ彼らの心は愛に富んでいる。

すべての金星人はすべての金星人を愛している。

彼らは他人を憎まないし、うらやまないし、軽蔑しない。

悪口も言わない。

殺人も争いもない。

あるのは愛情と思いやりだけだ。

「たとえ今日誰が死んだとしても僕たちは悲しまない」

金星生まれの物静かな男は言った。

「僕たちはその分だけ生きているうちに愛しておくのさ。後で後悔しないようにね。」

「先取りして愛しておくってわけだね?」

「君たちの使う言葉はよく分からないな」と彼は首を振った。

「本当にそう上手くいくのかい?」と僕は訊ねてみた。

「そうでもしなければ」と彼は言った。

「金星は悲しみで埋まってしまう」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

インフルエンザに効く空気清浄機「プラズマクラスター」

インフルエンザの予防接種をしていたのにもかかわらず、インフルエンザにかかるというケースが急増している。町田市の「鶴川サナトリウム病院」の集団感染は他人事ではない。

わが社の診療所によると、300人の社員が予防接種を受けたということだが、5人が感染した。もっと事業規模の大きい会社では十数人、数十人が罹患しているそうだ。

流行のインフルエンザにはA型とB型の2種類がある。今年はA型である香港型のほかに、ソ連型が発生。専門家の予測を超える事態となっているが、「予防対策は取っている。こればかりは仕方ない」と診療所はいう。

毎日新聞の記事
インフルエンザ:流行のAソ連型に「タミフル効かぬ」

タミフルが効かない場合はリレンザという薬を投与することになる。

昨日、インフルエンザを発症した同僚と一緒にいた僕は万が一と思って引き続き、マスクを着用した。うつっているなら、ほかの人にうつさないため。うつっていないのであれば、感染予防のためだ。感染していたら、1~2日のうちに、38~40度の高熱が出るらしいが、その気配はない。大丈夫だろう。

インフルエンザ対策について、聞いてみた。

「予防接種してもインフルエンザになってしまうとは…。予防接種は意味がないのですか?」
「そんなことはないですよ。予防接種していた人がインフルにかかった場合、受けていない人に比べて症状が軽い。3日間くらいで症状が治まるから」

インフルエンザは今後、2週間、ピークを迎える。
大切なのは、手洗い、うがいの徹底、マスクの着用だろう。

インフルエンザの発生には湿度も大きく関係がある。湿度50%に保てば、ウイルスは死滅するという話もある。加湿器の中ではインフルエンザ対策をうたった機種もある。

シャープの独自の技術「プラズマクラスター」を搭載した空気清浄機はプラスイオンとマイナスイオンを空気中に放出することで、ウイルスやカビ菌、アレル物質など、室内に漂う有害物質を分解して除去するのが特徴。

インフルエンザに効くという評判が海外にも知れ渡り、中国からの発注も多いらしい。どうも受注が殺到しているようで、「欲しいなら、品薄にならないうちに」と情報通の友人はいう。

安い買い物ではないが、インフルエンザにかかれば、最悪死亡するケースも。命の値段を考えれば、高くはないだろう。真面目に購入検討中だ。


◆◆シャープ【送料無料】加湿空気清浄機KC-W65★プラズマクラスター搭載【KCW65】

楽天取り扱いのプラズマクラスターはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のインフルエンザのワクチンは効かない

今年のインフルエンザのワクチンは効かない、という話は本当だ。

会社の一室で仕事をしていると、同僚Kがマスク姿で入ってきた。
「風邪?」と聞くと、
「診療所でインフルエンザと言われました」
「えっ?」
部屋にいた僕ともう1人の同僚は凍りついてしまった。
「いいから、帰れ」と僕。

うつされたら、たまったもんじゃない。こちらは春闘という厄介なものを抱え込んでいる。1週間も休むわけにはいかない。

同僚は具合悪そうにして帰っていった。
幸い、僕は予防接種を受けている。社内では100円で接種できるのだ。
しかし、診療所に聞くと、Kもインフルエンザの予防接種を受けていたのだという。今年のインフルは型によっては効かないということ。
慢心していられない。
「一緒にいたのなら、うがいは2、3日欠かさないように」とアドバイスを受け、マスクももらってきた。
マスクをして、社内をうろうろしていると、
「風邪ですか?」と聞かれた。
「いや、予防だよ」と何度も答えるはめになった。

組合では昨年末の団交でインフルエンザ対策のマニュアルを作って配るように要求した。会社の回答はもらえたのだが、まだマニュアルは出来てこない。危機意識が薄いのだ。
「手洗い、うがいをするように」という張り紙と給湯器の脇に設置したうがい薬だけで対策をした気になっているらしい。

インフルエンザは今そこにある危機だ。

感染者が出れば、ねずみ算式に増えていく。会社では学級閉鎖はできない。しかし、感染者が増えれば、その機能は止まってしまう。会社機能の低下は売り上げにも大きな影響を与える。

総務局に対策を講じるよう電話したが、部長は留守だった。代わりに後輩が応対した。
「全員にマスクをするように通達して欲しいんだけど」
「いやあ、上の人は危機意識がないようで」
「5人がインフルエンザにかかったと聞いた。いま、対策をしないと、感染者は増えてしまう」
「その数は把握しているみたいです」
「上の人間だけが知っていても仕方ない。全社的に知らせて、危機意識を徹底しなければ」
「で、どうすれば?」
「掲示板で感染者数を毎日張り出す。部長を通じて、手洗いとうがい、マスクの着用を徹底させる」
「全員マスクなんて、しますかね?」
「まずは総務局局員がマスクをつけるんだ。そうすれば、危機感は必ず伝わる。マスクは面倒くさい
だろうが、インフルエンザになるよりマシだろ」
「なるほどね。でも、上の人は感染者数が二桁になるまで動きませんよ」
「それじゃ、遅いんだよ」
上の対応はインフルエンザよりもたちが悪い。会社がやらないのなら、こちらで動くしかないか。

これからの季節、マスクは必需品です。自分がインフルエンザにならないためにも。また、あなたの大切な家族にうつさないためにも。

マスクは昨年比で160%の売れ行きだとか。

楽天のインフルエンザ対策のマスクはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

サンタクロースは実在する

もう年の瀬も、押しも押して、ついに大晦日。そんな時にサンタの話を書くのはなんですが、ちょっとだけ。

今年のクリスマス25日朝のこと。
小5の娘が満面の笑みを浮かべて、リビングルームに降りてきた。
手には、サンタクロースからのプレゼントを持って、目を丸くしている。

「DSiがあった」

「昨日、サンタさんにお手紙を書いたんだ」

そういって、机の上に置いていたというカードを見せてくれた。そこには「DSiが欲しいです」と書かれていた。

サンタの片割れこと、配偶者はWiiのゲームソフト「太鼓の達人」をプレゼントに考えていたらしい。しかし、直前に購入に走ったら、見事に売り切れ。10月の誕生日には何もプレゼントしなかったという事情もあり、DSiを買ったのだった。(本当は、自分がやってみたかったという話も)。

配偶者も机の上のクリスマスカードのことは知らなかったそうだ。

「欲しかったんだ、DSi。ねえ、ビックリでしょ」
「そうだね」と、やや複雑な顔の配偶者。

やあ、ビックリだ。ホントに。

娘はおじいちゃん、おばあちゃんにはWiiのソフト「動物の森」が欲しいと言っていた。だから、サンタのことは了解済みだと思っていた。

しかし、娘は小学5年生にもなって、本当にサンタがいると信じているようなのだ。この情報化社会、サンタに関する情報は氾濫している。子供の社会だって、サンタの正体について話題に上ることだろうに…。

今後、親としてサンタの正体を言うべきか、言わざるべきか。頭をちょっとだけ悩ませている。




コネタマ参加中: “サンタクロースの思い出”を聞かせて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

迷う自販機

今日も暑い。こんな日は冷たい物が欲しくなる。

で、自販機に向かった。僕が飲みたいのはFINE BEATの微糖のコーヒー。

だが、この自販機には困った。押しボタンが商品の中央にあるのだ。一体どっちなんだ?

迷う自販機

普段はギャンブルを一切やらないが、賭けてみることにした。華麗なる賭け。二者択一だ。えい、左側。プチッ。

果たして、出てきたのは目的の微糖コーヒーであった。よく分からないけど、得した気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

運動会は一眼レフで

僕が一眼レフの世界に入ったきっかけは、去年5月の運動会。娘の成長の記録をビデオではなく、写真に残したいと思い立ったのでした。

キヤノンの30Dを購入したわけですが、これには後日談があります。注文先がネット詐欺事件で新聞記事になった某商会だったのです。

ここは激安値で顧客を集め、最後は金を集めておいて、実際に発送しないという手口で、数千万円の詐欺を起こした。僕は同商会に抗議したおかげで詐欺にも遭わず、底値で購入できたわけですが、商品がなかなか届かず。結局、届いたのは運動会当日の正午すぎ。実際はほとんど活躍する場がなかった(過去記事に詳細報告あり)。

2007年5月19日 (土)
●はじめての一眼レフ購入記PART4〜念願のリレーは撮影できるか?

この日は1年ぶりのリベンジの場というわけです。

既に型は30Dから40Dにモデルチェンジしましたから、時の流れは速いものです。

30Dを買った当時もキャッシュバックキャンペーンをやっていましたが、40Dでもキャンペーン中。カメラメーカーは外出の機会が多くなるこの時期、商戦に力を入れているようです。


EOS 40D ボディ
価格 94,500円 (税込99,225円) 送料別
【キャンペーン対象購入期間】
2008年3月20日(木・祝)~2008年6月30日(月)

【お申し込み締め切り】
2007年7月15日(火)

【景品内容】
EOS 40D・ボディをご購入の上、ご応募いただくと、10,000円をキャッシュバック!

さて、運動会。小五になると、高度なスポーツにも挑戦しますね。以下は組体操での個人演技場面。テーマは中国だそうで、少林寺のポーズから、組体操で中国の代表的な風景を表現するという内容でした。

娘は風呂に入ると、かけ声の練習をしていたそうで、それを毎日聞かされていた配偶者は「こういうことだたのか」と合点がいったそうです。娘はかつて極真空手を習っていたせいか、なかなか決まっています。単なる親バカですね(汗)。

これから先2枚はコンデジのGR DIGITAL2で撮影。「接近戦」なら、このカメラ。


★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★【でんき0317】リコー GR DIGITAL II
価格 51,240円 (税込 53,802 円) 送料込

ジーパンの尻ポケットに突っこんでおいて、パチリ。

配偶者が作った弁当。食べる前に撮れば、よかったのですが、すっかり忘れてしまい、少し穴空き状態(汗)。

運動会の記事は今年で3度目になりますので、お弁当の変遷も知ることができます。これもブログを書く効能でしょう。


2006年5月21日 (日)
○○○が運動会で活躍!

娘は5年連続で代表リレー選手! その名に恥じず、個人競技では100メートル走では1位、障害物競走では2位。本人も「すごいでしょ」と満面笑み。

GRデジ2だと、体操服のケバケバまで鮮明に写ります。

以下は障害物競走でのもの。両足が地面から浮いている。

わが娘が前の選手を抜かそうとする場面に見えますが、このまま2着に終わりました(笑)。

「あの子は早いんだよ。練習では1回も勝ったことないんだから。100メートル走では勝ったから十分」というのは娘の弁。

確かに100メートル走では、驚異的な末脚を見せ、ゴール前5メートルで大逆転。しかし、残念ながら、午前の部の1種目だった100メートル走では位置取りに失敗し、決定的な場面が撮れなかった。僕のカメラの腕はまだまだです。

運動会を終わって思ったことは、もう少し高倍率のズーム望遠が欲しい、ということ。目下、200mmを使っていますが、300mmは欲しい。できれば、キヤノン製がいいんけど、高いんですよねぇ。またもシグマ製か?


キヤノン EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM手ぶれ補正機能【税込】 EF70-300DIS [EF70300DIS]
メーカー希望小売価格 182,700円 (税込)
販売価格 132,800円 (税込) 送料込


キヤノン EF70-300mm F4-5.6 IS USM【送料無料】
定価 80,000円
特別価格 61,500円 (税込64,575円) 送料込
残りあと 2 個です


★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★【でんき0317】キヤノンEF100-300mm F4....
当店通常価格 54,500円 (税込)
価格 38,800円 (税込 40,740 円) 送料込

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

浅間神社で初詣

1、3、5日と飛び石連休。

6日、休んだような休まないような感じのまま、仕事へ向かう。抱負を立てたものの、ジョギングもサイクリングもできていないので、駅まで歩き。約30分かかるので、ちょっとした運動量。最寄り駅から仕事場まではバスもあるが、徒歩約15分なので、こちらも歩けば、それなりの運動をしたことになる。

5日は浅間神社へ初詣に出掛けた。とりあえずは健康を祈る。健康なら、なんとでもなりますからね。

おみくじを引いて、甘酒を飲んで、と束の間のお正月気分。

僕と配偶者は「大吉」。娘は「中吉」。娘のおみくじを引っかけるのに、いろんな方の絵馬の願い事を見ました。受験の願かけが多いですね。

20080106114141

配偶者と「娘の中学受験、どうしよう」なんて話もしましたが、まだ、あまり真剣には考えていない。でも、来年は5年生ですから、少し遅すぎるくらい。私立中学を狙う人は4年くらいから、塾通いらしいので。

気が付けば、僕は前厄。来年はお祓いに行かないと。いろいろとビミョーな年になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)